農業環境技術研究所お知らせシンポジウム・研究会・ワークショップ

第2回 「新農業展開ゲノムプロジェクト」
シンポジウム
(2010年1月21日 東京)

1月21日(木曜日)午後、農林水産省本省講堂(本館7階)で、第2回 「新農業展開ゲノムプロジェクト」 シンポジウム −中国における遺伝子組換え作物の研究開発と商業化の展望− が開催されます。

農林水産省では、イネゲノムの解読、重要遺伝子機能の解明などイネゲノム研究の成果を活用し、国内外の食料、環境、エネルギー問題の解決に貢献する作物の開発や、その栽培に必要な管理技術の開発をする研究プロジェクトを実施しています。

今回のシンポジウムでは、農業現場で技術指導を行う都道府県などの試験研究機関の関係者をおもな対象として、中国における遺伝子組み換え作物の研究動向、規制制度、一般作物との共存に関する制度について海外の研究者等から情報提供していただき、今後の研究等の推進に役立てることを目的としています。

開催日時: 2010年1月21日(木曜日) 13:30−17:00

開催場所: 農林水産省本省講堂(7階) (東京都千代田区霞が関1−2−1)
当日は正面玄関の専用ブースで受付を済ませてからご入館ください。

主催: 農林水産省農林水産技術会議事務局(独)農業環境技術研究所(独)農業生物資源研究所

対象者: 都道府県、市町村、独立行政法人、大学など

参加費: 無料
参加登録は終了しました。

第2回「新農業展開ゲノムプロジェクト」
シンポジウム開催案内ポスター

(PDFファイル 400KB)

プログラム

開会     13:30

司会 茨城大学農学部 立川雅司 准教授

あいさつ

農林水産技術会議事務局 佐々木 局長

(独)農業環境技術研究所 佐藤 理事長

1 中国におけるバイオテクノロジー研究の成果と今後の展望 13:40−14:20

北京大学 前学長 許智宏 氏

中国におけるバイオテクノロジー研究のこれまでの発展と今後の展望について、中国でのバイオテクノロジー研究の第一人者である北京大学前学長の許智宏氏より、わかりやすくお話しいただきます。

2 中国における遺伝子組換え作物の研究開発動向と展望  14:30−15:10

北京大学 生命科学学院 安成才 氏

中国で近年著しく進展がみられる遺伝子組換え作物の研究開発に関して、第一線でご活躍されている北京大学生命科学学院の安成才氏より、わかりやすく説明していただきます

3 中国における遺伝子組換え作物の商業化と規制の動向  15:30−16:10

デュポン社中国支社 王琴芳 氏

中国における遺伝子組換え作物の研究開発および規制に大変お詳しいデュポン社中国支社の王琴芳氏より、中国における組換え作物の開発と商業化の状況、また組換え作物の栽培に関する規制の概要を、わかりやすく説明していただきます。

4 総合討論   16:10−17:00

お問い合せ先:

農林水産技術会議事務局研究開発官(食の安全、基礎・基盤)室
担当者 菅野、桂、阿部
代表電話 03-3502-8111 (内線5872)
ダイヤルイン 03-3502-7435

(独)農業環境技術研究所
研究コーディネーター 田中宥司
電話 029-838-8244 
E-mail(事務局) sympo0121@niaes.affrc.go.jp

シンポジウム・研究会・ワークショップのページ
農業環境技術研究所トップページ