九州農業研究 第21号 昭和34年5月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル著者ページ
昭和33年度の九州地域気象と農作概況    1
裸麦新品種「ハヤジロハダカ」について桐山毅 吉富研一 小西猛朗 山下淳13
夏大豆新品種「コガネダイズ」について百島敏男 吉富進15
諫早地方における7.25水害の水稲被害対策試験並びに被害実態調査 第1報 水稲植替試験立石静男 陣野久好 藤山俊計17
諫早地方における7.25水害の水稲被害対策試験並びに被害実態調査 第2報現地における水稲の水害対策試験立石静男 木崎原千秋 宇土昭二 山田幸雄20
諫早地方における7.25水害の水稲被害対策試験並びに被害実態調査 第3報冠水日数被害並びに再生状況立石静男 木崎原千秋 宇土昭二 山田幸雄21
諫早地方における7.25水害の水稲被害対策試験並びに被害実態調査 第4報 耕種法と冠水被害との関係立石静男 木崎原千秋 宇土昭二 山田幸雄23
諫早地方における7.25水害の水稲被害対策試験並びに被害実態調査 第5報 代作物に関する試験立石静男 中馬克己 吉松進25
水稲に対する稲藁の効果川嶋次夫 藤浪明27
早期作水稲の萎縮病防除に関する研究糸賀繁人 原敬一 関谷昭二郎 堀切正俊29
暖地水稲の生育経過に関する肥料学的研究荻原種雄 西原典則 松井幹夫34
菜種の施肥法に関する研究(第1報)井上利志栄 鐘江寛 荻原種雄 下川博通37
菜種の不稔症に関する研究(第10報,第11報)土持綱男 川嶋次夫 匹田巌43
菜種における凍霜害による不稔と硼素欠乏による不稔との関係土持網男 川嶋次夫 鈴木喜代志45
昭和33年3月の寒凍害調査 第1報 麦の寒凍害田爪静夫 矢野昭市 山之口茂志 野崎国彦48
昭和33年3月の寒凍害調査 第2報 菜種の寒凍害田爪静夫 矢野昭市 山之口茂志 野崎国彦51
苧麻の霜害対策について吉岡昌二郎 野村个 松永弥七 宮越秀一53
暖地における秋作馬鈴薯に関する研究 第1報 変温と萠芽性(予報)宮本健太郎55
暖地における秋作馬鈴薯に関する研究 第2報 塩害と萠芽宮本健太郎 相川英雄 松下研二郎58
畦立方法, 敷藁がタバコの生育ならびに土壤侵蝕に及ぼす影響(予報)今村博美60
茶の葉脈さく葉作成法とその利用について讃井元 安間舜61
レモングラスの系統比較について大内山茂樹 松下哲朗62
暖地甜菜の生育と気温について大内山茂樹 上原勉63
亜麻採種のための播種期について吉岡昌二郎 宮越秀一65
甘蔗の生育, 登熟と雨量との関係大内山茂樹 酒匂三千夫 平井俊臣67
熊本県平坦部における秋大豆不作の原因とその対策(第3報)古谷義人 加藤拡69
夏大豆の播種期対栽植密度について田爪静夫 山之口茂志72
大豆同名品種の特性調査について工藤洋男 丸山恵三 池田稔 柏原正雄 下津盛昌74
畦巾を異にした裸麦と間作大豆の収量及びその相互関係について古谷義人 加藤拡76
豊前地帯における裸麦早生種の早播による出穂,成熟期と収量について名取利麿79
裸麦早生品種(系統)の早播適応性に関する試験桐山毅 小西猛朗82
裸麦品種の赤かび粒・雨害粒の発生についての2, 3の観察野田健児 茨木和典 江口末馬85
暖地麦圃除草剤としてのPCP野田健児 江口末馬 熊本司87
菜種直播栽培における除草剤CL-IPCの使用法について中村大四郎 中野正敏 古川定90
水稲早期栽培の胴割米に関する研究 第2報 発生機構及び品種間差異について土井健次郎 柿本茂満91
ビニル保温折衷苗代の効果高岡留吉 松本てつ士94
水稲の冷床式畑育苗に関する研究(予報)田尻竜彦 伊藤延久 江藤慶一 高岡留吉 小島敏夫96
水稲の灌漑に関する研究 第3報 晩期灌漑の増収効果の機構について瀬古秀生 波津久文芳99
早晩期栽培における水稲品種の生態的特性に関する研究 第3報 水稲主要品種の耐冷性について岡田正憲 西山寿101
ペカンの繁殖に関する研究 第1報大崎守 松尾平 飯田実103
柑橘の中間台木に関する研究 第2報 主要中間台木の果実の品質と苦土欠乏症の発現について中村寅吉 岩本数人 平田勲 高木重成106
カラタチ台高ショウポンカンにおける生育障害現象の解析 第1報 障害の様相および接着部の生態宮迫一郎 坂元三好109
さつまきこく(仮称)について宮迫一郎 石井正徳110
温州みかんの養分吸収量について岩本数人111
枇杷の寒害に関する研究(第3報)浜口克己 村松久雄 平野露治 池田丈助112
葡萄の摘心試験大崎守 横尾宗敬 河瀬憲次114
温州蜜柑の草生栽培に関する研究(第1報)江口浩116
パッションフルーツ(果物時計草)の利用に関する研究内藤信隆 金房和己 藤津卓三118
滲透殺虫剤の樹斡処理に関する研究 ナシアブラムシに対する実用性について宮原実120
柑橘潰瘍病に対する抗性物質の防除効果山本滋120
暖地における実エンドウの生育相について太田敏雄 米田英世121
ゴボウに関する研究飛高義雄 佐藤量一123
大根採種に関する研究小原赳 浅井繁利 田中幸孝125
ダイコンの自然交雑に関する調査松村正 錦原孝夫126
里芋の育種研究(第1報)小田原長治129
本邦キュウリのディルピックルについて藤枝国光 高田勝也130
玉葱の施肥に関する研究 第2報 苗床における燐酸の増施効果南川勝次 川崎重治 三好芳彦133
にんにくの低温処理に関する研究 第1報 感応性の品種間差異幸地一郎 松江喜三郎134
大分県における夏大豆の虫害について山下幸彦135
葱の花芽分化並びに抽苔に関する試験(予報)小原赳 近藤雄次 難波宏之136
2, 3の観葉植物に対する浸透殺虫剤の効果高田正純137
じゃがいもがの発育に及ぼす温度について樋口泰三 板山俊夫138
MH処理が貯蔵タバコ害虫に及ぼす影響河野昌弘 今村博美 岡野秋盛140
ダイメイチュウに対する各種農薬の防除効果糸賀繁人 堀切正俊141
九州タバコ産地におけるヤサイゾウムシの分布(第2報)津曲彦寿 田村光章 河野昌弘142
早期陸稲における三化螟虫第1化期の防除と土寄との関係鮫島徳造 永井清文 崎村弘144
ニカメイチュウ幼虫の精細胞の発育と蛹化との関係について橋爪文次 宮原和夫147
セジロウンカに対する各種農薬の殺卵効果糸賀繁人 関谷昭二郎148
Malathionの経時変化について宮原義雄 一丸政雄 山科裕郎149
EDBの薬害および効果範囲について岡野秋盛 田中勇151
ロダン酢酸エステル類(REE−200, REM200, REB−200)による稲線虫心枯罹病籾浸漬消毒試験田中伊之助152
南瓜べと病に関する研究(第7報) 分生胞子の生存力と寄性体上における越年後藤重喜 長友ミチ153
ダイコンモザイク病の種子伝染について西泰道154
大豆ねむり病の分生胞子の飛散状況と薬剤散布の方法小林研三156
藺冬紋枯病について松岡正則158
七島藺鼈甲病に関する研究 第10報 本病の発生と窒素肥料の形態との関係藤川隆 富来務 岡留善次郎159
ネコブセンチュウと併発するタバコ腰折病或は立枯病の防除について田中勇 岡野秋盛160
タバコのモザイク病総合防除成績II.(垂水町)津曲彦寿 田中勇 田村光章 林松雄 岡野秋盛161
小麦縞萎縮病の土壤伝染に関する研究 第1報 病土中の小麦残根の病原性深野弘 横山佐太正 吉田桂輔162
潮止め後の海面干拓地の塩分度濃度測定例山口英太郎 岡晃 村岡嘉邦165
簡易構造物の基礎山口英太郎 宮原吉秋 中村六史166
干拓地水田の減水深について(IV)−二期作水田の用水量−山口英太郎 永石義隆167
長崎県における水田土壤型について(第1報)高木睦夫 小野末太169
1957・7・25水害地土壤調査報告原田守雄 矢野網之171
冬作期間中における土壤成分の溶脱について(第1報)福永良一 下川博通173
火山灰土畑の深耕について松田方延 吉田栄一 長谷川満良 山崎芳信175
火山灰畑の深耕について日岳義満177
肥料適量試験跡地における施肥量による土壤の性質ならびに水稲の養分吸収量の差異斎藤文次 井ノ子昭夫181
水稲に対する粒状化成肥料の効果について(第2報)千葉寛 井手一浩 水町昭二郎 小林淳184
珪酸石灰の苗代施用効果について井田勝美 西村利幸 西山登186
陸稲早期栽培に対する窒素の分施について(第1報)大山金四郎 吉田徳重 小原秀雄 草水崇188
スルファミンサンアンモン(A.S.A)の毒性について大山金四郎 草水崇 吉田徳重 小原秀雄189
礬土質火山灰土壤における蛇紋岩過燐酸の小麦に対する肥効について大山金四郎 小原秀雄 草水崇 吉田徳重191
小麦に対するビウレットの毒性について大山金四郎 小原秀雄 草水崇 吉田徳重192
桜島大根に対する硼素施用効果に関する試験中園昭 小畑秀雄194
夏植甘蔗肥料3要素適量試験中島治己 大津純義197
タバコの各部位の塩素量について本田暢苗199
塩化物の加用が尿素のアンモニア化,硝酸化作用に及ぼす影響について小川実 蒲地純治200
傾斜地農業における小型耕耘機の利用について小山内懋 井手上孝 沢辺恵外雄202
水稲早期作跡地における飼料自給方式八木義隆204
バークシャー種とヨークシャー種の産仔交換哺育試験坂井穣 伊藤祐之206
褐毛和牛の肥えい能力に関する研究 (第3報)去勢牡牛の肥育試験(その2)黒肥地一郎 美濃貞治郎 木村貞夫208
ホルスタイン種の夏期における泌乳低下率岡本昌三 石井尚一210
ホルスタイン牝牛の飲水量に関する調査石井尚一 犬童幸人 粒崎鶴吉212
豚蛔虫に対するピペラジン系薬剤の効果(第2報)長野錬太郎 伊藤祐之215
草類の養豚飼料としての利用法に関する試験 第1報 甘藷蔓利用による豚の育成試験栗原武 今村照久216
澱粉粕の養豚飼料としての価値試験(第1, 2報)細山田文男 児玉重方218
甘藷の養豚飼料としての価値試験(第3, 4, 5報)細山田文男 児玉重方220
暖地におけるルタバガ栽培の一考察(第2報)児玉重方 細山田文男 重永隆222
暖地型飼料作物の導入に関する研究 第3報 ツル大豆の栽培について讃井芳胤 井手迫金一 木場俊彦227
飼料用甘藷の貯蔵法に関する試験満岡勝 甲斐光夫 内村忠道 足立照夫230
暖地における飼料用根菜類の貯蔵について原田角郎 福田辰夫231
サンマー・サイレーヂに関する研究八木俊一234
各種柑橘に接いだ温州の生育大崎守 岩佐俊吉237
枇杷の品質に関する調査浜口克己 村松久雄 神吉久遠 矢島邦康237
温州みかんの着色に関する試験村松久雄 岩元勇237
本邦イチゴ主産地のウイールス汚染について阿部定夫 山川邦夫237
トマトの裂果に関する研究(第2報)二井内清之 本多藤雄238
五寸人参の生態試験 五寸三寸人参の抽苔性とCarotene含量について勝又広太郎 神吉久遠 平地昭一238
タマネギの結球限界温度と品種間差異について阿部定夫 小川勉238
タマネギの採種に関する研究 第1報 種子の発育と発芽力との関係小川勉238
暖地におけるアイリス球根の養成について岡迫義孝 高八重一純239
つつじに関する研究 (第1報) 平戸ツツジ並びに近縁種における変異について(花部の形質)田村輝夫239
つつじに関する研究 (第2報)キリシマツツジの変異とその起源に関する考察阿部定夫 国重正昭239
九州地方におけるハクサイ輪点病について西沢正洋 西泰道 木村俊彦239
食用蓮に関する研究 第2報 蓮根腐敗病の防除に関する研究南川勝次 斉藤久男 西沢正洋240
ハダニ類の生態および防除に関する研究 (第2報)基本的発生型とそのひずみ田中学 井上晃一240
柑橘害虫の天敵に対する農薬の毒性(予報)松尾喜行 関道生240
ウスカワマイマイの生態と防除田中学 井上晃一240
七島藺鼈甲病に関する研究 第9報 接種方法に関する研究藤川隆 冨来務 岡留善次郎241
タバコ野火病の診断 II津曲彦寿241
昭和32年大分県における穂頸稲熱病の多発生について藤川隆 冨来務 岡留善次郎241
放射能標記農薬をもっての応用研究富沢長次郎 佐藤敏郎 山科裕郎 宮原義雄 久保博司241
仔豚のP32 turnoverについて今村照久242
稲藁敷料が育成仔豚の寄生虫感染に及ぼす影響長野錬太郎 伊藤祐之242
抄録