九州農業研究 第41号 昭和54年7月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル 著者 ページ
昭和53年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   4
病虫害の発生概況   13
〔総合発表〕
九州における主要土壌の特性と土壌管理について 足立嗣雄 1
米麦一貫栽培体系下におけるわら類の利用について 井手一浩 3
水田施設野菜栽培における地下水位制御 南部美記雄 5
土壌線虫の耕種的防除法 古賀成司 7
ミカン園における除草剤連用園土壌の変化について 岩切徹 小野忠 中原美智男 甲斐秀昭 石橋信義 近藤栄造 9
有機質資材の分解過程からみた有効利用 小財伸 11
〔作物部会〕
水稲新品種「カツラワセ」について 岩下友記 町田道正 山川恵久 土井修 松元幸男 上原裕美 新屋明 13
水稲新品種「ウルマモチ」について 岩下友記 町田道正 山川恵久 土井修 松元幸男 上原裕美 新屋明 15
水稲新品種「宮崎もち」について 内山田博士 西山壽 新村善弘 轟篤 黒木雄幸 上野貞一 衛藤信男 本部裕朗 17
水稲新品種「みやにしき」について 内山田博士 西山壽 新村幸弘 轟篤 黒木雄幸 上野貞一 衛藤信男 本部裕朗 19
水稲早期栽培用新品種「みやにしき」の安定栽培法について 第1報 生育特性から見た安定栽培法 坂本真一 梅木佳良 梶本明 21
熊本県における銘柄米育成品種「ミナミニシキ」の栽培について 第1報 地域性からみた品種特性 岡村康博 坂井定義 伊藤延久 22
熊本県における銘柄米育成品種「ミナミニシキ」の栽培について 第2報 収量性と施肥法について 坂井定義 伊藤延久 岡村康博 23
水稲の刈取時期の差と玄米品質の品種間差異 志村英二 比嘉久重 小野敏忠 24
播種期の差による品種の出穂反応 本村弘美 小野敏忠 三好芳彦 25
九州地域水稲品種のいもち病抵抗性の実態調査 第1報 1977年のいもち病菌型分布 井辺時雄 志村英二 小野敏忠 松本省平 26
水稲品種群のいもち検定の結果から 松本てつ士 27
水稲機械移植栽培における育苗技術の安定化に関する研究 第3報 山土を床土とした場合のpH矯正について 大隈光善 今林惣一郎 木崎原千秋 森山義一 28
山間高冷地帯における水稲機械移植栽培の実態 村山寿夫 芹口昭男 29
ギチ土の改良法と水稲・小麦の栽培 矢野雅彦 千蔵昭二 原田皓二 下川博通 30
小麦新品種「アサカゼコムギ」について 野中舜二 田谷省三 荒木均 吉田美夫 北原操一 鶴政夫 牛膓英夫 31
秋播型早生小麦品種育成の可能性 荒木均 田谷省三 野中舜二 32
累年成績による早生小麦の特性比較 田谷省三 33
並性六条大麦の栽培特性と収量性について 佐々木昭博 吉田智彦 34
夏まき年内どり麦種子のとり播栽培について −種子の休眠とジベレリン処理の影響,ならびに生育・収量について− 村社久米夫 江藤博六 梶本明 梅木佳良 35
夏まき栽培した大麦の品種間差について 柏尾俊光 吉田智彦 佐々木昭博 36
夏まき大麦の不稔発生について 吉田智彦 佐々木昭博 柏尾俊光 37
稲間散播による大麦栽培および不耕起栽培での土壌物理性について 吉田智彦 大塚紘雄 38
麦類赤かび病抵抗性の簡易検定法に関する研究 第3報 小麦赤かび病抵抗性検定における菌接種時期について 平井俊臣 牛膓英夫 柏尾俊光 39
麦類の貯穀害虫の省力的な防除法 鶴政夫 40
福岡県の豊前築上地域に発生した大麦縞萎縮病について 長尾學禧 井手宏之 門田善士 提義博 正野俊郎 筒井政弘 41
土壌の種類が畑作物の生育・収量に及ぼす影響 第1報 ラッカセイについて 井口武夫 沢畑秀 財津昌幸 42
土壌の種類が畑作物の生育・収量に及ぼす影響 第2報 秋ダイズについて 朝日幸光 井口武夫 財津昌幸 43
大豆畑におけるカメムシ類の飛来状況と被害の実態 原正紀 大庭寅雄 44
かんしょの皮色変異と選抜について 丸峯正吉 坂本敏 45
かんしょの肉色変異と選抜について 丸峯正吉 坂本敏 46
かんしょのネコブセンチュウ抵抗性品種の選抜について 丸峯正吉 坂本敏 47
かんしょのネグサレセンチュウ抵抗性品種の選抜について 丸峯正吉 坂本敏 48
かんしょの葉巻症状に関する研究 第1報 葉巻症状の世代感染と温湯および温度処理の影響について 井手義人 坂本敏 49
かんしょ種子播栽培における栽植密度試験 山川理 坂本敏 50
かんしょ実生におけるペーパーポット栽培試験 山川理 坂本敏 51
かんしょ近縁野生種の線虫抵抗性と育種利用について 坂本敏 52
食用甘しょの大量地下貯蔵法(2) 食用甘しょの貯蔵中の成分変化 梶本明 中村信夫 竹前彬 江藤博六 53
蓄熱チューブ利用による冬作バレイショ栽培について 平木永二 佐野洋 竹前彬 54
ばれいしょの生育と皮むけ 石橋祐二 鶴内孝之 陣野久好 55
イグサ八月苗(秋苗)の植付時期について 高尾武人 成清潔 56
作期別イグサの形態性状について 第1報 作期別イグサの出芽時期と性状 住吉強 田中忠興 中村駿 成清潔 57
イグサの時期別発生茎数の経過と他の形質との関係について 松本てつ士 58
さとうきび品種Ni1およびNCo310の光合成特性 細田久 朝日幸光 井口武夫 59
ステビアの栽培法確立に関する研究 第3報 生育経過と成分の推移について 上妻道紀 江畑正之 60
ステビアの栽培法確立に関する研究 第4報 定植時の苗の大きさについて 上妻道紀 江畑正之 61
〔病虫害部会〕
(病害)
薩摩半島南部に発生した茶の細菌性病害について 野中寿之 植原一雄 荒井啓 62
大分県におけるベノミル耐性キュウリ灰色かび病の発生とスミレックス剤の効果 佐藤俊次 藤川隆 冨来務 安藤俊二 63
レタスほ場における灰色かび病菌のチオファネートメチル剤耐性病株の発生について 田村逸美 野村良邦 木曽皓 64
サツマイモ紫紋羽病の薬剤防除法について 岩橋哲彦 岡田大 山口慎一 65
カボチャ・モザイク・ウイルスによるネット型メロンの急性萎ちょうに関する2,3の知見 木曽皓 野村良邦 66
TMV弱毒ウイルス(L11A)の純化と接種源としての実用化について 野村良邦 小坪修一 木曽皓 67
福岡県に発生したフキ半身萎ちょう病について 野村良邦 木曽皓 田中澄人 68
Aphanomyces属菌によるエンドウ病害の発生について 松田鋤男 和泉勝一 69
ゴボウ根腐病に関する研究 第10報 病原菌と温度の関係(その2) 冨来務 藤川隆 佐藤俊次 安藤俊二 70
オオムギ裸黒穂病に対する薬剤による種子消毒の効果 安藤俊二 藤川隆 冨来務 佐藤俊次 挾間渉 71
イタリアンライグラスいもち病の宮崎県における発生 岡田大 後藤重喜 72
(虫害)
ツマグロヨコバイの水稲育苗期間中における耕種的防除対策 野中耕次 田原誠 永井清文 73
トビイロウンカのほ場における季節発生消長の予察法について 深町三朗 74
大分県におけるニカメイガの発生動向 野上隆史 北内義弘 中島三夫 75
ジャガイモ品種シマバラのウイルスYによるモザイク病の一防除法 井上平 76
ゴボウを加害するトビイロヒョウタンゾウの薬剤防除試験 牧野晋 堀切正俊 深町三朗 上忠衛 押川幹夫 牟田辰朗 77
シクラメンホコリダニの寄生植物と薬剤の防除効果について 堀切正俊 79
ハスモンヨトウフェロモントラップのトラップ間隔と誘殺数との関係 宮原義雄 80
鹿児島県の主要植物寄生性線虫について 小芦健良 81
〔土壌肥料部会〕
稚苗箱育苗における高濃度塩水のかん水が及ぼす影響について 山本富三 竹藤賢次郎 82
機械移植水稲の施肥法に関する研究 第3報 施肥時期の異なる窒素肥料の吸収経過 徳安雅行 下村忠夫 井出勉 83
きゅう肥多施用水田における土壌と水稲の養分吸収特性について 第2報 上村幸廣 宇田川義夫 84
移植水田における中耕および作溝の効果 徳安雅行 下村忠夫 井手勉 85
いぐさ地帯の水稲栽培の実態について 第1報 丸野義彦 村上義勝 86
水稲の収量性に及ぼす有機物の効果 第1報 麦稈施用効果について 脇本賢三 清野馨 87
水稲の栽培法の相違が土壌の理化学性に及ぼす影響 第1報 耕起乾直田と稚苗移植田 池田一徹 89
野菜畑土壌の理化学性及び生物性について 早田隆典 矢野文夫 90
粘質傾斜畑における地力変動調査 永尾嘉孝 矢野文夫 西山登 91
有機物(豚ふん)施用における火山灰畑土壌の養分収支 (ライシメーター試験) 吉浦昭二 北崎佳範 大塚愼二郎 92
都城盆地土壌の地力維持に関する研究 第2報 粗大有機物の形態の違いが作物生育に及ぼす影響(その1) 小濱節雄 大嶋秀雄 93
暖地における家蓄排せつ物の多用に関する土壌肥料学的研究 第7報 生牛ふんの連用が飼料作物に及ぼす影響 草水崇 田辺市郎 宮下茂樹 94
草地に対する液状厩肥の施用効果について 中畠吉直 浜崎和雄 古賀進 矢野利彦 96
ミカン加工残渣の樹園地への還元 第3報 クリへの施用試験 金川英明 岩本数人 岡島量男 98
育苗用培地素材としてのモミガラの利用 伊東嘉明 松井正徳 99
露地野菜に対する溶性カリ肥料の施用効果について 嶋村政児 近野薫 100
クロールピクリンによる消毒が土壌の硝酸化成能に及ぼす影響について 渡辺弘道 久保研一 小財伸 101
温州ミカン園,茶園両土壌中のミミズ類生息数,排泄物の微細形態および化学的性質 有村玄洋 岩下徹 新名義文 102
阿蘇の土地利用に及ぼす地質的影響 早川康夫 104
イグサ染色排液の脱色に関する研究 中村駿 田中忠興 住吉強 105
茶園土壌における最適N濃度について 第1報 N濃度に対する各茶期の感応 烏山光昭 藤嶋哲男 松元順 106
尿素散布による茶葉中の窒素化合物への15Nの取り込み 保科次雄 香西修治 本荘吉男 石垣幸三 107
夏茶に対する葉面散布剤の効果について 香西修治 保科次雄 本荘吉男 石垣幸三 108
ばれいしょ連作地の土壌管理の実態 矢野文夫 永尾嘉孝 早田隆典 109
馬れいしょのそうか病抵抗性要因に関する調査 第2報 塊茎肥大に伴う糖含量及び組成の変化 五島一成 坂本耕一 宮崎孝 直田朝子 111
〔畜産部会〕
(家畜)
種豚の選抜法に関する試験 (ロース断面積および背脂肪厚の経時的推移に関する調査) 村上忠勝 穴井昭三 赤星達正 112
育成豚の食塩要求量 森淳 長野錬太郎 113
豚肉の肉質に関する試験 −発育速度が肉質に及ぼす影響− 島富修 大和碩哉 坂井功 114
豚のPSE筋の発生要因と予防法確立試験 第1報 ストレス付加による発生の頻度とと殺後におけるpH値の経時的変化について 穴井昭三 村上忠勝 赤星達正 115
ハロセン・テストによる豚のPSSの調査 長野錬太郎 森淳 116
ロイコチトゾーン症予防に関する試験 宮園歴造 真鳥清 池尾辰馬 竹下正興 117
メロンのハウス栽培におけるミツバチの放飼について(第2報) 辻川義寿 川口俊春 古賀儀保 吉武貞敏 大場支征 今村幾久雄 栗春健六 秋永憲一 118
性腺刺激ホルモン放出ホルモン(LH−RH)投与による分娩後の受胎促進に関する実証研究 吉村征彌 森崎征夫 原山佑 赤星達正 119
肥育前期生草多給による仕上げ月齢別肥育試験 圓山繁 松本道夫 岩下秀逸 吉村征弥 赤星達正 井辿 120
肥育飼料の自給度向上に関する試験 麦類サイレージ利用による若令去勢牛長期肥育 菊地惇 永渕太洋 平瀬一博 122
暖地高原草地における放牧を主体とした肉用牛の集団生産技術組立試験 第1報 集団管理下における肉用牛の生産性向上と省力技術体系 鳴川成清 竹下有之 大滝典雄 那須利八 家入信義 恒松正明 123
牛舎冷房の実態調査 向居彰夫 柴田正貴 新田宗博 125
乳牛における大麦ホールクロップサイレージ給与試験 (2)熟期の違いが採食性,産乳性に及ぼす影響 深江義忠 増満洲市郎 川口俊春 井手確 126
グレインソルガムサイレージの飼料価値 第3報 生育ステージと乳牛の採食量 武田功 日高操 澤田耕尚 甲斐光夫 128
飼料用トウモロコシとソルガムのサイレージにおける飼料価値の比較 武田功 澤田耕尚 日高操 甲斐光夫 129
高水分サイレージの取出し後の放置日数が品質に及ぼす影響 横山三千男 大脇精一 130
乳牛飼料としての大根茎葉の利用について −大根茎葉サイレージの一調査事例− 恁ウ敏己 西部慎三 131
ミカンジュース粕乾燥粉末添加が高水分,高蛋白,低炭水化物材料サイレージの品質に及ぼす影響 崎田昭三 野中直喜 三好祐二 山下恒由 132
各種サイレージ調製に関する試験 生ビール粕サイレージ調製試験 川口俊春 井手確 津留崎正信 上田允祥 大石登志雄 133
乳牛ふん尿のスラリー曝気処理事例 井上尊尋 森昭治 山田宏之 134
家畜排せつ物の処理・利用に関する試験 (1)破砕モミガラ敷料による家畜ふん尿処理試験 伊東芳夫 下平秀丸 土井克彦 135
分離型豚舎におけるふん尿の発酵乾燥による処理事例 田口清実 森昭治 136
大久保農協汚水処理施設実態調査 名和長圀 白川繁 泉道雄 工藤信一 137
(草地・飼料作)
作型別イタリアンライグラスの品種比較 田村紘吉 畠山澄雄 十川幸一 138
サイレージ利用のための夏播き麦の栽培法(予報) 畠山澄雄 田村紘吉 十川幸一 139
乾草の大量調製と流通化のための生産技術確立試験 第3報 予乾牧草の乾燥法と作付体系 十川幸一 畠山澄雄 田村紘吉 140
飼料作物に対する未熟厩肥の多量連用試験 第1報 10年目の収量の推移について 恁ウ敏己 満岡勝 甲斐光夫 井手上孝 141
飼料作物に対する未熟厩肥の多量連用試験 第2報 多量施用の収量に及ぼす残効について 恁ウ敏己 満岡勝 甲斐光夫 井手上孝 142
飼料用トウモロコシの倒状について 栽植密度と倒状 甲斐光夫 澤田耕尚 武田功 143
暖地型牧草の温度反応に関する研究 1)初期生育の温度反応 小山信明 茨木和典 徳永初彦 145
暖地型牧草の日長反応に関する研究 第3報 ローズグラスの日長反応について 大山一夫 146
暖地型牧草の特性に関する研究 第5報 生産構造について 大山一夫 佐藤博保 147
ベイジーグラスの耕地内栽培利用法(予報) 徳永初彦 茨木和典 小山信明 148
自生種子利用によるオオクサキビの栽培法 1)オオクサキビの休眠と発芽 小山信明 茨木和典 徳永初彦 149
自生種子利用によるオオクサキビの栽培法 2)自生種子の出芽時期と生育収量 徳永初彦 茨木和典 小山信明 150
乾熱処理によるオオクサキビの休眠打破 大山一夫 151
ローズグラスの種子生産に関する研究 4)品種間差と関連形質の遺伝力 佐藤博保 大山一夫 152
ローズグラスの種子生産に関する研究 第5報 花粉の発達経過と染色体 中川仁・佐藤博保 153
桜島降灰が飼料作物の生育に及ぼす影響 黒江秀雄 折田安行 原田満弘 恒吉利彦 154
暖地型牧草の乾燥速度について 大石登志雄 上田允祥 川口俊春 155
通風乾燥施設利用による乾草の品質 イタリアンライグラス1番刈乾草について 武田功 澤田耕尚 甲斐光夫 日高操 156
トールフェスクにおける乾物消化率の簡易検定方法の検討 中嶋紘一 鶴見義朗 吉山武敏 157
熊本県大矢野島の草地開発に対する地質的考察 早川康夫 茨木和典 159
草地に表面播種された牧草種子及びその幼苗の昆虫類による食害について 岡本恭二 手島道明 160
スズメノヒエが寒地型牧草地における生産量とその時期的変化に及ぼす影響 手島道明 岡本恭二 丸岡詮 161
牧草地に侵入したエゾノギシギシに対する,除草剤DBN6.7%の使用量試験 大滝典雄 那須利八 石坂浄治 162
急傾斜地における不耕起造成法試験 第1報 殺草火入直播による造成と利用について 那須利八 大滝典雄 恒松正明 竹下有之 163
暖地高原草地における放牧を主体とした肉用牛の集団生産技術組立試験 第1報 ASPによる放牧期間の延長について 那須利八 大滝典雄 竹下有之 鳴川成清 家人信義 恒松正明 164
〔農業機械部会〕
ロータリ装着用小型簡易暗キョ掘削機の試作研究 藤井秀明 木崎原千秋 大迫貞雄 平井保則 166
小型簡易暗キョ掘削機の試作研究 −弾丸体のシャンク刃への取付位置とシャンク刃の検討− 藤井秀明 平井保則 167
振動式弾丸暗キョ施工機の牽引抵抗について 馬場崎一俊 坂本五十夫 168
代かき水深が長わらのすき込みに及ぼす影響について 高木清継 中江克己 甲斐俊二郎 170
さとうきび栽培における耕うん整地用作業機の試作 第1報 畦立機マーカの手動切換装置について 山田清道 伊地知弘一郎 吉田博哉 171
パッカーシーダの性能と問題点 山内敏雄 芝宏道 西田初生 高木文男 172
ペーパーポット用小粒は種機の開発 南部美記雄 清原幸一 173
粒剤散布器の使用法 岡部正昭 大迫貞雄 山中正博 174
土壌消毒剤深層灌注機の性能 西田初生 山内敏雄 高木文男 芝宏道 175
大型機械によるヒエの栽培法 甲斐光夫 増田治策 高木文男 芝宏道 177
バンカーサイロならびに太陽熱利用による吸引式通風乾燥について 山内敏雄 高木文男 芝宏道 西田初生 甲斐光夫 178
ジャガイモの乾燥法(予措)に関する試験 池田稔 小島勝次郎 前川弘 恂{正男 179
イグサ立詰乾燥における換気の影響 山中正博 岡部正昭 大迫貞雄 中村盛三 高尾武人 上原洋一 180
〔農業経営部会〕
生産組織成立における地域的諸条件の影響 平川一郎 181
クリーク地帯における土地改良の課題 八木宏典 182
南九州畑地農業の地域的概察 杉本文三 183
農業発展と階層性・地域性 宮崎県農業を対象として 中島寛爾 185
畑作地帯における農業経営方式の規定要因に関する考察 弓削勇吉 186
畑地における休閑地の実態とその有効利用 尾崎正美 187
早生サトイモの調製,選別作業省力化について 松元幸男 加藤哲明 188
〔果樹部会〕
カンキツ類の種子数と果実の大きさの関係について 高原利雄 生山巌 石内伝治 奥代直巳 189
甘夏つるみの特性について 三股正 佐藤隆 秋田忠夫 白石利雄 190
川野なつだいだいの優良系統選抜について 第2報 早生系の変異形態と果実の特性 磯部暁 松田明治 平山秀文 191
ナツダイダイ選抜系統の特性について 奥代直巳 高原利雄 石内伝治 生山巌 七條寅之助 192
昭和52年2月寒波を受けた川野なつだいだい果実の貯蔵試験 吉永勝一 河瀬憲次 内田誠 193
ヒュウガナツの低温によるす上がりに関する研究 第2報 果実の大きさとす上がり程度 内田誠 吉永勝一 河瀬憲次 194
カンキツ類の寒害追跡調査 中牟田拓史 江原忠彰 195
温州ミカンの環状剥皮に関する研究 第4報 処理方法の違いが品質並びに樹勢に及ぼす影響 時任俊広 迫田和好 諏訪三徳 197
ポンカンのビニール被覆栽培に関する研究 第1報 無加温栽培が熟期並びに品質に及ぼす影響について 徳留秀昭 諏訪三徳 198
ネーブルオレンジの屋根掛け栽培 第1報 葉および果実形態と着花(果)生態 上田実 永田昭彦 三島恭一 大石法子 199
チッソとカリの施用量が温州ミカンの品質に及ぼす影響 第6報 収量,葉中成分および果実品質に及ぼすカリ施用量の8年間の影響について 松本明芳 松井正徳 畠中洋 200
夏秋季の土壌水分,チッ素施用量と川野なつだいだいの果実品質 金川英明 岩本数人 岡島量男 201
ウンシュウミカンの生育などに及ぼす海藻粉末,たい肥及びチツ素施用量の影響 第2報 果実品質について 岩本数人 岡島量男 金川英明 202
ミカン加工残渣の施用量に関する試験 第1報 土壌施用効果について 小田真男 峯浩昭 203
ウンシュウミカンの微量要素欠乏樹と微量要素葉面散布樹の生育特性について 岩切徹 204
ウンシュウミカン果実果梗部の異常肥大に関する研究 第4報 異常肥大果の果実形質について 田久保美彦 江原忠彰 205
河内晩柑の後期落果に関する調査 第1報 後期落果の波相について 岩崎守光 竹本調 泉康夫 206
カンキツに対する果面被膜剤の利用について 第1報 カンキツ貯蔵用フレッシャーの貯蔵効果について 佐藤隆 秋田忠夫 208
ウンシュウミカン果実の多温処理期間と浮皮発現 河瀬憲次 吉永勝一 内田誠 209
カンキツの選果荷造り工程ならびに流通技術改善に関する研究 第1報 選果荷造り工程における果実の商品性低下の実態 栗山隆明 下大迫三徳 吉田守 210
カンキツの選果荷造り工程ならびに流通技術改善に関する研究 第2報 落下回数が果実の品質におよぼす影響 栗山隆明 下大迫三徳 吉田守 白石眞一 211
カンキツの選果荷造り工程ならびに流通技術改善に関する研究 第3報 選果荷造り方法と輸送後の果汁成分の組織変化について 栗山隆明 角利昭 下大迫三徳 213
暖地巨峰の結実安定および品質改善に関する研究 第1報 着色変化について 川野信寿 緒方俊雄 古原剛二 姫野周二 214
暖地巨峰の結実安定および品質改善に関する研究 第2報 着色に及ぼす温度および同化養分の影響 川野信寿 緒方俊雄 古原剛二 姫野周二 215
キャンベル・アーリーの萎縮症に関する研究 第3報 萎縮症樹の成分 川野信寿 緒方俊雄 古原剛二 姫野周二 216
無袋ナシ果実の収穫運搬法に関する研究 第1報 無袋ナシ果実の樹上における傷害発生 高柳行雄 末次信行 江口浩 218
無袋ナシ果実の収穫運搬法に関する研究 第2報 果実の運搬条件による振動と傷害発生 高柳行雄 末次信行 江口浩 219
〔野菜・花き部会〕
(野菜)
高品質野菜の育種に関する研究 メロンの揮発性物質と香気との関連並びに品種差異について 伏原肇 神山利一 220
生育条件とメロンの水分蒸散特性について 近藤雄次 室園正敏 221
“プリンスメロン”の品質向上に関する研究 第5報 日照制限と品質並びに障害発生 松田照男 新井和夫 本多藤雄 222
施設キュウリの増収と形状・品質の向上に関する研究 第2報 育苗期の夜間気温と床土肥料が生育・収量に及ぼす影響 田中幸孝 高尾宗明 223
施設キュウリの日長感応試験 西本太 中鶴功 224
キュウリ枝成型品種の栽培に関する研究 第2報 生育並びに収量に及ぼす夜温の影響 利光泰郎 野口敏治 永松栄子 225
スイカ苗の異常生育に関する2,3の知見 青木和年 北嶋秀臣 226
施設短期作型向トマト品種の育種 第1報 ‘トマト久留米交101号’の育成 松尾誠介 神山利一 菅原祐幸 227
トマトの空どう果発生防止に関する研究 第2報 施肥量ならびに育苗期の昼間気温と鉢容量が空どう果の発生に及ぼす影響 高尾宗明 田中幸孝 228
施設トマトのつぎ木栽培に関する研究 第1報 促成トマトのつぎ木方法と定植時の苗令について 高尾宗明 田中幸孝 229
イチゴの育種に関する研究 第4報 可溶性固形物含量及び酸度の時期的変化 森下昌三 本多藤雄 230
暖地における促成イチゴの電照栽培に関する研究 第1報 主要品種の電照開始時期について 大場支征 吉武貞敏 231
生理的雄性不ねんの誘起に関する研究 第1報 レタスの雄性不ねん誘起と交雑について 富永寛 神山利一 232
エンドウの湿害防止に関する研究 第1報 湿害発生条件の解明について 東郷弘之 石田栄一 233
火山灰土壌における施設野菜のりん酸施肥法について 東隆夫 田中正美 古田勝己 234
重粘土土壌における野菜の土壌管理に関する研究 第1報 耕うん整地時の土壌水分の多少とトマトの生態反能 川崎重治 田中龍臣 236
重粘土土壌における野菜の土壌管理に関する研究 第2報 耕起方法の違いが土壌の物理性や機械の作業適性に及ぼす影響について 川崎重治 斉藤久男 田中龍臣 237
施設栽培における好適土壌管理に関する研究 第3報 稲わら投与,並びに深耕がトマトの生育・収量に及ぼす影響 田中和夫 新井和夫 238
ニンニクのりん片繁殖に関する研究 第1報 分割方法および予冷,催芽温度について 小川勉 岩坪友三郎 240
(花き)
電照ギクの異常茎発生に及ぼす施肥量と摘心の影響について 大島唯由 蟹江定 241
施設花きの発育段階別温度の設定に関する研究 第3報 電照ギクの生育,開花に及ぼす長日期と短日期の最低夜温および夜温転換の影響 松川時晴 柏木征夫 小林泰生 242
施設花きの発育段階別温度の設定に関する研究 第4報 ポット・マムの生育・開花に及ぼす電照終了後の夜温転換の影響 柏木征夫 小林泰生 松川時晴 243
カーネーションの品種と温度 第1報 夜温の高低と採花量,品質に関する試験 東礼一郎 國本忠正 後藤利幸 244
カーネーションの光合成に関する研究 第2報 群落光合成と炭酸ガス施用 田中政信 田中誠 245
テッポウユリの新品種“おきのこまち”と“おきのかおり”の育成経過と特性について 小林正芳 姫野正己 上原裕美 246
テッポウユリの二度切り栽培に関する研究 第1報 栽植深度および球根露出時期が発芽,品質に及ぼす影響 松川時晴 吉田博美 吉田徹生 247
球根アイリス若紫の早期促成栽培に関する研究 永田秀夫 蟹江定 堀田武撥 248
花木の花成に関する試験 第1報 ユキヤナギの花芽分化と促成におよぼす標高の影響について 吉田俊一 後藤利幸 249
花木の花成に関する試験 第2報 コデマリの花芽分化と促成におよぼす標高の影響について 吉田俊一 後藤利幸 250
ボケの雄性花に関する研究 山口聰 国重正昭 森下昌三 251
リーガー・ベコニアの生理・生態に関する研究 第1報 植物ホルモンによる矮化と分枝について 田中誠 田中政信 252
ベゴニアに対する生育調整剤の利用について 國本忠正 253