農業環境技術研究所トップページ法人情報職員採用情報

この募集は終了しました

研究職員 (パーマネント研究員) 募集要領


独立行政法人農業環境技術研究所
平成22年4月1日

独立行政法人農業環境技術研究所では、下記研究職員の募集を行っております。

1. 採用予定職・配属予定先・人員

主任研究員・生物生態機能研究領域・1名

2. 予定担当業務

農耕地土壌からの温室効果ガス発生機構に関する分子生態学的研究

3. 研究業務内容

農業分野における温暖化緩和策として、農耕地土壌からの温室効果ガス発生の削減が求められている。水田からのメタン発生に関しては、土壌の酸化還元電位の制御や有機物管理による抑制技術が開発されつつあり、その適用が期待されているが、地球上で数十億年の歴史を持つメタン生成菌群の生態に関しては不明な点が多い。また、亜酸化窒素発生に関しては硝化、脱窒など複数の代謝経路が関与しており、土壌中での発生機構も複雑である。そこで、近年急速に進展しているメタゲノム手法や分子生態学的手法を駆使し、土壌中で実際に温室効果ガス発生に機能している微生物(群)や代謝経路を解明する。さらに、これまで当研究所で培われてきた温室効果ガスモニタリング技術を用い、土壌条件や土壌管理との関係を解明することで土壌からの温室効果ガス発生メカニズムを解明し、農耕地土壌からのより高度な温室効果ガス発生抑制技術の開発に資する。

【キーワード】 硝化菌、脱窒菌、メタン生成菌、代謝経路、分子生態学、メタゲノム、温室効果ガス発生モニタリング

4. 応募条件

・ 博士の学位を有していること

・ 大学、研究所等の研究機関における勤務経験を有し、当該分野における十分な研究経験と業績を有する、中堅の研究者

・ 国内や海外との共同研究に意欲的に取り組み、リーダーシップを発揮できる者

5. 着任時期

平成22年8月1日からなるべく早い時期

6. 提出書類

1) 履歴書 (市販のA4判(A3判二つ折り)用紙に手書きし、写真を貼付すること)

2) 研究業績報告

これまでの研究内容の要約 (A4判1枚、書式自由)、及び業績リスト (記載例 [PDFファイル] に従って記載)

3) 主要論文の別刷りまたはコピー (5編以内)

4) 仕事に対する抱負 (A4判1枚、書式自由)

5) 照会先リスト (2名)

6) 書類受理通知等連絡先としての 「E-mail アドレス」 または 「返信用葉書(E-mailが利用できない場合のみ)」

※ 応募書類は返還しません

7. 給与

農業環境技術研究所の規程に基づき決定

(詳細はお問い合わせ下さい)

8. 書類提出先

〒305−8604
茨城県つくば市観音台3−1−3
独立行政法人農業環境技術研究所
総務管理室 小山英也

9. 応募締め切り

平成22年5月21日(金曜日)   (必着)

10. 選考方法

1) 書類審査 平成22年6月上旬

2) 面接審査 平成22年6月 (予定)

(面接の際に応募者の今までの研究業績及び採用された場合の抱負に関して、15分程度のプレゼンテーションをしていただきます)

11. 問い合わせ先

・ 研究業務内容

長谷部 亮 (研究統括主幹)  029-838-8143 E-mail: hasebe@niaes.affrc.go.jp

・ その他(提出書類等)

小山 英也 (総務管理室主査) 029-838-8156 E-mail: oyama@niaes.affrc.go.jp

この募集は終了しました

農業環境技術研究所