イベント・セミナー詳細

専門家 青少年 企業

カンナン教授来日特別講演「環境化学物質の人体への暴露量解析のためのバイオモニタリング」

情報公開日:2019年8月 5日 (月曜日)

カンナン教授来日特別講演
環境化学物質の人体への暴露量解析のための
バイオモニタリング
Lecture by Dr. Kurunthachalam Kannan
Biomonitoring of Human Exposure to Environmental Chemicals
in the Context of Exposome

Poster of Dr. Kannan's lecture (2019/08/27, tsukuba)
画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます

開催日時

2019年8月27日 (火曜日) 15時~17時

開催場所

農研機構農業環境変動研究センター (本館2階 大会議室)
(〒305-8604 茨城県つくば市観音台3-1-3) アクセス

開催趣旨

ぺルフルオロアルキル化合物、ビスフェノール類など、新規の環境化学物質に関する最新情報について、POPsの分野の世界的権威である Kurunthachalam Kannan 博士の来日に合わせて特別講演会を行います。

博士は、ニューヨーク州立大学教授、ニューヨーク州保健省 Wadsworth Center 副センター長などを務めるとともに、高いレベルの活発な研究活動を続けられており、生態学/環境学において世界で最もよく引用されている上位2名の研究者に選ばれています。

環境、毒性、化学、分析、衛生など、幅広い分野の討論が期待されますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

使用言語

英語 (通訳はありません)

参加方法

どなたでも参加いただけます
参加費無料、事前登録はありません。

問い合わせ先

農研機構 農業環境変動研究センター
有機化学物質研究領域 環境化学物質分析ユニット
殷 熙洙(うん ひーすー)
メール: eun@affrc.go.jp