品種詳細

あいこまち

「あいこまち」の食味は「ベニアズマ」並みに優れ、調理後の黒変が少なく、糖度が高い。いもの条溝がなく、外観が良い。サツマイモネコブセンチュウと黒斑病に強く、つる割病と立枯病に中程度の抵抗性を持つ。いも菓子類への加工にも適する。

主要特性

  • 「あいこまち」(旧系統名:関東128号)は、でん粉の糊化温度が低く蒸しいもの糖度が高い「クイックスイート」を母、多収で条溝がなく立枯病、サツマイモネコブセンチュウに強い「関系107」を父とする交配組合せから選抜した品種である。
  • 蒸しいもの食味は「ベニアズマ」並みに優れ、調理後の黒変が少ない。β-アミラーゼ活性が高く、糖度が高い。
  • 条溝がなく、「ベニアズマ」に比べていもの外観が良い。いもの平均一個重は「ベニアズマ」よりやや軽く、いもが大きくなりすぎることは少ない。収量は「ベニアズマ」並である。
  • サツマイモネコブセンチュウ、黒斑病に強く、つる割病と立枯病に対しても中程度以上の抵抗性を持つ。また、「ベニアズマ」よりも貯蔵性が良い。
  • いもようかん、大学いも等のいも菓子類への加工にも適する汎用性を持つ。

栽培適地

全国のカンショ栽培地域

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
27050
(2012年5月21日)
2012年8月21日 23316
(2014年3月14日)
25年
(満了日:2039年3月14日)
交配組み合わせ 旧系統名
クイックスイート×関系107