このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > オオハンゴンソウ

■外来植物図鑑

 

オオハンゴンソウ

科名
キク
和名
オオハンゴンソウ
学名
Rudbeckia laciniata L. var. laciniata
写真
オオハンゴンソウ
解説・説明
 北アメリカ原産。キク科の多年生草本で、高さ0.5〜3mになる。八重咲きのものにはハナガサギクという別名がある(cv. hortensis)。オオハンゴンソウ属は世界で約30種が知られる。日本に自生種はない。本種以外にアラゲハンゴンソウ、ヤエザキハンゴンソウ、オオミツバハンゴンソウなどの侵入が確認されている。

  侵入年代は1955年ころで、観賞用として導入された。アメリカでは多くの園芸品種が育成されている。4倍体で花が大きなグロリオーサ・デージーは直径が15cmになる大きな花をつける。

  生態的影響としては、奥日光などで、在来種との競合が報告されており、戦場ヶ原で夏期に駆除作業が実施されている。

  開花期は7〜10月。虫媒花である。頑健であり、路傍、荒地、畑地、湿原、河川敷に大群落をつくる。繁殖方法は痩果による。
化合物名
 
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して