九州農業研究 第39号 昭和52年7月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル 著者 ページ
昭和51年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病・虫害発生概況   13
〔総合発表会〕九州地域における施設野菜栽培の問題と改善方向
九州における施設栽培の動向 栗山尚志 1
基盤整備に伴う土壌管理 本多藤雄 3
施設野菜の合理的肥培管理 東隆夫 5
野菜の生態反応と環境制御 田中幸孝 7
施設野菜の主要病害とその対策 木曽皓 9
施設の高度利用体系における栽培技術 川崎重治 12
総合討議 栗山尚志 14
〔作物部会〕
水稲新品種「ニシミノリ」について 岡田正憲 小野敏忠 西山壽 本村弘美 志村英二 甲斐俊二郎 和佐野喜久生 19
水稲新品種「コガネマサリ」について 内山田博士 西山壽 橘高昭雄 新村善弘 轟篤 衛藤信男 上野貞一 黒木雄幸 向井康 20
二条大麦新品種「カワホナミ」について 桐山毅 吉田智彦 佐々木昭博 田谷省三 前田浩敬 池田和彰 小西猛朗 21
小麦新品種「セトコムギ」について 野中舜二 田谷省三 荒木均 22
小麦における自然交雑の頻度 田谷省三 荒木均 野中舜二 24
系統用播種機の試作 吉田智彦 25
主要裸麦品種の赤かび病抵抗性 牛膓英夫 平井俊臣 26
麦類赤かび病抵抗性の簡易検定法に関する研究 (第1報)麦類赤かび病簡易検定施設の被覆材の選定 平井俊臣 牛膓英夫 27
腹白米の物理的特性について 吉富進 城島昇 雪竹照信 28
パイプライン方式による水田用水の多目的利用に関する試験 (第3報)ほ場条件の相異による用水の変化と液肥施用による生育収量について 三好芳彦 徳安義人 関正男 小柳芳郎 29
水稲の水管理に関する研究 (第8報) 透水処理時期が土壌ならびに水稲の生育・収量に及ぼす影響 梅木佳良 牧慧 江藤博六 鈴木喜代志 30
阿蘇谷基盤整備田生産安定対策試験について 西山台司 家入章 杉谷久任 田嶋修治 31
水稲の栽培型が品質に及ぼす影響 真鍋尚義 森山義一 坂田弘 菊池一幸 33
水稲機械移植栽培における育苗技術の安定化に関する研究 第2報 稚苗育苗における置床出芽及び苗形質の向上について 古城斉一 今林惣一郎 大隈光善 34
育苗資材としての籾がらの有効利用について 井手宏之 長尾學禧 35
麦の全面全層播栽培に関する研究 今林惣一郎 古城斉一 大隈光善 36
秋大豆の早期水稲中播について(予報) 江藤博六 梅木佳良 梶本明 38
落花生の晩播栽培における生産安定に関する研究 第1報 播種期と開花ならびに収量について 小代寛正 河野清 39
落花生の発芽障害並びに幼苗時における奇形症状について 第1報 品種間差異及び収穫時期の影響 梶本明 江藤博六 飯田正記 40
甘しょ”ミナミユタカ”の地域適応性と施肥反応について 梶本明 柿本茂満 中原浩二 41
ポリマルチの連用が作物の生育収量におよぼす影響 第1報 作物の組合せの差異と生育収量 梶本明 江藤博六 43
作期別イグサの生育相について 高尾武人 成清潔 45
ステビアの栽培法確立に関する研究 第2報 鹿児島県本土における栽培時期について 江畑正之 上妻道紀 47
暖地型イネ科牧草の分けつ構成解析 第3報 ダリスグラスの出葉・分けつと播種期の影響 宮下茂樹 加藤哲明 48
暖地のラッカセイにみられる出芽異常について 財津昌幸 井口武夫 朝日幸光 49
暖地におけるラッカセイ品種の生態的特性 第1報 形質間単相関関係 財津昌幸 井口武夫 50
〔病虫害部会〕 
(病害)
カンキツ黒腐病に関する研究 (第6報)防除薬剤と防除時期 小野公夫 52
佐賀県におけるベノミル耐性緑かび病菌の性質について 貞松光男 実松孝明 53
接木キュウリ,メロン,スイカ病害の2,3の知見について 木曽皓 手塚信夫 55
キュウリ果実法によるBotrytis cinerea等に対する薬剤効果検定法 手塚信夫 木曽皓 57
カボチャ・モザイク・ウイルス病の生態と防除に関する研究 第4報 ほ場栽培キュウリのアブラムシの寄生とモザイク病の発生 川越仁 海田春美 59
シソそうか病について 松田鋤男 60
ゴボウ根腐病に関する研究 第7報 石灰の施用と発病との関係 冨来務 藤川隆 佐藤俊次 安藤俊二 61
いもち病菌菌型に対する反応に基づいた九州地域のイネ品種の類別(2) 佐藤俊次 藤川隆 冨来務 安藤俊二 63
籾枯細菌病細菌によるイネ苗腐敗症について 吉村大三郎 植松勉 65
ムギ類黒節病病原菌ファージについて 菅正道 松崎正文 67
ステビアの病害について 新留伊俊 69
ジャガイモそうか病菌の接種条件と発病 孫工弥寿雄 喜多孝一 70
(虫害)
苗播栽培のイネ萎縮病の防除について 野上隆史 橋本昭彦 北内義弘 71
カメムシ類の生態ならびに防除に関する研究 (第4報)主要種の越冬条件 永井清文 野中耕次 73
春作ジャガイモにおけるニジュウヤホシテントウの薬剤防除時期 井上平 75
ヨトウムシの老令幼虫に対する有効な毒餌剤について 阿部恭洋 76
クリを加害するヒメグンバイの生態と防除 山本栄一 77
マシン油乳剤のミカン樹内における付着程度とヤノネカイガラムシに対する防除効果 大久保宣雄 78
果樹を加害するカメムシ類の生態に関する研究 (第1報)予察灯におけるチャバネアオカメムシの年次変動 宮原実 山田健一 行徳直己 80
サトイモに寄生するミナミネグサレセンチュウの防除について 第1報 種いもの浸漬処理 岩橋哲彦 81
湛水によるネコブセンチュウの防除について 小芦健良 高倉求 野口純隆 82
水利用による土壌線虫防除に関する研究 第3報 有機物投入とたん水処理に伴う微生物相の変動について 古賀成司 84
有機リン系農薬の環境汚染について 第1報 水面の有機リン系農薬の変動 堀克也 中路正紹 86
〔土壌肥料部会〕
カンキツ葉上におけるマンゼブの残留について 庄籠徹也 野口保弘 宮原実 松井幹夫 許斐健治 87
クロムによる水稲の生育阻害 (第1報)土壌中のクロム濃度と土壌条件 清末哲男 安倍世紀 88
水稲幼植物のひ素吸収について 宮崎芳郎 89
ひ素汚染水田土中における水稲の生育と各種溶媒による土壌中As量の時期別変化 有村玄洋 粟野博夫 90
根箱法によるひ素汚染水田土中における水稲のひ素害観察(第2報)水稲根の観察とひ素量の時期別変化 有村玄洋 粟野博夫 91
水田転換茶園における排水試験 神屋勇雄 坂田寿生 中村晋一郎 92
施設園芸ほ場の地下水排除法の開発 土壌養水分の動態と作物の生育収量について 村上義勝 三角正俊 93
草地における緩効性肥料の肥効について 浜崎和雄 古賀進 中畠吉直 94
草地に対する窒素,カリの施用割合に関する試験 古賀進 浜崎和雄 中畠吉直 95
重窒素(15N)利用による茶樹の窒素吸収について(予報) 石垣幸三 袴田勝弘 保科次雄 96
有機物が土壌の物理性におよぼす影響 (第1報)コンシステンシーとの関係 池田一徹 小柳芳郎 木原唯幸 田中茂雄 97
施設栽培における有機物施用に関する研究 (第1報)生育,養分吸収について 宇田川義夫 98
施設栽培における有機物施用に関する研究 (第2報)土壌の変化について 宇田川義夫 100
ミカン加工残渣の樹園地への還元 (第1報)石灰の添加量と土壌の理化学性 岩本数人 岡島量男 金川英明 101
ミカン加工残渣の樹園地への還元 (第2報)チッ素の無機化 金川英明 岩本数人 岡島量男 102
施設栽培の休かんを利用したソルゴーの栽培とそのすき込み効果 高倉求 野口純隆 103
脱水豚ふんの腐熟化について 小財伸 近野薫 104
暖地におけるもみがら堆肥の簡易製造法 補助資材の種類と量に関する試験 志賀洋郎 105
ツツジの生育障害に関する調査研究 第3報 ツツジの生育に対するMn,Fe,Caの影響(砂耕栽培) 中島征志郎 小野末太 106
佐賀県松浦台地に分布するおんじゃく 川崎弘 107
韓国湖南平野の退化塩土壌 足立嗣雄 108
パイプライン方式による水田用水の多目的利用に関する試験 第4報 液肥施用による水稲収量と跡地土壌中の液肥成分濃度分布について 小柳芳郎 関正男 木原唯幸 田中茂雄 池田一徹 田中信之 三好芳彦 109
暗きょの多目的利用のための現地試験(1) 岡晃 平川孝行 110
阿蘇カルデラ内の酸性硫酸塩土壌 改良後の水稲第1作の状況 古閑孝彦 111
水稲の栽培様式の相違と肥料窒素の吸収 徳安雅行 下村忠夫 井手勉 井手一浩 112
水稲の栽培様式の相違と土壌Ehの変化 徳安雅行 下村忠夫 井手勉 井手一浩 113
温州ミカンに対するチッ素施肥法に関する研究 第6報 落葉,落花(果)の波相とチッ素栄養について 林田至人 市來小太郎 114
Hydroxyaluminumの添加が土壌におよぼす影響 (第1報)土壌団粒化におよぼす影響 白石勝恵 115
強磁性鉱物の性質による火山降下物の同定 吉田澪 117
〔畜産部会〕    
バークシャーの系統造成試験 第1報 基礎豚および一世代豚について 松元計士 牧角一栄 永徳正孝 山下行哉 118
子豚の生時体重と発育との関係について 黒木柾博 甲斐勝利 佐藤勲 120
豚肉の肉質に関する研究 −品種別による豚肉質の理化学的性状− 坂井巧 大和碩哉 島富修 121
カルシウムおよび燐水準が肉豚の増体,飼料の利用性および骨の性状におよぼす影響 森淳 長野錬太郎 123
豚舎構造の違いによる肥育試験 第2報 夏期におけるケージ肥育試験について 大和碩哉 島富修 坂井巧 124
若雄豚の繁殖障害に関する研究 (I) 若雄豚の睾丸炎と日本脳炎の関係について 奥薗義美 西原広己 福元守衛 橋村兼次 上宮田正己 米丸清 125
採卵鶏の多羽数管理技術に関する試験 −育成期における飼料制限給与について− 佐藤忠夫 中西正士 池田公良 127
屋外飼養による肥育技術に関する試験 −濃厚飼料の定量給与と粗飼料の組み合せ− 黒木寛 横山文泰 長友邦男 井好利郎 128
乳用雌牛の泌乳能力検定に関する研究 (中間)簡易化および短期化について 賞雅哲 梶山浩 千葉昭弘 犬童政昭 129
乳用雌子牛の育成試験 (第二報)−栄養水準を変えて育成した場合の発育と経済性− 竹原誠 野見山敬一 増満洲市郎 深江義忠 130
不等間隔搾乳が牛体および泌乳に及ぼす影響に関する試験(第二報) 深江義忠 増満洲市郎 菅亨 須永武 国広英文 131
牛体散水が乳量および乳質等におよぼす効果 村田定信 足利忠敬 岩切徹夫 谷岩秀次郎 133
自然流下式牛舎に関する実態調査 名和長圀 白川繁 泉道雄 工藤信一 134
牛の硝酸塩中毒発症の一知見について 泉道雄 白川繁 工藤信一 名和長圀 135
オガクズ混合ふん尿の発酵に関する試験 井上尊尋 田口清実 森昭治 木村茂信 137
メロンのハウス栽培におけるミツバチの放飼について(第1報) 辻川義寿 吉武貞敏 大場支征 中村武 杉和博 138
飼料用トウモロコシ新品種「ヒュウガコーン」について 向井康 野崎国彦 高田康之 副島四郎 139
採草用暖地型一年生牧草の生育収量 −九州地域連絡試験の結果− 茨木和典 小山信明 140
極早生系イタリアンライグラスの適応性について 十川幸一 畠山澄雄 田村紘吉 142
シコクビエの品種特性について 露重美義 宝満正治 持留信雄 早崎東内 143
ソルガムの播種期について 上田允祥 川口俊春 野口義之 144
ソルガムの栽植密度と特性について 大石登志雄 上田允祥 川口俊春 野口義之 146
ヒエの栽培法 畠山澄雄 田村紘吉 十川幸一 147
暖地型牧草の刈取りと再生 黒江秀雄 折田安行 恒吉利彦 148
農電研式草量計によるバヒアグラス草地の現存量の推定 岡本恭二 手島道明 丸岡詮 149
サブクローバの導入試験 第3報 2年目における管理放牧による植生の変化 広津淳二 梅津頼三郎 150
暖地型牧草の放牧適応性調査 前川勇 福地稔 151
暖地型飼料作物の草種の差異が肉用牛の採食パターンにおよぼす影響 滝本勇治 黒肥地一郎 中西雄二 美濃貞治郎 152
暖地型牧草の窒素化合物と炭水化物の組成について 高木啓輔 153
飼料作物の硝酸塩簡易診断について 上田允祥 井手確 川口俊春 155
へイレージ取出し後の堆積日数が品種および若牝牛の採食性に与える影響 緒方良治 大脇精一 久松常男 156
サイレージ取出し省力化のためのプロピオン酸添加の効果 田村紘吉 畠山澄雄 十川幸一 158
タケノコ皮(ボイル)サイレージ調製試験 川口俊春 井手確 上田允祥 大石登志雄 福田誠実 159
〔農業機械部会〕
施設園芸ほ場の地下水排除の開発(第2報) 南部美紀雄 清原幸一 160
育苗用ペーパーポット土詰機の試作について 山本泰由 上田安徳 大庭寅雄 161
育苗用播種機の播種精度について 高木清継 中江克己 162
耐倒伏性を中心とした無代かきたん水直播栽培について 南部美記雄 永松哲也 163
もち米の乾燥について 中江克己 165
もち米乾燥に関する研究 馬場崎一俊 坂本五十夫 城島昇 樋口忠良 166
生いぐさからの乾燥技術に関する研究 第3報 乾燥過程の変温処理が畳表の品質に及ぼす影響 松井陽 田島富男 田中伸昭 167
いぐさ乾燥機の騒音防止について 田島富男 松井陽 田中伸昭 169
太陽熱利用による乾燥方式に関する研究 第3報 太陽熱の集熱法について 楠原信行 池田稔 小島勝次郎 前川弘 塚本正男 170
太陽熱利用による乾燥方式に関する研究 第4報 太陽熱利用による飼料作物の乾燥について 楠原信行 池田稔 小島勝次郎 前川弘 塚本正男 171
〔農業経営部会〕
和牛生産と牧野利用の展開 −長崎県小値賀島における事例− 月川雅夫 173
水稲乾田直播を中心とした水田二毛作における機械利用組織の一事例 八木義隆 175
ぶどう作経営の収益性 中島健吾 176
大型ガラス温室経営について 真鍋雅晴 177
施設やさいの品質管理 −スイカ栽培の灌水と地力維持 下舞隆夫 179
農山村における地域農業の形成と農協の市場対応 大分県下郷地区農業調査報告(1) 平川一郎 180
開拓地酪農の展開と条件 大分県下郷地区農業調査報告(2) 平川一郎 182
農山村における耕種農業展開の条件 大分県下郷地区農業調査報告(3) 八木宏典 183
耶馬渓地域における肉牛生産 大分県下郷地区農業調査報告(4) 布木岸男 184
〔園芸部会〕
(果樹)
カンキツ園の採光条件と生産性に関する研究 (第1報)密植園の間伐方法と日射量,品質との関係について 下大迫三徳 栗山隆明 和田洋之 中村新一 185
温州ミカン園機械化のための栽植方式と剪定方法について 下郡嘉勝 波多野洋 187
温州ミカンの後期摘果に関する試験 (第2報)摘果時期,葉果比が収穫果の品質と翌年の着花におよぼす影響 河野務 白石利雄 古野信雄 188
温州ミカンにおける果梗部果皮の異常肥大について (第2報)異常肥大果減少のための摘果に関する試験 江原忠彰 189
温州ミカンの品質に関する研究 (第17報)産地における品質変動の要因について 栗山隆明 白石真一 吉田守 191
カンキツ果実の時期別品質調査 吉永勝一 内田誠 河瀬憲次 192
カンキツの有機酸代謝に関する研究 第9報 地質のちがいが果汁および果肉中の酸含量に及ぼす影響 松本明芳 白石真一 松井正徳 田原繁寿 194
川野夏橙に関する研究 (第1報)川野夏橙の着葉着果相に関する試験 重岡開 上田実 三島恭一 195
川野夏橙の果実形質に関する研究 (第5報)採収適期について 山津憲治 197
ナツダイダイの高接ぎによる品種更新試験 高原利雄 奥代直巳 石内伝治 吉永勝一 七條寅之助 198
授粉によるバンペイユの結実性について 磯部暁 松田明治 200
早生温州のハウス栽培に関する研究 (第3報)被覆加温時期が熟期・品質に及ぼす影響について 諏訪三徳 徳留秀昭 201
温州ミカンの環状剥皮に関する研究 第2報 翌年の着花(果)および品質に及ぼす影響 時任俊広 迫田和好 202
ミカン園におけるスプリンクラーの多目的利用に関する研究 (第2報)樹冠間隔別薬液の付着度について 田久保美彦 江口浩 203
火山灰土壌におけるウンシュウミカンの栽培法に関する研究 第6報 土壌管理法のちがいと塩基の行動(処理開始後4年目) 和田稔 下郡嘉勝 波多野洋 204
脇山早生温州の特性について 中牟田拓史 江原忠彰 205
ビワのハウス栽培に関する研究 水流洋 藤崎満 206
ビワのさし木および取り木の時期について 橋本基之 一瀬至 208
晩生カンキツにおける低温遭遇後の貯蔵がす上がり発現に及ぼす影響 内田誠 吉永勝一 河瀬憲次 209
タンカン果実の着色に及ぼすエスレル散布の影響 秋月国憲 岩切接男 210
早生温州ミカンの収穫時期と貯蔵について 中村早苗 211
欧州向け温州ミカンの長距離低温輸送に関する研究 (第4報)冷凍コンテナーによる実送試験 栗山隆明 下大迫三徳 白石真一 吉田守 212
カキの汚損果防止に関する研究 (第7報)反射シートマルチの効果について 浜地文雄 森田彰 恒遠正彦 213
カキの汚損果防止に関する研究 (第8報)果実の大きさおよび後期肥大と発生 浜地文雄 恒遠正彦 森田彰 214
クリの風害に関する研究 (第2報)風速と雌花の損傷および母技の性状 古原剛二 柴茂 中尾茂夫 215
巨峰・ピオーネの無核果形成に及ぼすジベレリン処理の影響 川野信寿 姫野周二 緒方俊雄 216
(野菜・花き)
ユウガオのユウガオつる割病抵抗性品種育成に関する研究 第1報 抵抗性育種素材の検索に関する試験 松尾誠介 菅原祐幸 樋口忠良 219
ソラマメの分枝生態について 米田英世 221
冬どりタマネギに関する研究 第2報 冬季休眠性品種の結球に及ぼす日長と温度の影響 小川勉 松原徳行 223
タマネギの育種に関する研究 (第2報)無農薬栽培における貯蔵性と貯蔵病害について 松尾良満 225
施設キュウリの品質向上に関する研究 (第1報)収量構成ならびに形状・品質について 田中幸孝 高尾宗明 227
施設キュウリの摘心栽培に関する研究 (第5報)摘葉時期が収量におよぼす影響 野口敏治 利光泰郎 松原武彦 228
キュウリ技成型品種の栽培に関する研究 (第1報)半促成栽培における栽植密度と整枝法について 松原武彦 利光泰郎 野口敏治 229
抑制メロンの栽培法について 第2報 果の肥大増進効果 志茂正人 石田栄一 米田英世 230
半促成スイカの着果安定について (第2報)開花期における栽培環境要因と着果性について 北嶋秀臣 石田豊明 古田勝己 231
半促成スイカの着果安定について (第3報)着果安定に対する栽培改善について 北嶋秀臣 石田豊明 古田勝己 232
野菜育苗時の接触刺激による苗質改善試験 第1報 抑制トマトについて 川崎重治 斎藤久男 田中龍臣 233
育苗培地の違いと定植後の根鉢内の水分変化について 川崎重治 斎藤久男 田中龍臣 234
有機物導入による施設栽培土壌の地力増強に関する試験 各種有機資材の施用効果に関する試験 青木和年 中鶴功 宮内紀一 近野薫 嶋村政児 236
レタスのマルチ栽培における水分管理について 田中和夫 安井秀夫 本多藤雄 238
春まきゴボウのマルチ栽培に関する研究 富山一男 坂元義明 239
カボチャ台スイカの施肥について 野間史 高橋英生 津田安敬 241
ハウスキュウリの葉枯れ症とMgとの関係について 興津伸二 本多藤雄 243
ハウスキュウリの萎ちょう枯死症状と対策について 高橋英生 川越仁 白木己歳 244
プリンスメロンの果面汚点症に関する試験 果面への薬液噴霧が汚斑点の発生におよぼす影響について 鮫島国親 石田栄一 245
‘プリンスメロン’の品質向上に関する研究 (第3報)果実のガス代謝と品質及び障害発生 松田照男 本多藤雄 246
果菜類の物質生産に関する研究 (第12報)イチゴ“福羽”におけるウイルスのり病程度と光合成 新井和夫 高橋和彦 佐藤紀男 大木孝之 247
イチゴ根腐萎ちょう症防止に関する研究 第1報 土壌消毒効果 小川勉 坂本敏嗣 248
イチゴの根腐萎ちょう症発生防止に関する研究 (第1報)クルミネグサレセンチュウの防除効果について 吉武貞敏 大場支征 250
トマトの空どう果防止に関する研究 (第1報)生育環境が空どう果の発生に及ぼす影響 高尾宗明 田中幸孝 251
施設栽培ナスの不良果の発生要因について 室園正敏 近藤雄次 252
サトイモ芽つぶれ症の解明と対策に関する研究 宮路龍典 白沢禾雄 253
タカナのふちぐされ症について 中島靖之 堤定夫 255
カーネーションの光合成に関する研究 田中政信 田中誠 256
温室カーネーション栽培における細霧法の利用について 佐野洋 高八重一純 平木永二 257
シクラメンの培地に関する研究 (第2報)乾燥牛ふんの配合割合と施肥量について 永田秀夫 蟹江定 258
アイリスの球根養成中における開花防止について 高八重一純 259
テッポウユリの再出芽発生に関する研究 (第1報)発育過程における再出芽の発生 松川時晴 吉田徹生 吉田博美 中村新一 261
テッポウユリの再出芽発生に関する研究 (第2報)再出芽の発生に及ぼす栽培条件の影響 松川時晴 吉田徹生 吉田博美 中村新一 262
テッポウユリのSummer Sproutingに関する研究 (第2報)覆土の厚さとSummer sproutingの形成について 小林正芳 263
リンドウの栽培に関する試験 根株の利用年限について 西村和明 豆塚茂実 川田計 264
施設花きの発育段階別温度の設定に関する研究 (第1報)電照ギクおよびポット・マムの生育・開花ならびに白さび病の発病におよぼす夜温の影響 松川時晴 柏木征夫 小林泰生 265
電照ギク栽培におけるコーティング肥料の実用性について 柏木征夫 266
促成夏ギクの発育相と温度 (第1報)夜温の設定と生育・開花に関する試験 西村和明 豆塚茂実 後藤利幸 267