このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > アメリカアゼナ

■外来植物図鑑

 

アメリカアゼナ

科名
ゴマノハグサ
和名
アメリカアゼナ
学名
Lindernia dubia Pennell
写真
 
解説・説明
 北アメリカ原産。ゴマノハグサ科の一年草。高さは0.1〜0.5m。変異や交雑葉の形態の違いからCタイプとRタイプに分けられ、後者をタケトアゼナと呼ぶ。種内変異が多い。アゼトウガラシ属は世界で約60種ある。日本には数種が自生。アゼトウガラシ、スズメノトウガラシ、ウリクサ、アゼナは史前帰化植物。ヒメアメリカアゼナが野生化。

  1936年に兵庫県で確認された。非意図的移入による。アゼナなどの在来種、イネなどの農作物との競合が指摘されている。葉には少しギザギザ(鋸歯)がありアゼナと見分けられる。

  水田、河川敷、路傍、湖沼、干拓地に生育する。刮ハは水、風、動物、人間により伝播する。

  肥沃地での生育が良いが、土壌の種類は選ばない。開花期は7〜10月。
化合物名
 
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して