生物系特定産業技術研究支援センター

概要

「農林水産研究基本計画」等の生物系特定産業技術の開発に関する国が定めた研究戦略等に基づいて行う基礎的な研究開発を、大学、高等専門学校、国立研究開発法人、民間企業等に委託することにより実施しています。
特に、近年画期的な技術開発が進展している異分野の革新的技術を取り込みながら事業化・商品化といった出口を念頭に行う研究や、『知』の集積と活用の場における技術革新を通じたオープンイノベーションによる研究、生産現場における革新的技術体系の実証を行う研究、次世代の技術体系を生み出す先導的な研究を推進しています。

生物系特定産業技術とは

  • 農林漁業、飲食料品製造業やたばこ製造業など、生物又は生物機能の成果に依存する産業で用いられる技術
  • 生物の機能等に密接に関連する試験研究を必要とする技術

の2つの要件に該当する技術であり、バイオテクノロジー、作物の栽培管理や家畜の飼育、食品の加工技術の改善のための新素材、メカトロニクス等を応用する技術開発を含みます。

生研支援センターはこのような仕事をしています !

  • 農研機構のファンディング部門として、研究課題を公募、選定した研究機関 (コンソーシアム等) に研究資金を提供
  • 委託研究を円滑に進めるための支援、委託研究の成果を社会へ広く普及・社会実装につなげるための支援
  • 応募に当たっての研修や各種ご相談 etc.

生研支援センター支援業務の概要図