このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > シラゲガヤ

■外来植物図鑑

 

シラゲガヤ

科名
イネ
和名
シラゲガヤ
学名
Holcus lanatus L.
写真
シラゲガヤ
解説・説明
 ヨーロッパ原産。イネ科の多年草。草丈は0.2〜1m。全体に白色の軟毛がある。穂の色は白緑色で、赤紫色を帯びることもある。シラゲガヤ属は世界で約10種が知られる。日本に自生種はない。本種以外にニセシラゲガヤの野生化が報告されている。形態的変異が大きく多数の変種がある。

  1867年東京の小石川植物園で栽培されたが、野生化した年代は不明。近年、牧草(ベルベットグラス)として導入されたが非意図的移入も多い。

  開花期は6〜8月。風媒花である。

  牧草地、芝地、路傍、林縁、荒地に生育する。 繁殖方法は頴果による。種子は1,000個/m2で、寿命は10〜12年と長い。種子は、風、雨、動物、人間などにより伝播するが、根茎でも繁殖する。

  日当たりの良い、寒冷で湿った所を好む。耐塩性はあるが、耐旱性は弱い。

  在来種との競合。牧草の品質低下。虫、菌の寄主。花粉症の原因となる。
化合物名
 
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して