病気に強いくだものをつくる


放射線育種場では、永年生作物と林木を対象とした放射線突然変異の誘発法およびその品種改良への利用方法に関する研究を行っています。

ガンマーフィールドに定植した、黒斑病に罹りやすいナシ品種‘二十世紀’から、耐病性突然変異体を選抜しました。このナシは‘ゴールド二十世紀(なし農林15号)’と命名され、産地で急速に普及しています。

また、病原菌の毒素と葉片を用いた簡易検定法の確立により、突然変異体の選抜効率を飛躍的に高めることができました。

さらに、この簡易検定法を用いた鳥取県との共同研究により、ガンマールームを使ったガンマ線の急照射によって、黒斑病に罹りやすい品種‘新水’から黒斑病耐病性品種‘寿新水(なし農林18号)’を、ガンマーフィールドでの‘おさ二十世紀’の若木へのガンマ線緩照射によって‘おさゴールド’を育成しました。


ゴールド二十世紀

「二十世紀梨」は果実の品質が優良であるため、発見から一世紀以上経つ現在でも青ナシの主要栽培品種ですが、ナシ黒斑病に罹病性であるため、その防除には多大な労力が払われてきており、耐病性突然変異体の育成が強く望まれていました。

1962年、ガンマーフィールドに「二十世紀」の苗木を定植し、ガンマ線の緩照射を開始しました。1981年、線源に最も近い樹にナシ黒斑病徴の見られない一枝を発見しました。そこで、この枝の黒斑病抵抗性を検定し、「γ-1-1」の系統名で1986年からナシ第5回系統適応性検定試験に供試し、果樹試験場及び関係場所で特性を検定しました。その結果、黒斑病抵抗性以外の形質は「二十世紀」とほぼ同じであることが明らかになりました。ナシ黒斑病耐病性としての優秀性が認められ、1990年6月22日付けで「なし農林15号‘ゴールド二十世紀’」と命名・登録されました。また1991年12月16日には、種苗法に基づき品種登録されました(登録番号2932号)。



‘ゴールド二十世紀’の果実


ガンマーフィールドにおける‘ゴールド二十世紀’の原木


リーフディスクを用いた黒斑病耐病性の検定
新梢の第1葉(上)〜第5葉(下)、左から‘長十郎’・‘二十世紀’・‘ゴールド二十世紀’


‘二十世紀’(左)と‘ゴールド二十世紀’(右)の幼果における病徴の差異


‘二十世紀’(左)の若木の黒斑病による落葉と‘ゴールド二十世紀’


寿(ことぶき)新水

「新水(なし農林4号)」は赤ナシの早生品種で、味が濃厚で品質が優良ですが、ナシ黒斑病に罹病性であるため生産量は最近減少傾向にありました。そこで、1987年から鳥取県との共同研究により、新水へのガンマ線照射による黒斑病耐病性突然変異体の選抜に関する研究を実施しました。

ガンマールームで線量率2.5Gy/h・総線量80Gyのガンマ線照射をした穂木に由来する発育枝から、原品種と比べて明らかに黒斑病に強い一枝を選抜しました。そこで、1993年から、ナシ第6回系統適応性検定試験に供試し、果樹試験場をはじめとする27の関係場所で特性を検討しました。その結果、ナシ黒斑病耐病性品種としての優良性が認められ、1996年8月21日付けで、なし農林18号「寿新水」と命名・登録されました。さらに1997年3月7日付けで、種苗法に基づき品種登録されました(登録番号5436号)。



‘寿新水’の果実


‘寿新水’の結実状況(原木・5年生)


AK毒素に対する各品種の葉切片の反応
左から1列目:二十世紀、2・3列目:新水、4・5列目:寿新水、6・7列目:ゴールド二十世紀、8列目:長十郎。上から新梢先端より1〜5葉目の葉切片


おさゴールド

「おさ二十世紀」は青ナシの代表品種「二十世紀梨」の自家結実性突然変異品種で、受粉の労力がかからない利点がありますが、「二十世紀」と同様ナシ黒斑病に罹病性であるという欠点があります。そこで、1987年から鳥取県との共同研究により、おさ二十世紀へのガンマ線照射による黒斑病耐病性突然変異体の選抜に関する研究を実施しました。

この研究において、ガンマールームで線量率2.5Gy/h・総線量80Gyのガンマ線急照射をした穂木に由来する発育枝から、原品種と比べて明らかに黒斑病に強い1系統(IRB 502-12T)を選抜しました。また、ガンマーフィールドでガンマ線の緩照射をした若木の枝から、5系統の黒斑病耐病性系統(IRB 502-13T, -14T, -17T, -18T)を選抜しました。

そこで、これらの系統の内、緩照射により得られた突然変異系統の内の1系統(IRB 502-13T)を「おさゴールド」として種苗登録申請を行い、1997年7月15日付けで、品種登録されました(登録番号5620号)。



‘おさゴールド’の果実


‘おさゴールド’の結実状況


AK毒素に対する各品種の葉切片の反応
左から1列目:おさ二十世紀、2列目:おさゴールド、3列目:IRB 502-14T、4列目:IRB 502-17T、5列目:IRB 502-18T、6列目:ゴールド二十世紀、7列目:長十郎。上から新梢先端より1〜5葉目の葉切片


木本性植物における突然変異体選抜



連絡先
〒319-2293 茨城県常陸大宮市上村田2425
国立研究開発法人 農業生物資源研究所 放射線育種場
TEL:0295-52-1170  FAX:0295-53-1075
E-mail:irbwww@nias.affrc.go.jp

 放射線育種場ホームページへ