このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > アメリカネナシカズラ

■外来植物図鑑

 

アメリカネナシカズラ

科名
ヒルガオ
和名
アメリカネナシカズラ
学名
Cuscuta pentagona Engelm.
写真
アメリカネナシカズラ
解説・説明
 北アメリカ原産。ヒルガオ科の一年草、つる性、寄生植物で、長さは0.5m、吸盤で宿主の茎にからみつく。ネナシカズラ属は世界に約170種ある。日本には4種が自生する。本種の他にアマダオシ、ツメクサダオシの野生化が報告されている。

  1970年頃東京府中市多摩川で確認された。輸入穀物、緑化用種子への混入による非意図的導入と考えられる。

  多様な植物に寄生するので、在来種や農作物の生長を抑制するおそれがある。寄主植物は、キク科、ウリ科、ナス科、シソ科、ヒルガオ科、キョウチクトウ科、セリ科、アオイ科、アブラナ科、ヒユ科、アカザ科、ツルムラサキ科、ユリ科、イネ科など多数。とくに北海道のジャガイモやナス、園芸植物へ寄生して減収をもたらす。

  種子の寿命は50年以上、動物の胃中でも生存するとの報告がある。
化合物名
 
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して