茨城県内の養蚕に関連した地名等

【県北】

小貝(蠶飼)浜(日立市):『養蠶秘録』の中の“天竺霖異大王の事”の中で、金色姫を乗せた船が常陸國豊良湊に流れ着いたとされる場所の一つ、日立市川尻町豊浦の海岸。近くに、豊浦小、豊浦中などがあります。

○常陸太田市:市町村制施行により、幡村と二宮村、三才村、田渡村、長谷村、高貫村とが合併し、久慈郡機初村となり、現在、常陸太田市に合併されていますが、それぞれの名前は地区名として残っています。「機初」の名前は、機初小、機初幼稚園、機初橋等に残っています。

○水府村:東染村と西染村があり、両方の色が違っているので混ぜて染めたという中染村とがあり、市町村制施行により町田村、和久村と合併して染和田村となり、さらに合併して水府村となりました。西染、中染の名は地区名として残り、「染和田」の名は、染和田小として残っています。

【県西】

鬼怒川・小貝川・糸繰川:鬼怒川は、栃木県と群馬県境の鬼怒沼山に源を発し、川治・鬼怒川温泉等を経て南下し、守谷町で利根川と合流する利根川の一大支流で、古くは毛野川(毛奴川)と呼ばれていたようです。恐らく、「毛ノ國」から発したことに因っていると思われます。「けぬ」が「きぬ」に転じ、「衣川」「絹川」などと書かれ、近世以来「鬼怒川」となったものと思われます。一方、小貝川は川筋そのものが安定せず、鬼怒川よりずっと後になって名前がついたと思われます。その名前も「蚕飼」「蚕養」「子飼」といろいろ書かれてきましたが、やがて現在の小貝川に統一されたものです。小貝川の支流の一つに糸繰川がありますが、「蚕飼−糸繰−絹」の連想からでしょう。

○結城市:市町村制施行により、小森(蚕守)村、久保田村、中村、林村、鹿窪村が合併して絹川村になりましたが、現在は結城市に合併して旧村名は地区名として残っています。絹川小、絹川公民館等に「絹川」の名前が残っています。

○下館市:市町村制施行により、成田村、茂田村、塚原村、下中山村、島村、深見村、蕨村、徳持村、大塚村、上川中子村、川連村が合併して養蚕村になりましたが、現在は下館市に合併して旧村名は地区名として残っています。養蚕小、養蚕地区公民館、養蚕橋、養蚕駐在所等に「養蚕」の名前が残っています。

○協和町:真壁郡桑山村は、市町村制施行で他の13村と合併して古里村になり、その後さらに合併して協和町となりましたが、桑山の名は地区名として残っています(古里の名は古里小として残っています)。

○千代川村:市町村制施行により、豊田郡大園木村、鯨村が合併して、豊田郡蚕飼村になり、さらに昭和28年に結城郡蚕飼村になり、その後、千代川村に合併されました。大園木、鯨の名は地区名として残っていますし、蚕飼小、蚕飼駐在所等に「蚕飼」の名前が残っています。

【県南】

○谷和原村:市町村制施行により、北相馬郡細代村、寺畑村、杉下村、新宿村、筒戸村、平沼村が合併して小絹村になり、その後、谷和原村に合併されましたが、これらの名は地区名として残っています。小絹小、小絹中、小絹駐在所、関東鉄道常総線こきぬ駅等に「小絹」の名前が残っています。

○取手市:北相馬郡桑原町は、市町村制施行で寺田村と合併して寺原村となり、現在、取手市に合併されましたが、桑原、寺田の名前は地区名で残っています。

○江戸崎町:河内郡桑山村は、市町村施行で高田村、椎塚村、駒塚村と合併して高田村になり、その後、稲敷郡江戸崎町に合併されましたが、これらの名前は地区名で残っています。


目次に戻る   蚕影神社に戻る