品種

農研機構ではさまざまな品種を開発し、普及、利用促進を行っています。

品種関連のお知らせ

2019年10月18日
育成系統名:「四国裸132号」「四国裸134号」(オオムギ属)の 利用許諾の受付を開始しました。
2019年10月15日
育成系統名:「北陸皮54号」(オオムギ属)の利用許諾の受付を開始しました。
2019年9月5日
育成系統名:「愛知梨3号」(ニホンナシ変種)の利用許諾の受付を開始しました。

最新の品種

カテゴリ 品種の名称 公表日 概要
果樹
モモ種(Prunus persica (L.) Batsch)
ひめまるこ 2019年8月 7日
モモの極早生には満開後70日頃(関東では6月中旬)に収穫できる白肉品種「ちよひめ」、「はなよめ」がありますが、モモの生産、消費の拡大のため、より収穫期の早い品種が求められています。「ひめまるこ」はこれらの品種より9日程度早く収穫できます。果実は170g程度とやや小ぶりですが、糖度は15%、酸味は少なく極早生品種としては食味良好です。モモの露地栽培における収穫期を早める白肉品種として、特に、「ちよひめ」や「はなよめ」の栽培の多い地域での普及が期待されます。
食用作物
稲種(Oryza sativa L.)
コシヒカリ環2号 2018年9月20日
食用作物
カンショ種(Ipomoea batatas (L.) Lam.)
ふくむらさき 2018年8月14日
「ふくむらさき」は蒸しいもや焼きいもの糖度が高く、しっとりとした肉質で食味の良い紫カンショ品種です。当面は茨城県を中心に普及する見込みですが、その他の地域でも関心が高まっています。
食用作物
稲種(Oryza sativa L.)
つきことか 2018年8月14日
食用作物
稲種(Oryza sativa L.)
亜細亜のかおり 2018年8月14日

品種の利用許諾について

農研機構が育成者権を有する品種をご利用になりたい場合にご確認ください。

詳しくはこちら

農研機構育成品種の種苗入手先リスト

農研機構が育成した品種を栽培し、収穫物の販売等を行う場合の種子・種苗の入手先リストです(農研機構と品種利用許諾契約を締結した機関のうち、掲載を了解いただいた機関の一覧です)。

詳しくはこちら