研究成果

降下物

課題 機関 代表 p. 文献名
東京電力福島第一原子力発電所から放出された放射性セシウム沈着量を大気シミュレーションにより再現することに成功 2013 国環研 森野 悠 平成25年3月4日プレスリリース、国立環境研究所
The simulation of long-range transport of 137Cs from East Asia to Japan in 2002 and 2006 2012 Ibaraki University H. Kido 7-14 Journal of Environmental Radioactivity 103
129I土壌沈着モデリング 2010-
2011
農環研 藤原英司 第52-53回環境放射能調査研究成果論文抄録集
Atmospheric behavior, deposition, and budget of radioactive materials from the Fukushima Daiichi nuclear power plant in March 2011 2011 国環研 森野 悠 GRL, vol.38, L00G11
総合的環境移行・線量評価モデルの検証(PDF:974KB) 2011 環境研 五代儀貴 平成23年度 環境科学技術研究所研究報告
大気排出トリチウムの大気-植物間移行パラメータに関する調査研究(PDF:157KB) 2011 環境研 谷 享 平成23年度 環境科学技術研究所研究報告
降下物、陸水、海水、土壌及び各種食品試料の放射能調査 2000-
2011
日本分析センター 第42-53回環境放射能調査研究成果論文抄録集
福島県における降下した放射性物質のコムギ組織別イメージングとセシウム134およびセシウム137の定量 2011 東京大学 田野井慶太朗 317-
322
RADIOISOTOPES,Vol.60
福島第一原子力発電所事故による低濃度放射性降下物に起因した土壌および野菜の放射性核種濃度の測定-東京大学大学院農学生命科学研究科附属生態調和農学機構における事例- 2011 東京大学 大下誠一 329-
333
RADIOISOTOPES,Vol.60
Assessment of individual radionuclide distributions from the Fukushima nuclear accident covering central-east Japan 2011 筑波大学 木下哲一 19526?
19529
PNAS, vol.108, no.49
Cesium-137 deposition and contamination of Japanese soils due to the Fukushima nuclear accident 2011 ゴダード地球科学技術研究所 安成哲平 19530?
19534
PNAS, vol.108, no.49
東アジアにおけるダストイベントにともなう放射性セシウム(137Cs)の大気降下(英文)(PDF:1.7MB) 2010 農環研 藤原英司 85 農業環境技術研究所報告第27号
土壌に添加した137Csとフォールアウト137Csの経時的な抽出率の変化 2010 環境研 塚田祥文 2010年春日本原子力学会要旨
農地近傍における降下物の放射能調査 2008-
2009
農環研 藤原英司 第50-51回環境放射能調査研究成果論文抄録集
Contribution of Asian dust to atmospheric deposition of radioactive cesium (137Cs) 2008 NIAES T.Fukuyama 389-
395
Science of the Total Environment 405
黄砂とともに飛来する放射性セシウム(137Cs) 2007 農環研 藤原英司 68 平成19年度研究成果情報(第24集)
Deposition of atmospheric 137Cs in Japan associated with the Asian dust event of March 2002 2007 NIAES H. Fujiwara 306-
315
Science of the Total Environment 384
大気と土壌・作物系間におけるヨウ素動態の把握 2006 農環研 木方展治 19 第48回環境放射能調査研究成果論文抄録集(PDF:14.3MB)
90Sr and 137Cs contamination of polished rice in Japan: Survey and analysis during the years 1959-1995 2001 NIAES M.Komamura 80-93 Radioisotopes 50(3)
不測の核事故が生じた時の米麦の放射能汚染の推定方法 2000 農環研 分析法研究室 平成12年度研究成果情報(第17集)
わが国の白米中の90Srと137Cs含量の長期間の推移 1999 農環研 分析法研究室 平成11年度研究成果情報(第16集)
Caesium-137 fallout depth distribution in different soil profiles and significance for estimating soil erosion rate 1998 NIAES M. Du 23-33 Sciences of Soils, 3
原爆フォールアウトCsの土壌・底質内での環境動態と再分布 1997 電力中研 馬原保典 139-
144
環境中微量物質動態専門研究会報告書
降下性ヨウ素の野外環境下における土壌浸透の実態 1995 農環研 分析法研究室 平成7年度研究成果情報(第12集)
Strage and migration of fallout strontium-90 and cesium-137 for over 40 years in the surface soil of Nagasaki 1993 CRIEPI Yasunori Mahara 722-
730
J.Environ.Quality, Vol.22
農作物及び農耕地土壌の放射能汚染について 米麦子実と水田・畑土壌のストロンチウム‐90含量(PDF:1.6MB) 1984 農水省
農技研
駒村美佐子 19 農業技術研究所報告.B,土壌肥料第36号
土壌及び土壌‐植物系における放射性ストロンチウムとセシウムの挙動に関する研究(PDF:4.0MB) 1984 農水省
農技研
津村昭人  57 農業技術研究所報告.B,土壌肥料第36号
Deposition of 137Cs and 90Sr in Tokyo(PDF:100KB) 1961 Meteorological Research Institute Y. Miyake 180-
181
Papers in Meteorology and Geophysics 12