畜産研究部門

家畜育種ユニット

親から子に伝わる遺伝的性質を利用

家畜は古くからより有益な性質を持つ個体同士を選抜して交配させることで、さらに有用性の高い性質を持つように改良されてきました。このような選抜による改良は、親から子へと伝わる遺伝的な性質を利用したものです。家畜を遺伝的に改良していくことを家畜育種とよび、良質な畜産物を効率よく生産するための基盤的な技術で、世界中の大学や研究機関で研究が進められています。私たちは、主に量的遺伝学、統計遺伝学の手法を用いて、個体ごとに測定されたデータから集団の遺伝的な特性を把握し、効率的に改良する手法開発に関する研究を行っています。実際に改良が求められている形質は様々あり、それぞれ遺伝的な特性は異なります。また、畜種や品種によっても、遺伝的な特性は異なります。そのため、畜種ごと、品種ごと、形質ごとに、遺伝的な特性や個体の遺伝的能力を適切に把握する手法を開発する必要があります。また、目的の性質を改良するためには、どのような形質を測定することが適切かを見いだす必要があります。さらに、畜産物を効率よく生産するためには、複数の形質をバランスよく効率的に改良していく手法を開発する必要があります。私たちは、家畜が高品質な生産物を、生涯の中でより多く効率的に生産できる能力を持つように改良していくことを目的として、乳用牛では、乳量・乳質の向上とともに、繁殖性・強健性の向上による飼養期間の延長を、豚では、雌豚の産子数の向上とともに、強健性の向上による飼養期間の延長を目指しています。また、乳用牛のエネルギーバランス改善に向けた研究、夏期の雄豚の繁殖性改善に向けた研究、最近得られるようになった個体のDNAに関する膨大な情報を、肉用牛の産肉性および豚の繁殖性の改良に活かす手法開発の研究も行っています。

メンバー