[トップページ] > [刊行物(主な研究成果)] > [主な研究成果バックナンバー] > [平成21年度の主な研究成果(html)]

平成21年度の主要な研究成果(農業生物資源研究所)


植物(微生物を含む)生命科学研究


  1. イネいもち病ほ場抵抗性遺伝子pi21 の単離同定  [PDF]
  2. オオムギの閉花性遺伝子の発見と機能解明  [PDF]
  3. イネの免疫システムをかいくぐるいもち病菌の感染戦略  [PDF]
  4. タバコマイルドグリーンモザイクウイルスの宿主特異性を決定するメカニズムの一端の解明  [PDF]
  5. 根粒菌の共生窒素固定に必須な宿主マメ科植物遺伝子FEN1 の発見  [PDF]
  6. 組換え作物に導入した遺伝子が不活性化されるしくみの一端を解明  [PDF]
  7. RSISを用いた簡便な遺伝子発現抑制法  [PDF]

昆虫・動物生命科学研究
  1. カメムシ類の新規幼若ホルモン(JHSB3)の同定  [PDF]
  2. 新規に同定されたカイコ前胸腺抑制ペプチド受容体  [PDF]
  3. 異業種連携による遺伝子組換え高機能絹糸の製品化  [PDF]
  4. 免疫不全マウス体内で成熟させたブタ精子を用い、正常仔豚が誕生  [PDF]
  5. ブタゲノム塩基配列の概要解読完了  [PDF]

2010年5月 発行