食品研究部門

機能成分解析ユニット

役割

機能成分解析ユニットでは、食品の機能に関わる成分について研究しています。
当ユニットの研究の柱は、1)機能性を有する成分測定、あるいは機能性を評価するための技術の開発と、2)機能性成分の含量、農産物の酸化ストレス消去能などの栄養・健康機能を評価し、データベース化する、の2つです。

実験的な手法としては、マウス・ラットなどの動物やヒトの細胞を使い、食品成分がそれらの細胞に与える影響を調べ、機能性を評価します。また、細胞で効果が確認されたものについては動物への投与実験も行います。その他、妥当性確認された抗酸化能評価法である酸素ラジカル吸収能(ORAC)測定法や一重項酸素消去能(SOAC)測定法などを用い、農産物のもつ直接的な抗酸化能の評価も行っています。これらの研究の成果を農産物の機能性成分含量・機能性評価値を納めたデータベースへ集積し、データの拡充をはかっています。

妥当性が確認された食品の抗酸化能評価法

主な研究テーマ

  • 農産物の栄養・健康機能性評価及び機能性成分・評価データべースの拡充(石川)
    農作物を主な対象とし、直接的な酸化ストレス消去能(ORAC,SOACなど)等の栄養・健康機能性の評価および解析を行い、データベースの掲載に向けたデータの集積をはかる。
  • ターゲット・プロテオミクスによる食品タンパク質の定量法の開発(一法師)
    ターゲット・プロテオミクスの手法を用い、食品中に含まれる機能性タンパク質の定量法を開発する。
  • アントシアニン等のフラボノイドの体内動態と健康機能性(生理作用)発現機構の解析(橋本)
    食餌から摂取したアントシアニン等のフラボノイドは吸収後速やかに代謝(化学的な修飾)を受けますが、代謝後の生理的役割はよくわかっていません。そこで、代謝後のフラボノイの栄養・健康機能性を調べ、その機構を解析しています。
  • 活性酸素種消去能による生体内酸化ストレス軽減効果評価法の開発(若木)
    食品の持つ活性酸素種消去能が生体内における酸化ストレスの軽減に役立つかを明らかにし、疾病予防や健康維持に有効であることを支持する科学的知見を得る。

メンバー

ユニット長:
石川 祐子(いしかわ ゆうこ)/専門:食品機能学

上級研究員:
一法師 克成(いっぽうし かつなり)/専門:食品化学
橋本 直人(はしもと なおと)/専門:食品栄養学

研究員:
若木 学(わかぎ まなぶ)/専門:食品機能学

主要成果

原著論文

  • Ippoushi K., Sasanuma M., Oike H., Kobori M., Maeda-Yamamoto M.: Quantification method of osmotin-like proteins in sweet pepper and eggplant by liquid chromatography/tandem mass spectrometry based on the AQUA technology. International Journal of Food Properties, 10.1080/10942912.2016.1154571
  • Ippoushi K., Sasanuma M., Oike H., Kobori M., Maeda-Yamamoto M.: Absolute quantification of Pru av 2 in sweet cherry fruit by liquid chromatography/tandem mass spectrometry with the use of a stable isotope-labelled peptide. Food Chemistry, 204:129-134 (2016)
  • Ippoushi K., Fukuoka N., Ishida M., Takeuchi A., Azuma K.: Easy method for the approximate quantitation of 4-methylthio-3-butenyl isothiocyanate of daikon (Raphanus sativus L.). International Journal of Food Properties, 19(5):993-999 (2016)
  • Hashimoto N., Blumberg JB., Chen CY.: Hyperglycemia and Anthocyanin Inhibit Quercetin Metabolism in HepG2 Cells. Journal of Medicinal Food, 19(2): 141-147 (2016)
  • Wakagi M., Taguchi Y., Watanabe J., Ogita T., Goto M., Arai R., Ujihara K., Takano-Ishikawa Y.: Determination of the antioxidative activities of herbs harvested in Japan by oxygen radical absorbance capacity methods. Food Sci. Tech. Res.,22(2):301-305(2016)
  • Han KH., Hashimoto N., Fukushima M.: Relationships among alcoholic liver disease, antioxidants, and antioxidant enzymes. World Journal of Gastroenterology, 22(1): 37-49 (2016)
  • Ogita T., Watanabe J., Wakagi M., Nakamichi K., Komiyama S., Takebayashi J., Mano J., Kitta K., Koyano S., Takano-ishikawa Y.: Evaluation of a method to quantify isoflavones in soybean by single and multi-laboratory validation studies .Food Sci. Tech. Res.,21(3):477-473(2015)
  • Ippoushi K., Sasanuma M., Oike H., Kobori M., Maeda-Yamamoto M.: Absolute quantification of protein NP24 in tomato fruit by liquid chromatography/tandem mass spectrometry using stable isotope-labelled tryptic peptide standard. Food Chemistry, 173:238-242 (2015)
  • Ippoushi K., Ueda H., Takeuchi A.: Milk prevents the degradation of daikon (Raphanus sativus L.) isothiocyanate and enhances its absorption in rats. Food Chemistry, 161:176-180 (2014)

成果情報

  • 一法師克成・笹沼基恵・大池秀明・小堀真珠子・山本(前田)万里:LC-MS/MSを用いたトマトのオスモチン様タンパク質Protein NP24の定量法(2015)
  • 若木学・石川(高野)祐子・大池秀明・渡辺純:国産ハーブの抗酸化能(2015)
  • 渡辺純・石川(高野)祐子・沖智之・箭田浩士・安井明美(食総研アドバイザー)・竹林純(国立健康・栄養研):室間再現精度を向上させた改良親油性ORAC法(2015)普及成果情報
  • 後藤真生・若木学・庄司俊彦・石川祐子:リンゴプロシアニジンは解糖系の阻害により T細胞の機能を抑制する(2015)

特許

  • 石川祐子 ・後藤真生・鈴木佐知子(月桂冠(株)) ・秦洋二(月桂冠(株)):免疫調節剤およびそれを含む抗アレルギー剤(特許第5206134号)(2015)
  • 後藤真生・石川祐子:アレルギー重症度のインデックス化方法(特許第4834819号)(2011)

法人番号 7050005005207