品種詳細

北陸4号

ダッタンソバ「北陸4号」は、「北系1号」に比べ、草丈がやや短く、成熟期はやや早く、千粒重はやや大きい。子実重は同程度で、ルチン含量はやや少ない。

主要特性

「北陸4号」は農業生物資源研究所ジーンバンクより分譲を受けた「ダッタン種(Rotundatum)」を育種素材として育成ものである。

  • 開花期、成熟期は「北系1号」に比べやや早い。
  • 草丈、主茎長は「北系1号」に比べ短く、1株花房数は少ない。
  • 草型は直立・分枝伸長型である。
  • 子実重は「北系1号」と同程度で、千粒重は重く、容積重はやや重い。
  • 製粉歩留りは「北系1号」と同程度で、ルチン含量はそばの約100倍である。
  • 畑地(黒ボク土)で標高が高く(750m)寒冷な気候である長野県中信農業試験場では、子実重33.0kg/aとそば「信濃1号」より多収である。

出願番号
(出願日)
公表日 登録番号
(登録日)
育成者権の存続期間
18728
(2005年8月30日)
2006年3月 7日 15528
(2007年3月23日)
25年
(満了日:2032年3月23日)
交配組み合わせ 旧系統名