Ⅳ.「発表要旨」原稿作成要領

 
九州農業試験研究機関協議会規約「はじめに」に戻る
 
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ戻る
 【専門部会発表要旨の書き方】 
  1. A4判普通紙を1枚使用し、上マージン20㎜、下マージン20㎜以上、左右マージン20㎜を厳守する。作成原稿がそのまま版下となる。

  2. 演題、氏名、所属および本文のフォントは10ポイント、明朝体とする。  

  3. 別紙の記載例に従い原稿を作成する。

    1)演題・発表者・所属
    1. 1行目の始め全角5字以上あける。
    2. 1段組とし1行45字とする。
    3. 1行目~2行目を演題スペースとする。3行目~5行目を発表者氏名、所属の順に続けて記入する。所属は丸括弧()でくくる。いずれもセンタリングで文字を揃える。
      発表者氏名:連名の場合は、発表者氏名の前に○を付け、中点「・」で区切る。
      所属:連名で所属が異なる場合は、氏名の後に上付き文字で番号を付け、括弧内に番号順に記す。できる限り略記(別表参照)する。

    2)本文
    1. 2段組みとし、各段22字、40行(全体で1,760字)以内とする。段間は3文字あける。
    2. 1行あけて次の行から本文および図表を記入する。
    3. 本文には「目的」、「材料および方法」、「結果および考察」の項目と、発表の骨子となるようなデータをできる限り記載する。
    4. 発表要旨はカラーとする。
    5. 本文の句読点は、「,」および「。」とする。
    6. 年号は原則として西暦を用いる。
  4. 原稿には頁数を記入しない。

  5. その他はその部会の専門学会用語集に従う。

  6. 発表者は「専門部会発表要旨」がホームぺージで公開することについてあらかじめ了承していること。

  7. 提出される発表要旨は、体裁よくまとめる。

  8. 「発表要旨」は、専門部会責任者にデジタル媒体(CDまたはメール等)により提出すること。
    また発表予定者のメールアドレスを合わせて知らせる。
     なお、PDFファイルで提出するようお願いいたします。

    発表要旨作成に当たっては別添見本(記載例)を参照する。

     一太郎形式の原稿用紙です。段組を設定してあります。 要旨様式(一太郎)
     ※一太郎の様式は、ブラウザによっては正しく表示されないことがあります。
      正しく表示されない場合は、「名前をつけて保存」をしてご確認ください。

     Word形式の原稿用紙です。段組を設定してあります。 要旨様式(Word)

  9. 発表要旨に関する問い合わせは九農研事務局あてとする。
    (TEL:096-242-7530)
                                              令和2年6月制定

  「1.」について補足
   1)九農研会員は、九農研事務局が作成するA4判1頁の様式を使用する。
   2)学会支部で既にA4判1頁の様式がある場合は、それの使用を可とする。
     ※専門部会長の判断で、A4判1頁に限定せず、共催学会の要旨も認める。