畜産草地研究所

写真で見る外来雑草

侵入危惧雑草種の発芽特性と防除方法

Cuscuta approximata Bab.

ヒルガオ科

  • 学名:Cuscuta approximata Bab.
  • 英名:small seed dodder、
  • 原産地:西アジア~インド
  • 生息地:温帯
  • 地域:ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア、北アメリカ

形態的特徴

  • 根:寄生根ができると土壌中の根は枯れる
  • 茎:つる性、細く黄色で寄主植物に巻つき吸盤により養水分を吸収する
  • 葉:鱗片状
  • 花:茎上のところどころに密生した花房を形成し無柄で、がくは倒円錐形、先が5裂し裂片は卵状三角形、花冠は白色、鐘形~球形、先が5裂し径3~4mm、裂片は三角状卵形
  • 果:さく果、球形で4種子を入れ、種子は淡褐色、3稜のある楕円形、長さ1mm
  • 備考:

生態的特徴

  • 生息地:畑地、牧草地、樹園地、路傍
  • 年生:1年生、寄生植物
  • 発生時期:春
  • 開花時期:夏~秋
  • 備考:収量と品質の低下

研究センター