このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > イヌムギ

■外来植物図鑑

 

イヌムギ

科名
イネ
和名
イヌムギ
学名
Bromus catharticus Vahl.
写真
イヌムギ
解説・説明
 南アメリカ原産。イネ科の越年〜多年草。草丈は0.4〜1.8m。別名レスクグラス、プレリーグラス 。スズメノチャヒキ属は世界で100種以上が知られる。日本に自生するのは数種であり、スズメノチャヒキBromus japonicusがある。本種以外にヤクナガイヌムギ、コスズメノチャヒキ、ハトノチャヒキ、ハマチャヒキ、ヒゲナガスズメノチャヒキ、チャボチャヒキ、カラスノチャヒキ、メウマノチャヒキ、ウマノチャヒキ等が野生化。

  1882年に東京都で確認。牧草として導入された。問題点は在来種、野菜との競合。虫の寄主となる。

  4〜8月。荒地、草地、牧草地、路傍、河川敷、海岸に生育する。種子と地下茎で繁殖する。頴果が、風、動物、人間により伝播される。

日当たりの良い、湿った肥沃な軽しょう土を好む。日本全土に分布する。
化合物名
 
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して