九州農業研究 第31号 昭和44年7月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル 著者 ページ
昭和43年九州地域の気象と農作概況
気象概況    1
農作概況    4
病・虫害発生概況    15
総会
九州中山間地帯の農業動向   木下幸孝 17
中山間地帯における農家の階層分化と農業経営方式変化の動向  溝部宏宣 20
山間高冷地帯水稲作における土壌および施肥上の問題点について  谷川渡 25
大分県の中山間地帯における水稲栽培上の問題点 品種ならびに生育相について   清松清高 後藤磨澄 加藤陽二 近藤信 28
宮崎県における山間高冷地稲作の現状と問題点  金川修造  31
山間高冷地水稲病害虫の諸問題への提言  小林研三  36
大分県高冷地におけるそ菜の作型と生産安定技術について  高倉志能 下原孫一 川住東雄  39
大分県の山間地帯における肉用牛の経営事例と放牧に関する若干の技術的問題点について  寺尾正二  42
〔水田作〕
亜鉛めっき工場廃水による作物の被害とその対策について 第1報 麦類の生育におよぼす石灰加用の効果  鶴内孝之 陣野久好  44
水田裏作イタリアンライグラスの栽培法について  藤原帝見 陣野久好  46
原種生産合理化に関する調査  高田克己 猪山純一郎  47
ヒヨクコムギ栽培特性調査試験  田崎正人 村上雅二 猪山純一郎  48
小麦新品種「ヒヨクコムギ」について  吉田美夫 鶴政夫 北原操一 桐山毅 福岡寿夫 吉富研一 井手義人  49
ヤケ麦に関する研究  猪山純一郎 高田克己  50
小麦のは種適期と作季の移動について  吉田美夫 北原操一 鶴政夫  51
年間におけるコムギ世代促進栽培の可能回数について  吉田美夫 鶴政夫 北原操一  53
大麦の収量性向上に関する研究 U 短強稈系統の播種法および肥料に対する反応について  桐山毅 前田浩敬 池田和彰  55
大麦の脱芒性ならびに脱粒性に関する研究 I.脱芒性ならびに脱粒性の検定方法について  桐山毅 前田浩敬 池田和彰  57
福岡県における小麦の省力機械化栽培について  井上利志栄 千蔵昭二 名取利磨 森山義一  59
水稲新品種「サツマモチ」について  岡田正憲 西山寿 本村弘美 甲斐俊二郎  61
水稲の生育相に関する調査研究 (I)ホウヨクの生育収量について 熊本司 百島敏男 吉富進  62
水稲の生育相に関する調査研究 (II)ホウヨクの乾物生産と登熟について  熊本司 百島敏男 吉富進  64
ホウヨク,シラヌイの品種間差異および収量予測について  松本てつ士  65
ホウヨクとシラヌイにおける乾物生産の差異について  和田学 中村公則  66
稚苗移植の初期冠水抵抗に関する試験  村山寿夫 工藤洋男 伊藤延久 佐々惟信  68
〔畑作〕
甘しょ近縁野生植物の育種利用についての2,3の事例  四方俊一 宮崎司  69
アッサム雑種の重要形質の早期検定に関する研究 (第1報)選抜個体とその栄養系(系比第13・14群)における諸形質の相関  松下繁 安間舜 鳥屋尾忠之 家弓実行 71
さとうきびに対するポリフイルムの被覆効果に関する研究 (第1報)春植における植付時期とポリフイルムの被覆効果について  江畑正之 相星勝美 中間洋征 下和田和雄 浦崎健一  73
さとうきびに対するポリフイルムの被覆効果に関する研究 (第2報)株出栽培における被覆時期と被覆日数について  江畑正之 相星勝美 中間洋征 浦崎健一 下和田和雄 橋口俊彦  75
さとうきびに対するポリフイルムの被覆効果に関する研究 (第3報)株出栽培におけるポリエチレンフイルムの被覆方法について  浦崎健一 下和田和雄  76
さとうきびの株出ほう芽性に関する研究 (第3報)排土の時期がほう芽・生育におよぼす影響  江畑正之 相星勝美 中間洋征  78
さとうきびを主軸にした作付体系について  下和田和雄 大重正一 石堂義之  79
甘しょに対する青刈えん麦のすき込み効果について  中甫木一夫 宮下茂樹  81
主要夏畑雑草の発生相と初期生育について  異儀田和典 岩田岩保  83
〔病・虫害部門〕
ナシ黒斑病の生態について (第1報)福岡における発病について  野口保弘  86
ほ場におけるイネ小粒菌核病菌の菌核数について  鬼木正臣 西沢正洋  89
イネ紋枯病菌のイに対する病原性について  鬼木正臣  90
普通期水稲における稲縞葉枯病の被害  高崎登美雄 野田政春 村田全  92
被害程度を異にする収量比較上の問題点  長江春季 寺中理明 木原清光  94
胡瓜疫病の薬剤防除について  藤川隆 冨来務 佐藤俊次  96
ナタネ菌核病に対するCNA剤散布の防除効果  長江春季 寺中理明 木原清光 篠田辰彦 藤井博  99
七島蘭鼈甲病に関する研究 (27報)本病の薬剤による防除効果  藤川隆 冨来務 佐藤俊次  101
稲わらの薬剤処理によるニカメイチュウ越冬世代幼虫の防除について  行徳直己 内田信義 柿原利行 村田全 吉村清一郎  103
農薬の微量散布によるニカメイチュウの防除試験について  宮原和夫 阿部恭洋  104
セジロ, トビイロウンカの色に対する反応  堀切正俊 深町三朗  107
直播栽培におけるウイルス病とその媒介昆虫の発生相について  小林研三 嶋田一明  109
稚苗移植栽培のウイルス病防除に関する研究 (第1報)MIPC水和剤ならびに粒剤の育苗箱施用によるウイルス病防除効果  豊田久蔵 吉村清一郎 古城斉一  110
数種殺虫剤の馬鈴薯のアブラムシ類とニジュウヤホシテントウムシに対する殺虫効力(1)  井上平  112
大分県におけるクリのキクイムシ類の発生状況について  野上隆史 中島三夫 安藤俊二  114
〔土壌・肥料〕
茶園における敷わら,深耕,塩基施用の効果 (第6報)根系におよぼす影響  前原三利 平田三千男 袴田勝弘 江崎進  115
茶園における敷わら,深耕,塩基施用の効果 (第7報)土壌理化学性におよぼす影響  前原三利 平田三千男 袴田勝弘 江崎進  117
土壌を異にする温州みかんの養分吸収について  清末哲男 綾森強  119
安水液肥へのホルマリン添加の影響 (I)大根,麦,稲の種子の発芽  志賀洋郎 120
安水液肥へのホルマリン添加の影響 (II)陸稲及び小麦に対する肥効 志賀洋郎  121
亜鉛メッキ工場廃水による作物の被害とその対策について (第2報)麦類の亜鉛吸収に及ぼす石灰施用の影響  矢野文夫 高木睦夫  122
ビニールハウス床土の電気伝導度,pH及び形態別窒素含量について  高木睦夫 小野末太 宮崎孝  124
南九州の黒色火山灰土壌畑におけるビール麦の品質と施肥について (第1報)窒素施肥と倒伏,品質,収量の相互関係  荒木浩一 草水崇 福田幸雄  125
ボタの農業利用に関する研究 (第3報)ボタの種類と牧草の生育について  松井幹夫 田中実  126
ポテンシャルを異にした水と養・水分吸収との関係  市來小太郎 湯村義男  127
火山灰土壌の改善に関する研究 (第1報)りん酸の多施用試験  西旨義 小原秀雄 松下研二郎  129
南九州における火山灰土壌の生産力について(ライシメーター試験) (第3報)滲透水に溶出する各種成分の濃度  藤島哲男 宇田川義夫 松下研二郎  130
筑後クリーク地帯の土壌 (第3報)深さ5mまでの硫化物の含量とその分布  松井正徳 土山健次郎 下川博通 久保田忠一  131
水田の土壌改良法試験  和田稔 福本勇 野中仙三郎  133
暖地水稲の多収施肥法に関する研究 (第5報)窒素施肥法と収量構成要素について  井手一浩 徳安雅行 下村忠夫 小林淳 135
暖地水稲多収施肥法に関する研究 (第6報)施肥法と倒伏について  井手一浩 徳安雅行 下村忠夫 小林淳 136
大分県におけるコラ類似層の分布とその特性について  津野林士 高田勝重  139
アルカリ性土壌における燐酸の肥効について  高木睦夫 五島一成 宮崎孝  140
〔園芸〕
クリ樹の凍害に関する研究 (第1報)施肥時期と凍害発生について  三島恭一 内原茂 仁志正己  142
クリの凍害防止に関する研究 (第1報)凍害と地形との関係について  緒方俊雄 柴茂 古原剛二 宮崎政善  143
クリの凍害防止に関する研究 (第2報)防寒材料と方法について  柴茂 緒方俊雄 吉野賢一 宮崎政善  144
カキの整枝せん定に関する研究 (第1報)主幹の取り扱い方法と干害程度について  森田彰 浜地文雄  145
柑橘果実の貯蔵に関する研究 (第2報)貯蔵温州ミカンの収穫適期について  稲葉一男 三池達弥  146
干ばつに伴う葉肉崩壊症の発現に関する研究  重岡開 磯部暁  147
みかん切枝中の水分の移行について  江原忠彰 江口浩  149
カンキツの色素に関する研究 (第4報)晩生カンキツの回青防止について  白石真一 栗山隆明  151
柑橘果実の人工催色法に関する研究 (第1報)早生温州の催色法について  稲葉一男 中村寅吉  153
温州ミカン浮皮防止に対するジベレリンの検討 (第2報)GA3の処理時期と果実の着色および貯蔵性について  長田一美 中野孝美 田中武人 山田博 154
ブドウ幼木に対するチッソ施用時期試験(予報)  長田一美 仁志正己 吉永信彦  155
ブドウの薬剤摘果に関する研究 (第1報)薬剤の探索  角利昭 浜地文雄  156
急傾斜地ミカン園の機械化に関する研究 (第1報)無人自操式運搬車の実用化について  河野通昭 諏訪三徳 水流洋  157
川野夏橙(甘夏)の苦味に関する調査  岩本数人  159
温州ミカンの摘果時果径と収穫時果径の関係について  野方俊秀 江口浩 江原忠彰 遠田春二 160
異常干ばつ後のマシン油乳剤散布がミカンの落葉および結果数におよぼす影響  西野敏勝  163
温州ミカンの収量予測について(果実肥大の推測)  岸野功  166
秋季の土壌水分が温州ミカンの品質ならびに翌年の開花結実に及ぼす影響  河崎佳寿夫 下郡嘉勝  167
そ菜の土壌生態に関する研究 (第2報)タマネギについて  南川勝次 川崎重治 斉藤久男 樋口忠良 三好芳彦  169
熱風式簡易暖房機の利用に関する研究 (第1報)熱風暖房機の保温内容 古田勝己 樫木邦昭  171
熱風式簡易暖房機の利用に関する研究 (第2報)加温方法と保温力  古田勝己 樫木邦昭  172
大型ビニールハウスの微気象について  神近牧男 竹前彬 岩永皓  173
水田裏作そ菜ハウスにおける土壌塩類の動態と生育障害  北島昂 東隆夫 古田勝己  175
昭和43年2月の風雪害による佐賀県のビニールハウス栽培の被害について 川崎重治 斉藤久男 樋口忠良  177
熊本市におけるカーネーションの実態調査 (第1報)施肥の実態と作柄について  東隆夫 蟹江定 兼武耕一郎  178
熊本市におけるカーネーションの実態調査 (第2報)土壌の化学性と根の分布について  東隆夫 蟹江定 兼武耕一郎  179
トマトの奇形果に関する研究 (第1報)温度と苗勢が奇形果の発現におよぼす影響  田中幸孝 近藤雄次  180
トマトに対する着果ホルモン剤の影響  難波宏之 吉武貞敏  182
暖地アスパラガスの収穫期の早進化について (第1報)保温育苗による無仮植栽培の生育経過  後藤道徳 江藤博六  183
カンランの直まき栽培と作型適応性について  川崎重治 三好芳彦 樋口忠良  185
屋久島におけるリンゴツバキの生態ならびに形態について  箕田中二  186
スイカの品質改善に関する研究 (第2報)輸送条件に関する研究  幾竹正実 河野清 北嶋秀臣 黒野誠六 188
有機塩素系農薬(PCBA剤・PCMN剤)のそ菜に対する影響について  幾竹正実 河野清 北嶋秀臣 黒野誠六 189
そ菜の雑草防除に関する研究 (第1報)タマネギの栽培条件と雑草の発生消長および優占雑草の変遷について  川崎重治 樋口忠良 三好芳彦  190
〔畜産・飼料作物〕
Pangola grass(Digitaria decumbens SENT.)の茎の貯蔵性と活着に関する調査 讃井芳胤  192
ダリスグラスpaspalum dilatatum poir.の種子稔性に及ぼす花粉の影響 (第1報)ダリスグラスの染色花粉率と植物生長剤添加培地における花粉発芽率 鶴見義朗 松本聡 寺田康道  193
青刈ダイズミールの飼料価値判定試験および実用化試験(中間成績)  日高操 川関巌 犬童幸人 沢田耕尚  195
バヒアグラスの刈取草丈別の収量及び草質の推移について  野中直喜 永田直二 宮崎和之  197
温度条件および刈り取り時期の差異がオーチャードグラスの貯蔵炭水化物におよぼす影響  丸岡詮 江柄勝雄 今堂国雄  199
南方型草地(ダリスグラス)に対する北方型イネ科草種追播に関する研究  野口義之 上田允祥  201
マメ科優先草地に対する北方型イネ科草種追播方法に関する研究  野口義之 上田允祥  203
山林野草地の植生と生産量の推移に関する調査  沢田耕尚 川関厳 犬童幸人 日高操  204
低水分グラスサイレージの調製成績  足利忠敬 小野田忠公 牧元広美 津曲博之  206
乳牛の耐暑性に関する調査研究  吉良元二 野田俊 玉ノ井宗誠  208
褐毛和種子牛の哺乳育成中の養分摂取に関する試験  拝高欣彌 岩見照也 重森正美 林明任 209
乳牛の可食限界に関する調査 (第1報)水分含量の異なるイタリアンライグラス(乾乳牛)  岡本昌三 向居彰夫 相井孝允 紺谷肇一 木脇一己  211
乳牛の可食限界に関する調査 (第2報)イタリアンライグラスサイレージとトールオート乾草(泌乳牛)  相井孝允 向居彰夫 岡本昌三 野見山敬一  212
飼料の給与回数が肉豚の発育やと体に及ぼす影響について  加藤哲明  214
飼料中へのゼオライト添加が豚に及ぼす影響について−特に発育及び糞尿処理効果について−  加藤正満 大津留公 中林大治郎 荒岳義 野田邦嗣  216
肉豚に対する生澱粉粕給与試験  松元計士 横山豪郎  217
産卵鶏のケージにおける複飼試験  永峰定栄 大西常夫  219
デンマーク式豚舎における肉豚の異品種混飼養について(第2報)  長野錬太郎 森淳 姫野健太郎  221
種豚の省力管理試験 −鼻環装着による競合防止ならびに放飼場の荒廃防止について−  野田邦嗣 大津留公 中林大治郎 加藤正満 荒岳義  223
種卵の薬液浸漬による孵化への影響に関する試験 金丸三郎 堀毛善明  224
〔農業機械〕
中・大型トラクタの代かき作業性能について  神屋静太郎 岡部正昭  226
たん水直まき栽培におけるコンバイン排稈処理と中型機械による耕うん代かき均平作業法に関する試験 南部美記雄 上田克己 永松哲也  227
水田における中大型ホイールトラクタの走行可能性の判定 −とくに旋回特性とその可能性について−  井上喬二郎 竹園尊 石原修二 甲斐俊二郎 鬼鞍豊  228
早期陸稲栽培の除草作業法について  山元英夫  230
樹脂板プラウの土じよう反転性能について  山元英夫  232
田植機用苗に関する試験  宝満利行 一木国雄 牧野厚  234
小型機械利用省力稲作作業体系の一考察  南部美記雄 永松哲也 上田克己  236
トラクター利用による甘しよつるサイレージの収穫調製作業について  増田治策 日野亮 高木文男 宮越秀一 芝宏道  238
バインダー・自脱型コンバインによる飼料用大麦の収穫作業について  中村哲也 井園九州男 日高仲夫  240
ビール麦の収かく, 乾燥に関する研究(II)収かくについて 楠原信行 池田稔 小島勝次郎  242
牧草の天日乾燥に関する研究(1)  松田昭美 増田治策 高木文男 鈴木義則 宮越秀一 芝宏道 井手上孝  244
〔農業経営〕
彼杵半島地域における和牛の飼養構造  森国男 松藤正伝  247
佐賀県における水田酪農経営の諸問題  藤崎斌  248
佐賀県酪農の経営的分析  八木義隆  249
水田酪農の労働構造とその問題点  平川考行 内田昭修  251
農業用大型機械の日作業調査  内田昭修 中島健吾  253
大型機械利用を前提とする所要労力分類方法の一考察  内田昭修  255
米麦作に関する大型機械作業体系の経営的評価  内田昭修  256
水稲乾田直播技術体系確立に関する研究 (第1報)営農的考察  橋爪直己 前田清吾 野中和弘  257
機械化作業体系の経営的効果の把握 機械化作業体系の実証試験を通して  中島恭司 堀川美万 布木岸男  260
畑作におけるトラクター共同利用の展開過程に関する一考察  下舞隆夫  262
九州稲作の生産性に関する考察 −佐賀・鹿児島県を対象として−  坂梨鷹元  264
柑橘作経営における規模拡大に関する調査研究  福田築 富田従道 松岡静富  265
みかん作の地区別収益性について  川越義夫  266
ハウスそ菜作付体系の経営的評価  長嶺広吉 矢野卯 尾崎正美  267