九州農業研究 第3号 昭和23年10月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル著者ページ
窒素の肥効期の相違が水稲の稈の強度に及ぼす影響嵐嘉一1
宮崎県に於ける稲作況表示と暴風被害に就て溝上卓爾3
栽植法の水田微気象に及ぼす影響横尾多美男 5
水稲の加里欠乏に及ぼす石灰加用の影響荻原種雄 千葉寛6
小麦,ライ麦間の交配結果に就て藤吉正記7
麦移植栽培に対する一考察松川正行10
貯蔵甘藷の生態について中川勝八11
防風墻の研究(U)鈴木C太郎14
麦作期間の気候変異 第1報佐藤正一15
円錐丘斜面の囁ロ栽培佐藤正一 五島憲秋17
バイラス罹病甘藷の塩素酸加里に対する抗毒性に就て(予報)權藤道夫 城戸典弘20
甘藷潰瘍病に就て西澤正洋20
椪柑の一生理的疾病について糸賀繁人22
ヴァイラス罹病植物葉に於ける“剛さの感じ”に就て(予報)道家剛三郎23
苧麻繊維細胞の分布並に発達に就て大河内秀樹25
酸性土壤地帯並に石灰岩土壤地帯に於ける雑草の群落生態学的研究(予報)C水正元27
馬鈴薯塊茎比重と形及び大きさとの関係並に品種別塊茎比重について緒方幹男29
蚕豆赤色斑点病被害調査法の一例 特に病斑数を中心として藤川隆30
〔特別講演〕
異種属間雑種における諸問題に就て永松土巳31