小豆ポリフェノールの生理調節機能とその変動要因


[要約]

[キーワード]

[担当]道立中央農試・基盤研究部・農産品質科、道立十勝農試・作物研究部・小豆菜豆科、青森県立保健大学大学院・健康科学研究科、帯広畜産大学・食料生産科学科
[代表連絡先]電話0123-89-2585
[区分]北海道農業・畑作
[分類]技術・参考


[背景・ねらい]

[成果の内容・特徴]

  1. 脳卒中易発性高血圧ラット(脳卒中ラット)に製アン副産物(アンかす)を投与することにより収縮期血圧の上昇が抑制される (図1)
  2. 小豆ポリフェノールの投与により、血糖値の上昇が抑制され、その効果は、小豆ポリフェノールの中でもオリゴマー型ポリフェノールによるものであり、特に重合度の高いポリフェノールの作用が大きい(図2)
  3. 50〜60歳代の女性を対象にした試験では、小豆煮汁加工飲料50mL(333.5mgポリフェノール相当)を食事前に摂取することにより、食後30分以内の急激な血糖値上昇を抑制する (図3)
  4. 収穫時期が遅れるほど小豆のポリフェノール含量は低下する (図4)

[成果の活用面・留意点]

  1. 小豆が有する生理調節機能に関して、生産、流通、利用加工等への情報提供にあたっての知見として活用する。なお、生理調節機能の証明には、物質の特定および大規模なヒト介入試験が必要である。
平成21年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
小豆ポリフェノールの生理調節機能の解明とその変動要因(指導参考)

[具体的データ]

[その他]




目次へ戻る