Ⅰ.九州農業試験研究機関協議会規約

 
九州農業試験研究機関協議会規約「はじめに」に戻る
 
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ戻る
 
第1章 総 則
第1条 本会は、九州農業試験研究機関協議会という。
第2条 本会は、九州地域における農業試験研究機関をもって構成する。
第3条 本会は、九州地域における農業関係の試験研究の向上、各試験研究機関相互の連絡および親睦を図ることを目的とする。
第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。 
  1. 試験研究発表会の開催
  2. 「九州農業研究発表会専門部会発表要旨」のPDF作成
  3. 試験研究の能率向上に関する事項
  4. その他必要と認めた事項
第5条 本会の事務局は、熊本県合志市須屋2421農研機構九州沖縄農業研究センター研究推進部内に置く。
第6条 機関として本会へ加入する場合は、評議員会の議決を得るものとする。
第7条 加入機関は、別に定める負担金を納入しなければならない。
第2章 会 員
第8条 本会の会員は、本会の趣旨に賛同して入会した正会員、および賛助会員とする。正会員は本会構成機関に勤務する個人および九州各県に勤務する専門技術員、賛助会員はその他の個人、団体、又は機関とする。
第9条 正会員、又は賛助会員として本会に入会しようとするものは、本会事務局にその旨申し込み、それぞれ別に定める会費を納入しなければならない。
第10条 正会員は、その研究業績を本会の研究発表会に発表することができる。
第11条 正会員は、会の運営に関する意見を評議員会に提出することができる。
第12条 退会を希望する会員は、その旨事務局に申し出なければならない。ただし、既納の会費は返却しない。
第3章 役 員
第13条 本会に次の役員をおく。
  1. 会長     1名
  2. 副会長   2名
  3. 評議員   若干名 
  4. 監事     2名
  5. 連絡幹事  1県1名
第14条 会長は、本会を代表し会務を統括する。副会長は、会長を補佐し会長事故あるときはその職務を代行する。
会長と副会長は、評議員の互選によってこれを定める。この任期は2カ年とするが、重任を妨げない。
第15条 評議員は、評議員会を組織し本会の会務一般を協議する。評議員会は、 評議員の2分の1の出席をもって成立し、議決は出席者の過半数の賛同を得て行うものとする。
評議員は、各県構成機関の代表者(各県4名)、本会を構成する独立行政法人試験研究機関支所長またはその相当職並びに九州沖縄農業研究センター所長および各研究領域長またはその相当職とする。
県ごとに、評議員中より代表評議員1名を選出する。
評議員の任期は2カ年とするが重任を妨げない。
第16条 監事は評議員の互選とし、任期は1カ年とする。
監事は会計監査を年1回行い、その結果を評議員会に報告する。
第17条 連絡幹事は、評議員会で推薦し、会長がこれを委嘱する。
連絡幹事は、協議会事務局並びに所属県の代表評議員および会員との連絡にあたる。
第18条 役員が任期途中で辞任したときは、機関の後任者が前任者の残存期間を引き継ぐものとする。
第4章 会 計
第19条 本会の所要経費は、構成機関の負担金、会費、その他の収入をもってこれにあてる。
第20条 本会構成機関の負担金は評議員会の決定に基づいて定める。
第21条 会費は別に定める内規により、これを納入しなければならない。
第22条 本会の会計年度は1月1日に始まり、12月31日に終わる。
第5章 附 則
第23条 本規約および本会諸内規の改正は評議員会の議決による。
第24条 本規約は昭和47年6月1日から有効とする。
 一部改正 昭和55年6月10日
 一部改正 昭和57年6月10日
 一部改正 平成3年7月31日
 一部改正 平成4年9月16日
 一部改正 平成9年1月31日
 一部改正 平成11年11月16日 平成11年11月1日から実施する。
 一部改正 平成12年11月21日 平成13年4月1日から実施する。
 一部改正 平成13年4月1日
 一部改正 平成14年11月18日
 一部改正 平成17年11月17日
 一部改正 平成18年11月14日
 一部改正 平成19年11月19日
 一部改正 平成24年3月26日
 一部改正 平成28年3月8日
 一部改正 平成29年3月3日
 一部改正 令和2年4月24日