農業環境技術研究所 > お知らせ > シンポジウム・研究会・ワークショップ

NIAES30周年記念 第27回気象環境研究会
農業気象分野の国際研究ネットワークとその連携
(2013年12月2日)

独立行政法人農業環境技術研究所は、12月2日 (月曜日)、つくば国際会議場 (茨城県つくば市) において、NIAES 30周年記念 第27回気象環境研究会 「農業気象分野の国際研究ネットワークとその連携」 を開催します。

開催趣旨:

設立から30年を迎えた農業環境技術研究所における農業気象分野の研究を振り返ると、とくにその後半は地球規模での気候変動への対応を中心に研究が展開されてきたと言えます。地球規模での気候変動に関わる研究は、その課題の性格上、国際的な連携が不可欠であり、近年、その重要性はますます増しています。

現在、農業環境技術研究所は、モニタリング、環境操作実験、モデル開発などに関するさまざまな国際研究プロジェクトや国際研究ネットワークを主導し、あるいはそれらに参画して、それぞれ気候変動関連の研究を進めています。今後、これらのプロジェクトやネットワークの間で、観測・実験サイトの共同利用、データの相互利用、合同研究集会の開催などが実現すれば、研究の効率化にとどまらず、それぞれの当初の目標を越えた研究の展開や成果が期待されます。一方、先進諸国における農業気象学分野の大学院生の減少を背景にして、農業気象研究に関わる世界の大学・研究機関が連携し、大学院生や博士研究員に教育・研究の場を提供しようという世界気象機関(WMO)の構想が動き出しつつありますが、わが国ではあまり知られていません。

そこで、このたび「農業モデルの相互比較と改良プロジェクト(AgMIP)」イネチームに係る MARCO ワークショップ開催にあわせて本研究会を開催し、農業気象とその関連分野における国際研究プロジェクトや国際研究ネットワークの現状と将来展望について話題を提供して相互の理解を深めるとともに、今後の連携のあり方を議論します。なお、AgMIP 関係者によるポスター発表も予定しています。

開催概要:

日時: 2013年12月2日(月曜日) 10:00 〜 17:00

場所: つくば国際会議場(つくば市竹園2−20−3) 1階 大会議室102 [周辺地図]

主催: 独立行政法人 農業環境技術研究所

後援: 日本農業気象学会、 日本作物学会、 日本土壌肥料学会

参集範囲: 独立行政法人、 国公立研究機関、 大学、 行政部局 など

参加費: 無料

プログラム (講演は英語)

午前の部 (10:00〜12:00、各講演 35分)

主催者挨拶

農業環境技術研究所理事長 宮下 C貴

From IBP through IGBP to S-1 Project

筑波大学名誉教授    及川 武久

WMO/GCREAM (Global Center for Research Excellence in Agricultural Meteorology)

ソウル大学       Joon Kim

GRA (Global Research Alliance on Agricultural Greenhouse Gases) and MARCO (the Monsoon Asia Agro-Environmental Research Consortium)

農業環境技術研究所   八木 一行

昼食(12:00〜13:00)

ポスター発表 (13:00〜13:30)

AgMIP (the Agricultural Model Intercomparison and Improvement Project)

午後の部 (13:30〜17:00、各講演 25分、途中休憩 20分、総合討論 40分)

FLUXNET/AsiaFlux: the flux monitoring tower network for carbon and water cycles

農業環境技術研究所  宮田  明

Current status and future perspective of iLEAPS-Japan

農業環境技術研究所  林 健太郎

MINCERnet: a global research alliance to support the fight against heat stress in rice

農業環境技術研究所  吉本真由美

Global Crop FACE Network

農業環境技術研究所  長谷川利拡

Agricultural Model Intercomparison and Improvement (AgMIP)

フロリダ大学     Ken Boote

AgMIP rice: Are rice models reliable to serve food security under climate change: the challenges and opportunities

国際イネ研究所    Tao Li  

総合討論

事前参加登録:

参加される方のお名前とご連絡先(研究会終了後に作成する「講演要旨集」の送付を希望される方は送付先住所)を、下記事務局まで、メールまたは FAX でお知らせください。

第27回気象環境研究会 事務局(参加登録・問合せ先):

〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3
(独)農業環境技術研究所 大気環境研究領域長 宮田 明
電話: 029-838-8207 FAX: 029-838-8199
電子メール(開催事務局): meteor1202@niaes.affrc.go.jp

シンポジウム・研究会・ワークショップのページ
農業環境技術研究所トップページ