トップページへ  農作業安全ポイント   農作業全般

  HOME  農作業安全ポイント  農作業全般


HOME

農作業全般
  ポイント1 打ち身は痛い
  ポイント2 暑さから身を守ろう
  ポイント3 温度差に注意
  ポイント4 情報の共有を図ろう

全機種共通
乗用トラクター
歩行用トラクター
コンバイン
刈払機
その他の機械





【ポイント1】 打ち身は痛い

《なぜ》
  1. 頭の上など視野の外にある物へふいにぶつけることがあります。
  2. 歳をとると、まぶたが垂れてきて、上方の視界が狭くなる傾向があり、危険度が増します。

《対策ポイント》
  1. 障害物等に目立つ印を取り付けます。
  2. 突起物にタオル等を巻き保護します。

目印図1
図1 支柱の連結金具が突き出ているので、目立つように青色のテープを巻いています。


目印図2
図2 ヒモをぶら下げているので、上方にコンベヤがあるのに気付きます。


《追加のヒント》
 ヘルメットや保護メガネで頭や目を保護します。

【 PDF版 】 (268KB)


▲このページのトップへ

【ポイント2】 暑さから身を守ろう

《なぜ》
  1. 厚生労働省の「熱中症による死亡災害発生状況(平成22年)」によると、平成22年の死亡者数は47人と高い水準にあります。
  2. 熱中症は、特に猛暑である7月と8月に集中しています。

《対策ポイント》
  1. こまめに水分・塩分を取ります。
    →作業前からスポーツドリンク、水と梅干、0.1〜0.2%の食塩水などで定期的に補給します。
  2. 休憩は涼しいところで取ります。
  3. 食事・睡眠・休憩をしっかり取ります。
  4. お酒は二日酔いにならない程度にしきます。
  5. できるだけ涼しい服装にします。
    →作業安全に問題が無ければ、通気性・吸湿性の良い生地で風通しの良い作業服を着ます。直射日光のあたる場所ではつばの広い帽子をかぶります。
  6. 気分が悪いと感じたら、無理をせず、周囲の人に状況を知らせます。
  7. 気温が高い日は家族等周囲の人も休憩を促します。

《追加のヒント》

 まわりのひとは熱中症になった人に対して、
  1. 衣服をゆるめ涼しい場所に足を高くして寝かせます。
  2. スポーツドリンクを飲ませます。
  3. 手足の先から心臓に向かって血液を送るようにマッサージします。
  4. 筋肉に痛みやけいれんがある時は0.9%の食塩水を飲ませます。
  5. 症状が重い場合は一刻も早く病院へ連れていきます。

【 PDF版 】 (130KB)


▲このページのトップへ

【ポイント3】 温度差に注意

《なぜ》
  1. 毎年、農業者が作業中に心臓発作等で亡くなるケースが報告されています。
  2. 一般的には、早朝や冬期間に心筋梗塞等の発作を起こすことが多いと言われていま す。

《対策ポイント》
  1. 室内から外に出る時には必ず防寒着を着てからにする。
  2. 朝は早めに起きて新聞を読んで、ゆっくり体を起こしてから作業を開始する。
    →朝方に寝ていた状態から急に体を動かしたり、暖かい所から寒い所へ移動したりすると、血圧が上昇して心臓や血管に負担が掛かり心臓発作へ繋がります。
  3. ハウスの出入口近くに調整室を兼ねた温度の緩衝帯を作り徐々に体をなじませてから出入りする。
    →冬期間の施設内外の温度差は、10〜30℃もあることがあります。特に暖かい所で作業した場合には、かいた汗によって余計体温が下がりやすくなっています。
  4. 万が一のために携帯電話を持ち歩く。

《追加のヒント》
  1. お酒を飲んだ状態では、発作を起こす確率が高くなります。飲酒後の雪かき等は行わないようにしましょう。
  2. 塩分を控えめにした食事にしましょう。
    →塩分摂取量が多いと高血圧になり、危険が高まります。
  3. 発作を起こした時は一刻も早く病院へ行きましょう。
  4. 救急車を待つ間は衣服を温めておきましょう。
  5. 心臓発作の場合はできるだけ座った状態に、脳卒中の場合は横に寝かせましょう。

【 PDF版 】 (152KB)


▲このページのトップへ

【ポイント4】 情報の共有を図ろう

《なぜ》
  1. 事故のあった場所やその時の行動等を把握することで、危険回避ができます。
  2. 情報を共有することにより危険予知ができ、事故を減らすことができます。

《ヒヤリ、事故》
  1. ぬかるみに機械が引っ掛かった。
  2. 受託作業で行った圃場の測量杭等の場所を知らず、ヒヤリとした。
《対策ポイント》
  1. 危険な場所(路肩が崩れやすい場所、見通しの悪い場所、ぬかるみの発生しやすい場所等)の情報を共有しよう。
  2. 離れた圃場への移動時は、地域の危険マップ等を参考に危険回避を図ろう。
  3. 作業委託する場合は、測量杭の位置等も作業者へ提供しましょう。

《追加のヒント》
  1. 季節や時間帯によって状況が変わることがあります。
  2. 事故やヒヤリハッとを共有することで、互いの注意喚起、危険予知に役立てましょう。
  3. 災害の碑や地域の伝承も過去の貴重な情報を伝えています。集中豪雨や地震等の天災に備え、意識するようにしましょう。

【 PDF版 】 (79KB)


▲このページのトップへ


 農作業安全情報センターは、 農業・食品産業技術総合研究機構 農業技術革新工学研究センターが運営しています。
 当ホームページの利用について(プライバシーポリシー著作権、免責事項等
 
 ※このメールアドレスは添付ファイルを受け取れません。