このページではJavaScriptを使用しています。

 

外来植物のリスク評価と蔓延防止策  
ホーム プロジェクト紹介シンポジウム一覧Q&A外来植物図鑑掲示板
 > ホーム > 外来植物図鑑 > オオアワダチソウ

■外来植物図鑑

 

オオアワダチソウ

科名
キク
和名
オオアワダチソウ
学名
Solidago gigantea Aiton var. leiophylla Fernald
写真
オオアワダチソウ
解説・説明
 北アメリカ原産。キク科の多年草で、高さ0.5〜1.8mになる。明治時代中期に観賞用として導入された。北海道ではセイタカアワダチソウよりも多くみられる。アキノキリンソウ属は世界で約100種が知られ、日本には数種が自生する。アキノキリンソウは史前帰化植物。近縁種のセイタカアワダチソウとは、茎がほぼ無毛で白っぽい、葉が無毛でざらつかない、花序がややまばらで頭花が大きいなどの点で区別できる。花期が夏〜秋なので、晩秋のセイタカアワダチソウよりも早い。セイタカアワダチソウより湿った、溝の縁といったところにみられ、大群落はつくらないとされる。シオン属Asterとアキノキリンソウ属の属間雑種で作られた園芸植物×Solidasterが、ソリダスターの総称で切花として流通している。開花期は7〜9月。頭状花、虫媒花をつける。地下茎により繁殖する。
化合物名
Diterpenoids: solidago diterpene A
化学式
 

このページの先頭へ

 

プロジェクトのトップページへ農業環境技術研究所のページへ

Copyright 2005 (c) NIAES
お問合せ サイトに関して