九州農業研究 気象概況・総合発表 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル 著者 ページ
第21号 昭和33年6月
昭和33年度の九州地域気象と農作概況   1
第22号 昭和35年5月
昭和34年度九州地域気象と農作概況   1
第23号 昭和36年6月
昭和35年度の九州地域気象と農作概況   1
第24号 昭和37年6月
昭和36年度九州地域の気象と農作概況   1
第25号 昭和38年9月
昭和37年度九州地域の気象と農作概況
気象   1
害虫発生概況・病害発生概況・農作概況   5
〔総会〕
九州における乗用トラクターの普及,利用の現況について  井手上孝 1
甘藷栽培における米国製トランスプランター及びスィートポテトバインカッターの利用性能に関する調査  中精一 中馬克己 5
甘藷の機械化栽培について   中村哲也 井園九州男 7
緑茶製造過程における生茶葉の処理に赤外線を利用した機構に関する研究 第2報   嘉村三男 川崎夏司 9
諫早干拓地の干陸当初における機械化について −農用トラクター利用の問題点−   立石静男 楠原信行 小島勝次郎 11
水稲直播機械化栽培における耕耘,整地,播種法に関する試験   南部美記雄 野垣義登 清原幸一 14
水稲,ビートの協業耕作における大型機械の利用について   三好坦 19
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 −研究の構想と実験農場の概要−  戸田修一郎 井上利志栄 22
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 −研究実施の概要−   戸田修一郎 井上利志栄 24
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (3)麦の大型機械化栽培法   石田良晴 千蔵昭二 井上利志栄 26
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (4)麦の収穫調整および乾燥法に関する調査   石田良晴 森山義一 井上利志栄 29
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (5)大型機械使用上の問題点   神屋静太郎 三善重信 井上利志栄 31
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (6)コンバインの性能について   神屋静太郎 毛利雅彦 井上利志栄 井上喬二郎 33
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (7)大型機械の導入に伴なう土壤肥料の問題点   下川博通 福永良一 井上利志栄 35
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (8)病害虫防除の概要と問題点   横山佐太正 酒井久夫 井上利志栄 37
大型機械による栽培および営農体系の確立に関する研究 (9)協業経営と会計方法の問題点   内田昭修 井上利志栄 38
第26号 昭和39年7月
昭和38年度九州地域の気象と農作概況 
気象   9
害虫発生概況・病害発生概況・農作概況   13
〔総会〕
トマトの裂果に関する研究 二井内清之 17
平戸ツツジに関する研究 その成立について  田村輝夫 19
特産物(春白菜)の生産目標設定に関する調査研究  宇野健二 山本寿 上島敏雄  23
環境条件に伴う水稲デンプンの理化学性の変化   吉野実 野口純隆 27
福岡県における水田酪農の飼料構造  上原三郎 佐藤吉三郎  30
飼料作物害虫の発生相に関する研究(U)   山元四郎 岡田忠虎 末永一 33
阿蘇地域における人工草地の実態調査について 第2報,人工草地の利用,管理について   大滝典雄 香月英夫 工藤洋男 35
飼料用トウモロコシを加害するダイメイチュウの薬剤防除について   酒井久夫 吉村清一郎 立石いわお 野田政春 39
都城地方におけるススキ−ネザサ型自然草地の植生,立毛生産量の季節的変化について   沢田耕尚 今村照久 日高操 42
九州における草地造成管理基準   丸岡詮 44
西南暖地の畑地帯における粗飼料生産基準   松本聡 46
種子ヶ島におけるテオシントの栽培について  溝口一郎 良井実 48
飼料作物のソイリングシステムについて   原田角郎 八木俊一 52
阿蘇地域の野草の成分について −刈取利用方式による野草地の栄養収量の推移−   川関巌 56
第27号 昭和40年7月
昭和39年度九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
害虫発生概況・病害発生概況・農作概況   4
〔総会〕
シーフベンドのでん粉製造篩別工程への利用試験 山村頴 河野利治 11
干拓地における水稲のコンバイン収穫試験 立石静男 楠原信行 小島勝次郎 15
緩効性肥料について 新原勝輔 竹藤賢次郎 野口英展 吉田保則 18
農業構造改善事業における基盤整備直後の土壤条件の変化がトラクター作業の可能性におよぼす影響について 南部美記雄 上田克己 野垣義登 近藤捷昭 20
機械化折衷式直播栽培法に関する研究 香山俊秋 井上喬二郎 阿部新一 石原修二 竹園尊 平岡博幸 24
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (I)研究実施の概要 戸田修一郎 井上利志栄 28
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (II)大型機械化直まき栽培法とその問題点 石田良晴 千蔵昭二 井上利志栄 29
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (III)湛水散播栽培法の確立に関する研究 石田良晴 森山義一 井上利志栄 31
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (IV)水稲作における大型機械使用上の問題点 神屋静太郎 毛利雅彦 井上利志栄 32
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (V)水稲収穫時におけるコンバインの性能について 神屋静太郎 毛利雅彦 井上利志栄 33
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (VI)ほ場基盤整備後の大区画水田における作土の性質および作物生育の不均一性 下川博通 井上利志栄 34
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (VII)病害虫防除の概要と問題点 横山佐太正 酒井久夫 井上利志栄 36
大型機械による水稲栽培および営農体系の確立に関する研究 (VIII)大型機械化直まき水稲生産の労働構造 内田昭修 井上利志栄 38
第28号 昭和41年7月
昭和40年度九州地域の気象と農作概況
気象概況    27
農作概況    30
病・虫害発生概況    34
第29号 昭和42年7月
昭和41年度九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   10
〔総会〕
Combineによる水稲収穫の実用的限界について 楠原信行 陣野久好 立石昭 小島勝次郎 泉省吾 13
稲作集団栽培の諸形態と問題点 南侃 15
水稲の短強かん品種ホウヨク・コクマサリおよびシラヌイの育成について 岡田正憲 西山寿 本村弘美 甲斐俊二郎 今井隆典 17
田畑輪換における飼料作物作付体系について (第1報)飼料作物について 藤井鶴蔵 吉鹿正三 木崎原千秋 田中実 松井幹夫 川口俊春 19
準高冷地における酪農自立経営に関する組立試験  香月英夫 大滝典雄 工藤洋男 小林研三 21
大型機械による貯蔵飼料生産技術体系について 中村哲也 井園九州男 金丸三郎 鈴木祥夫 25
水耕の実用化に関する研究 (第2報)噴霧法について 宮路竜典 中間春男 窪田広 31
第30号 昭和43年7月
昭和42年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   12
〔総会〕
南九州火山灰土(腐植質アロフェン土)の土壌学的特徴  菅野一郎  15
火山灰土のプラスチックマルチと肥沃度の維持  草野秀 市来秀夫 田上三夫 18
有機物投入による火山灰畑土壌の生産力増強について 近野薫 22
南九州畑作の作付体系の改善 中馬克己 築島安宏 26
早期畑作水稲について (1)品種並びに栽培法  宮下茂樹 30
早期畑作水稲について (2)施肥法  野口純隆 34
畑作物の栽培改善について 竹崎力 世戸口信雄 38
南九州における畑作病害研究上の諸問題  長江春季 42
九州における畑作害虫研究の現状と今後の問題点 宮原義雄 川原幸夫 45
長崎県離島畑作地帯(下五島)における農業の現状と問題点 松藤正伝 森国男 48
畑作酪農地帯における機械化営農の成立と問題点 中村哲也 井園九州男 鈴木祥夫 梶本明 山崎芳信 岩橋哲彦 神近牧男 矢野卯 尾崎正美 長嶺広吉 53
暖地におけるてん菜育種事業の経過 −てん菜研究所支所を中心として− 嵐嘉一 58
第31号 昭和44年7月
昭和43年九州地域の気象と農作概況
気象概況    1
農作概況    4
病・虫害発生概況    15
総会
九州中山間地帯の農業動向   木下幸孝 17
中山間地帯における農家の階層分化と農業経営方式変化の動向  溝部宏宣 20
山間高冷地帯水稲作における土壌および施肥上の問題点について  谷川渡 25
大分県の中山間地帯における水稲栽培上の問題点 品種ならびに生育相について   清松清高 後藤磨澄 加藤陽二 近藤信 28
宮崎県における山間高冷地稲作の現状と問題点  金川修造  31
山間高冷地水稲病害虫の諸問題への提言  小林研三  36
大分県高冷地におけるそ菜の作型と生産安定技術について  高倉志能 下原孫一 川住東雄  39
大分県の山間地帯における肉用牛の経営事例と放牧に関する若干の技術的問題点について  寺尾正二  42
第32号 昭和45年7月
昭和44年九州地域の気象と農作概況 
気象概況    1
農作概況   4
病・虫害発生概況   15
〔総会〕
福岡県における水稲直播栽培と今後の問題点について  古城斉一 17
水稲乾田直播栽培の施肥について  新原勝輔 21
水稲病害虫の省力防除とその問題点  豊田久蔵 吉村清一郎 25
水稲作の機械化作業体系とその評価  南部美記雄  29
第33号 昭和46年7月
昭和45年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   13
〔特別講演〕
国際的視点からみた日本農業の将来 逸見謙三 15
第34号 昭和47年7月
昭和46年度九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   14
第35号 昭和48年7月
昭和47年度九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   15
〔総合〕九州農業の現状と技術開発の基本方向について
〔T〕経営的観点から 田中洋介 18
〔U〕水田作 喜多正次 21
〔V〕畑作 中馬克己 24
〔W〕野菜作 岡迫義孝 27
〔X〕果樹作 村松久雄 30
〔Y〕畜産 井辿 33
第36号 昭和49年7月
昭和48年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病虫害発生概況   15
〔総合発表会〕農業における環境保全問題
(1)農薬の現状と問題点 守谷茂雄 17
(2)除草剤の現状と問題点 宮原益次 20
(3)福岡県における重金属による土壌汚染の現状と問題点  土山健次郎 24
(4)カドミウムによる土壌汚染の現状と問題点 小野末太 28
(5)重金属などによる土壌汚染の現状と問題点 津野林士 31
(6)熊本県内農用地土壌の重金属含量および残留農薬に関する二,三の知見 宮内紀一 34
(7)総合討議 菅野一郎 37
第37号 昭和50年7月
昭和49年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病・虫害発生概況   16
〔総合発表会〕
家畜ふん尿処理の実態 白川繁 工藤信一 名和長圀 18
ふん尿処理技術の開発について 中林大治郎 22
ふん尿の酸化溝法処理と機械乾燥装置の開発について 森昭治 上原洋一 高椋久次郎 江崎正 田口清実 27
畜産排せつ物の大量耕地還元と地力 橋元秀教 31
家畜ふん尿の作物への施用について 吉浦昭二 34
家畜排せつ物(豚ぷん)の土壌による処理 鈴木喜代志 37
宮崎県内における硝酸塩中毒の実態 畠山澄雄 40
第38号 昭和51年7月
昭和50年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病・虫害発生概要   16
〔総合発表会〕
九州における水田高度利用の現況と将来方向 藤井定吉 19
水田高度利用における麦類栽培上の問題点 猪山純一郎 橋本昭彦 21
水田高度利用における飼料作物栽培上の問題点 池田定男 23
水田高度利用における野菜栽培上の問題点 古田勝己 25
水田高度利用のための基盤整備のあり方と問題点 岡晃 27
水田高度利用における経営上の問題点 川越義夫 29
総合討議 川崎勇 31
第39号 昭和52年7月
昭和51年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   13
〔総合発表会〕九州地域における施設野菜栽培の問題と改善方向
九州における施設栽培の動向 栗山尚志 1
基盤整備に伴う土壌管理 本多藤雄 3
施設野菜の合理的肥培管理 東隆夫 5
野菜の生態反応と環境制御 田中幸孝 7
施設野菜の主要病害とその対策 木曽皓 9
施設の高度利用体系における栽培技術 川崎重治 12
総合討議 栗山尚志 14
第40号 昭和53年7月
昭和52年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病害虫発生概況   13
〔総合発表会〕九州地域における気象と農業
九州地域の農業立地気候の特性 岸田恭允 1
南九州の気象条件下における養分動態と施肥 野口純隆 3
鹿児島県の主要病害虫と気象 原敬一 5
九州における稲・麦の気象災害 石丸治澄 7
九州における茶樹の気象災害 岡本信義 9
暖地農業における農業気象の利用 佐野洋 11
太陽熱利用と乾燥方式 小島勝次郎 13
総合討議 中澤秋雄 15
第41号 昭和54年7月
昭和53年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病虫害の発生概況   13
〔総合発表〕
九州における主要土壌の特性と土壌管理について 足立嗣雄 1
米麦一貫栽培体系下におけるわら類の利用について 井手一浩 3
水田施設野菜栽培における地下水位制御 南部美記雄 5
土壌線虫の耕種的防除法 古賀成司 7
ミカン園における除草剤連用園土壌の変化について 岩切徹 小野忠 中原美智男 甲斐秀昭 石橋信義 近藤栄造 9
有機質資材の分解過程からみた有効利用 小財伸 11
第42号 昭和55年7月
昭和54年(1979)九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病害虫の発生概況   9
〔総合発表〕
柑きつ経営の動向と品種選択上の経営的問題 平井徹哉 1
近年探索選抜された温州みかんの形質 中牟田拓史 3
九州地方で有望視される中、晩カン類とその問題点 奥代直巳 5
カンキツの高接更新における技術絶間題 下大迫三徳 7
カンキツの品種更新におけるウイルス病の諸問題 久原重松 9
第43号 昭和56年7月
昭和55年(1980)九州地域の気象と農作概況
昭和55年(1980)九州地域の気象   1
農作概況   5
病虫害の発生概況   15
〔総合発表〕九州地域における肉用牛飼養技術に関する諸問題
九州地域における肉用牛飼養技術の現状と問題 松永俊雄 1
草地畜産における肉用牛の飼養管理技術 −肉用牛の「生涯生産技術」体系を中心として− 滝本勇治 4
成形粗飼料利用による肉用牛集団哺育技術 菊池惇 平松森 浦上次男 7
肥育前期粗飼料多給による肉牛の肥育技術 吉村征彌 9
繁殖雌牛の栄養水準がその後の発育生産性に及ぼす影響 横山文泰 徳本清 頴川秀壱 臼杵直孝 長友邦男 井好利郎 黒木寛 11
繁殖牛の放牧管理 特に子牛の市場価格向上対策 橋爪義昭 13
粗飼科を中心とした肉用牛の飼養技術 安田三郎 15
第44号 昭和57年7月
昭和56年(1981)九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病虫害の発生概況   13
〔総合発表〕九州地域における施設野菜の省エネルギー対策
施設野菜の省エネルギー対策研究の現状と展望 新井和夫 1
種類・品種及び作型の変更による省エネルギー対策 田中正美 3
温度管理・環境複合制御による省エネルギー対策 田中幸孝 5
ハウス構造・被覆資材の改善・開発による省エネルギー技術 石田栄一 東郷弘之 7
地中熱交換方式による省エネルギー技術 佐野洋 9
地熱,地下水利用による省エネルギー技術の開発 小田原長治 11
第45号 昭和58年7月
昭和57年(1982)九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
〔総合発表〕暖地畑作をめぐる諸問題
暖地畑作の土地利用と生産力向上問題 杉本文三 1
山間高冷地畑作の土地利用と生産力向上問題 河野正 4
有機物施用による畑土壌生産力向上技術 宮沢数雄 6
暖地畑作における土壌病害防除技術 工藤和一 8
九州地域における線虫の被害と防除上の問題点 中園和年 10
暖地畑作付体系と生産力向上技術 岩田岩保 12
暖地畑作物の品種及び栽培法改善効果の例証 古明地通孝 15
第46号 昭和59年7月
1983年九州地域の気象と農作概況
1983年九州地域の気象   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
〔総合発表〕水田転作と過湿対策
転換畑の土壌水分管理 古賀汎 1
低平地重粘土水田地帯の排水方式 原喬 4
中粗粒質土過湿転換畑の排水方式 野口純隆 7
野菜導入のための地下水位制御 岩佐正利 10
飼料作物導入のための土壌管理 有村玄洋 13
転換畑大豆作における耕種的過湿対策 三善重信 16
第47号 昭和60年8月
1984年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫発生概況   13
〔総合発表〕 畑地農業における水利用技術
畑地かんがい地域における水利用の現況と間題点 福山正雄 1
野菜および普通作における水利用技術 野口純隆 4
茶樹栽培における水利用技術 古野鶴吉 7
畜産における水利用 道免勇 10
水利用による増収技術の確立と野菜産地化の一例 富山春吉 13
畑かん通水後の営農の変遷と現状および間題点 中辻盛男 16
コメント
農業経営視点から 杉本文三 19
畑の水利化 −農業土木的視点から− 根岸久雄 20
病害防除の視点から 工藤和一 21
土壌肥料視点から 小林義之 22
第48号 昭和61年8月
1985年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
〔総合発表会〕九州地域における最近の新技術
新しい作物品種
カンショ新品種「ベニハヤト」「シロユタカ」について 久木村久 吉田智彦 田渕尚一 小巻克巳 1
ダイズ新品種「トヨシロメ」について 大庭寅雄 5
サトウキビ新品種「NiF 4」,「NiF 5」 最上邦章 8
ギニアグラス新品種「ナツカゼ」 佐藤博保 11
小麦新品種「ニシカゼコムギ」 野中舜二 13
牛の受精卵移植技術 中嶋達彦 15
カンキツ園におけるオガクズ牛ふん厩肥の施用技術 岩本数人 18
生理活性物質による害虫防除 湯嶋健 21
水田主要雑草ウリカワ・スズメノヒエ類の防除 高林実 24
第49号 昭和62年8月
1986年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
〔総合発表会〕九州における水田生産力の向上対策
水稲収量の停滞要因と対策
栽培分野からみた停滞要因と対策 河内埜一之 1
土壌肥料分野からみた水稲収量停滞要因と対策 徳安雅行 4
病害虫分野からみた停滞要因 酒井久夫 7
気象要素からみた北部九州平坦地水稲の単収水準の低迷要因と対策 真鍋尚義 10
水田の汎用化と経営の展開
汎用化水田の整備技術 兼子健男 13
水田作経営の再編と経営の対応 田中基晴 16
コメント要旨   19
第50号 昭和63年8月
1987年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
〔総合発表会〕良品生産の技術開発の現状と展望
暖地バレイショの良品生産技術 片山克己 1
イチゴの品質向上技術 森下昌三 4
ミカンの良品生産技術 岸野功 7
茶の良品生産技術 龍野二郎 10
野菜類の流通技術 平野稔彦 松本明芳 山下純隆 茨木俊行 13
青果物の産地マーケティング 弓削勇吉 16
総合討論要旨   19
第51号 平成元年8月
1988年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
〔総合発表会〕九州地域における自給飼料を主とする低コスト肉用牛生産の展開
自給飼料の高位安定生産を可能とする作付体系 片岡健治 1
自給飼料の機械作業体系と生産費 恒吉利彦 4
自給飼料多給による肉用牛の飼養技術 寺田隆慶 7
繁殖肉用牛複合経営の展開と技術問題 尾崎正美 10
肉用牛経営の展開と一貫生産システムの展望 鈴木久栄 13
総合討論要旨   16
第52号 平成2年8月
1989年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
〔総合発表会〕九州における夏秋野菜の生産安定技術
葉根菜類の高温栽培における生育特性 山下正隆 1
夏秋野菜の病害防除技術 和泉勝一 4
夏秋野菜の虫害防除技術 河合章 7
夏秋野菜の土壌管理技術 林勝實 岩本保典 10
高標高地域における夏秋野菜の生産安定技術 安部章 13
中山間地域における夏秋野菜の生産安定技術 松尾良満 16
総合討論要旨   19
第53号 平成3年8月
1990年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
創立40周年記念講演会報告   17
第54号 平成4年8月
1991年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
総合発表会基調講演要旨「遺伝子農学を考える」   18
シンポジウムの概要   20
第55号 平成5年8月
1992年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
総合発表会基調講演要旨「国際化時代における果樹産業の将来展望と技術開発   18
シンポジウムの概要   21
第56号 平成6年6月
1993年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
総合発表会基調講演要旨「九州地域における水田農業の問題点と今後の方向」   18
シンポジウムの概要   21
第57号 平成7年5月
1994年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
総合発表会 基調講演要旨「生態系調和型の病害虫管理と生物農薬   18
シンポジウムの槻要   23
第58号 平成8年5月
1995年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
平成7年度九州地域農林水産業研究成果発表会「国際化時代に活路を拓く暖地畑地農業技術」
甘しょの新用途品種開発と利用について 山川理 19
甘しょの機械化一貫作業体系について 吉冨浩 23
リポキシゲナーゼ完全欠失大豆の開発と利用 須田郁夫 27
畑かん利用によるサトイモの高品質化について 富山一男 32
総合討論(パネルディスカッション)の概要 国際化時代に活路を拓く暖地畑地農業技術 中嶋紘一 36
第59号 平成9年5月
1996年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
平成8年度九州地域農林水産業研究成果発表会「環境保全型農業の総合的技術開発」
沖縄における赤土特性と流出防止技術について 山田一郎 17
サトウキビ作を中心にした“環境にやさしい高収益農業の確立と実証” 大城正市 23
イモゾウムシとアリモドキゾウムシの総合管理技術 安田慶次 28
農耕地における養分動態について 久保研一 36
総合討論(パネルディスカッション)の概要 伊藤信 42
第60号 平成10年5月
1997年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   6
病害虫の発生概況   15
平成9年度九州地域農林水産業研究成果発表会「九州地域における中山地域農業の展開方向」
中山間地域の活性化のための農業資源評価と土地利用区分 石田憲治 19
緑茶の品質向上と環境負荷低減のための肥培管理 烏山光昭 24
中山間地域における新生産技術をとり入れた複合経営の確立 藤田章一郎 30
夏秋どりトマト生産安定のための「もみがら耕」利用技術について 永瀬東雄 40
総合討論(パネルディスカッション)の概要 上原守一 46
第61号 平成11年5月
1998年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
平成10年度九州地域農林水産業研究成果発表会「明日の九州・沖縄農業を切り拓く省力・軽作業化技術」
九州における代かき同時土中点播等,水稲の省力湛水直播技術の開発 脇本賢三 19
傾斜地カンキツ園の園地改造による省力機械化生産技術 濱口壽幸 25
イチゴ超省力化生産システムの開発 伏原肇 31
セル成型苗を利用した根深ネギの機械化一貫作業体系 吉冨浩 37
総合討論(パネルディスカッション)の概要 明日の九州・沖縄農業を切り拓く省力・軽作業化技術 下坪訓次 42
第62号 平成12年5月
1999年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   14
平成11年度九州地域農林水産業研究成果発表会「耕畜連携による家畜ふん尿の処理・利用技術」−九州・沖縄の物質循環機能を高める−
1.乳牛ふんの堆肥化方式と堆肥のペレット化 薬師堂謙一 19
2.家畜ふん堆肥およびペレット化堆肥の農耕地への積極的利用 永田茂穂 25
3.発酵鶏ふん等家畜ふん堆肥の水稲への利用 山本富三 31
4.セルフクリーニング式オガコ養豚による汚水・悪臭の防止 伊禮判 36
5.紫外線・光触媒による脱臭 樋渡隆 40
総合討論(パネルディスカッション)の概要 耕蓄連携による家畜ふん尿の処理・利用技術 柴田正貴 45
第63号 平成13年5月
2000年の九州・沖縄地方の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫の発生概況   13
平成12年度九州地域農林水産業研究成果発表会 「地域振興のための農畜産物の高付加価値化技術」
1.「不知火(デコポン)」の安定および高品質生産のための付加価値増強技術 北園邦弥 17
2.酸素を利用して生成したグルコン酸を含むニンジンジュースの開発 馬場紀子 21
3.ビタミンA の適正制御による高品質牛肉生産技術の開発 赤峰正雄 25
4.健康機能性を活用した甘しょと大豆の高付加価値化 須田郁夫 29
創立50周年記念講演 「バイオが開く農業の新世紀」 宮田満 35
第64号 平成14年5月
2001年の九州沖縄地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
2001年の九州沖縄地域の気象概況 大場和彦 1
2001年の九州沖縄地域の農作概況 楠田宰 田谷省三 中澤芳則 松永亮一 氏原邦博 岩永喜裕 小野祐幸 武田善行 假屋堯由 萩野耕司 柿元一樹 5
2001年の九州沖縄地域の病害虫の発生概況 和田節 柏尾具俊 大平喜男 14
平成13年度九州沖縄地域農林水産業研究成果発表会
基調講演 「農業情報の分散共有と再統合」 木浦卓治 17
研究成果発表 「1.気象ロボットを活用した農業気象情報の提供とその利用」 漆間徹 21
研究成果発表 「2.地図情報を用いた営農計画支援システム」 馬場崎一俊 26
研究成果発表 「3.営農支援技術情報とその提供」 重富修 30
研究成果発表 「4.リモートセンシングによる乳牛の省力的・精密飼養管理技術」 古賀康弘 33
話題提供 「さまざまな対象に適用できる植物形状判別モデル」 生出真里 37
総合討論(パネルディスカッション)の概要 「農業分野におけるIT利用の成果と今後の展開」 松井重雄 41
第65号 平成15年5月
2002年の九州沖縄地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
2002年の九州沖縄地域の気象概況 大場和彦 1
2002年の九州沖縄地域の農作概況 楠田宰 田谷省三 中澤芳則 松永亮一 氏原邦博 岩永喜裕 小野祐幸 武田善行 假屋堯由 萩野耕司 5
2002年の九州沖縄地域の病害虫の発生概況 荒井治喜 西村範夫 伊藤伝 菅野紘男 柏尾具俊 大平喜男 14
平成14年度九州沖縄地域農林水産業研究成果発表会 テーマ:「農畜産物の需要拡大と産地競争力強化のための技術開発」
研究成果発表 1.梅雨前に収穫できる小麦品種「イワイノダイチ」の特性と栽培法 尾形武文 19
研究成果発表 2.地域振興に役立つ大豆品種の育成 松永亮一 22
研究成果発表 3.バヒアグラスとイタリアンライグラスの組み合わせによる周年放牧方式の確立 堀誠 26
研究成果発表 4.カンキツ産地の再編に向けて −非破壊選果データを活用した樹園地管理システムの開発− 鳥羽由紀子 岩坪友三郎 29
研究成果発表 5.機能性成分オーラプテンに富む食品素材「甘夏ミカン果皮ペースト」の開発 工藤康文 福田興次 千々岩義樹 島崎奈緒子 菅野道廣 白土英樹 33
研究成果発表 6.宮崎県における花き品種育成の取り組み 中村薫 37
研究成果発表 7.養液土耕および主枝垂直仕立てによる促成ナスの省力・軽作業化技術 井上恵子 42
総合討論(パネルディスカッション)の概要「農畜産物の需要拡大と産地競争力強化のための技術開発」 増渕隆一 平八重一之 47
第66号 平成16年5月
2003年の九州沖縄地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
2003年九州沖縄地域の気象概況 大場和彦 1
2003年九州沖縄地域の農作概況 森田敏 小田俊介 吉永優 中澤芳則 氏原邦博 岩永喜裕 小野祐幸 武田善行 假屋堯由 松岡秀道 5
2003年九州沖縄地域の病害虫の発生概況 秋田滋 和田節 柏尾具俊 大平喜男 13
平成15年度九州沖縄地域農林水産業研究成果発表会 テーマ:「食の安全・安心を目指して ―新鮮で美味しい安全・安心の九州沖縄ブランド農畜産物の開発―」
研究成果発表 1.「みやざき地鶏」のブランド化に向けた取り組み 新原文人 17
研究成果発表 2.安全安心な牛肉生産を目指した放牧肥育のこころみ 安高康幸 21
研究成果発表 3.成分調整堆肥を活用した地域特産作物の減・無化学肥料栽培 郡司掛則昭 27
研究成果発表 4.マンゴーの新作型と商品性向上技術 東明弘 31
研究成果発表 5.新しい病害虫管理の概念:EBC(Evidence Based Control)による減農薬防除体系の構築 ―カンキツとナシを中心として― 田代暢哉 井手洋一 納富麻子 衛藤友紀 35
研究成果発表 6.対抗植物を利用した畑作物の線虫害防止と輪作技術 持田秀之 41
研究成果発表 7.残留農薬を出荷前に検査できる分析技術 安藤孝 44
総合討論(パネルディスカッション)の概要 「食の安全・安心を目指して ―新鮮で美味しい安全・安心の九州沖縄ブランド農畜産物の開発―」 山川理 47
第67号 平成17年5月
2004年の九州沖縄地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
2004年の九州・沖縄地域の気象概況 大場和彦 1
2004年九州沖縄地域の農作概況 森田敏 小田俊介 吉永優 中澤芳則 氏原邦博 望月龍也 今田準 吉冨均 假屋堯由 松岡秀道 5
2004年九州沖縄地域の病害虫の発生概況 荒井治喜 西村範夫 秋田滋 菅野紘男 柏尾具俊 大平喜男 14