九州農業研究 第47号 昭和60年8月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル 著者 ページ
1984年九州地域の気象と農作概況
気象概況   1
農作概況   5
病害虫発生概況   13
〔総合発表〕 畑地農業における水利用技術
畑地かんがい地域における水利用の現況と間題点 福山正雄 1
野菜および普通作における水利用技術 野口純隆 4
茶樹栽培における水利用技術 古野鶴吉 7
畜産における水利用 道免勇 10
水利用による増収技術の確立と野菜産地化の一例 富山春吉 13
畑かん通水後の営農の変遷と現状および間題点 中辻盛男 16
コメント
農業経営視点から 杉本文三 19
畑の水利化 −農業土木的視点から− 根岸久雄 20
病害防除の視点から 工藤和一 21
土壌肥料視点から 小林義之 22
〔作物部会〕
水稲新品種「ナツヒカリ」について 岩下友記 山川惠久 町田道正 土井修 新屋明 宝満正治 森谷国男 23
早期水稲品種「ナツヒカリ」の施肥法について 安庭誠 町田道正 湯田保彦 露重美義 江畑正之 24
レタス−水稲作におけるコシヒカリの施肥法− 矢野雅彦 田中昇一 25
コシヒカリの積極多収栽培のための水管理による倒伏防止 杠政則 阿部恭洋 城島昇 26
早期栽培におけるコシヒカリの施肥法 下舞睦哉 松本久夫 久保研一 27
日印交雑水稲品種の生育特性と多収栽培法 今林惣一郎 真鍋尚義 古城斉一 28
超多収稲の収量成立について 井手眞一 鍛治原俊夫 坂井定義 29
水稲多収性品種−アケノホシ・水原285号−の安定多収栽培法 梅木佳良 牧慧 坂本真一 鈴木喜代志 30
西南暖地における稲・麦二毛作下の水稲湛水直播栽培法に関する研究 第4報 雑草防除法−イネの葉齢と薬害− 雪竹照信 河内埜一之 31
西南暖地における稲・麦二毛作下の水稲湛水直播栽培法に関する研究 第5報 雑革防除法−省力散布− 雪竹照信 河内埜一之 32
福岡県における二条大麦品種「イシュクシラズ」の生育特性 松江勇次 原田皓二 小宮正寛 33
田畑輪換による作物生産力の推移 第1報 前作の相違が後作小麦の根系および収量に及ぼす影響 大賀康之 平野幸二 三善重信 34
ビール大麦品種「あまぎ二条」の休眠覚醒 伊藤昌光 古庄雅彦 浜地勇次 35
麦類赤かび病抵抗性の簡易検定法に関する研究 第9報 出穂調節のための長日処理と赤かび病抵抗性との関係 平井俊臣 牛腸英夫 柏尾俊光 36
六条皮麦 裸麦の赤かび病抵抗性について 柏尾俊光 牛腸英夫 平井俊臣 37
交配育種における小麦赤かび病抵抗性育種法の反省 牛腸英夫 平井俊臣 柏尾俊光 38
ハトムギ直播栽培こおける出芽苗立ちの安定化について 平野幸二 三善重信 大賀康之 森藤信治 39
ハトムギ水田移植栽培技術の確立 第2報 適応品種の選定 安部欣司 詫間洋志 加藤陽二 村上雅二 40
福岡県におけるイグサ品種「いそなみ」の生育特性 中原隆夫 森藤信治 住吉強 井上恵子 41
イグサの機械移植栽培に関する研究 第2報 植付精度および生育について 森藤信治 住吉強 中原隆夫 42
機械刈取りによる大豆育成系統の脱粒程度 中村茂樹 持留信男 大庭寅雄 43
大豆品種の節間長について 中村茂樹 熱田健一 中澤芳則 大庭寅雄 44
夏大豆の低出芽率の原因と育種的対応 中村茂樹 中澤芳則 大庭寅雄 45
大豆調査における過正標本数の解明 第2報 葉面積の簡易調査法 宮川敏男 甲斐俊二郎 46
秋大豆の早播きにおける摘芯について 中村大四郎 横尾浩明 47
ラッカセイの作期反応と銹病問題 財津昌幸 古明地通孝 田中滋郎 48
スイートコーン雄穂異常症の原因と対策 加勇田誠 梶本明 土器一彦 村社久米夫 江藤博六 49
春作バレイショにおける秋作産種いもの浴光ならびに温蔵処理効果 小村国則 50
バレイショ種イモの予措の違いとマルチ栽培の収量について 泉省吾 沢畑秀 51
カンショ品種・系統の収量およびでん粉歩留まりの推移 田渕尚一 坂本敏 吉田智彦 52
カンショの塊根生産におけるLAIと乾物分配率の関係 古明地通孝 田中滋郎 財津昌幸 53
サツマイモ黒斑病の「土壌伝染」 鶴内孝之 木村貞夫 54
カンショの接木不親和症と接穂のウィルス 梅村芳樹 小巻克巳 55
連続戻し交雑法によるカンショ4倍体野生種の育種利用 第2報 戻し交雑の推進に伴う主要実用形質の変化 知識敬道 小巻克巳 宮崎司 56
種子播カンショの開花結実性と収量性 小巻克巳 知識敬道 宮崎司 57
カンショのγ線照射葉柄由来の系統の変異 久木村久 58
サトウキビ品種と野生種との種間雑種利用による主要形質の変異拡大 照屋寛由 比嘉正行 59
サトウキビの初期世代選抜試験における春植え、春選抜について 照屋寛由 仲宗根盛徳 比嘉正行 60
サトウキビ品種の楽焼病抵抗性の地理的分布 永冨成紀 細田久 坂元茂 61
サトウキビ品種の黒穂病抵抗性の研究 第1報 接種時期,発病時期と品種の抵抗性 永冨成紀 照屋寛由 62
サトウキビ品種の黒穂病抵抗性の研究 第2報 世界の経済品種の抵抗性 永冨成紀 照屋寛由 大城良計 63
サトウキビ品種の黒穂病抵抗性の研究 第3報 品種抵抗性とその交配親との関連性 永冨成紀 大城良計 64
サトウキビ品種の黒穂病抵抗性の研究 第4報 品種抵抗性の国際間比較 永冨成紀 65
サトウキビ品種の黒穂病抵抗性の研究 第5報 人工接種検定と圃場抵抗性の考察 永冨成紀 66
サトウキビ品種の黒穂病抵抗性の研究 第6報 野生遺伝質の抵抗性変異 永冨成紀 大城良計 67
〔土壌肥料部会〕
風乾処理による土壌団粒の変化について 神屋勇雄 藤田彰 三井寿一 68
農業用水の塩類濃度と緩効性肥料の増施による水稲の生育障害軽減効果 豊田正友 長尾學禧 69
野菜に対する有機質肥料の施用効果 第1報 タカナに対する肥効 許斐健治 中島靖之 伊東嘉明 70
イグサ8月苗床土壌の物理性改善について 井上恵子 村上康則 中原隆夫 71
重粘土転換畑の不飽和土壌水分移動 第4報 地下かんがい試験 松原利文 相川賢一郎 72
圃場整備後の酸性硫酸塩土壌について 三好利臣 田中茂雄 下村忠夫 73
熟度の異なる堆きゅう肥の施用がミカン幼木の生育に及ぼす影響 小野忠 岩切徹 松瀬政司 74
"おんじゃく"畑土壌での有機物施用とかん水の効果 第1報 春作バレイショ 角博 松尾良満 小柳芳郎 75
福江島(三井楽町)の玄武岩台地に分布する赤黄色土の理化学的性質について 中島征志郎 76
作物体からの無機成分の抽出法 永尾嘉孝 77
圃場整備畑における農作物の生育障害 宮崎孝 矢野文夫 藤山正史 78
高原,多雨地域の黒ボク波状畑におけるキャベツの生産安定技術の確立 第1報 土壌侵食の加速要因 岩本保典 79
高原,多雨地域の黒ボク波状畑におけるキャベツの生産安定技術の碓立 第2報 土壌侵食の発生量と防止対策 岩本保典 80
土壌管理法の違いが水稲および小麦の生育収量に及ぼす影響 野中仙三郎 赤木康 有村玄洋 81
集団転換地区における水田転換畑土壌の理化学性 有村玄洋 岩下徹 82
ソルゴーの連年鋤込みが土壌ならびに水稲に及ぼす影響 牧慧 梅木佳良 鈴木喜代志 坂本真一 83
土壌中の塩基含量の相違がローズグラスの塩基組成に及ぼす影響 草水崇 末永博 84
堆きゅう肥の水稲に対する影響 吉留昭夫 上村幸廣 宇田川義夫 85
曽於東部地域における畑地基盤整備後の土壌の理化学性 草水崇 久米隆志 86
下水汚泥コンポスト多量施用畑におけるサツマイモ塊根部異常症 市来征勝 野々山芳夫 87
青刈ソルガムの初期生育障害 第3報 窒素およびリン酸養分の影響 野々山芳夫 市来征勝 88
青刈ソルガムの初期生育障害 第4報 前作の有無および窒素・リン酸追肥の影響 野々山芳夫 市来征勝 加治俊幸 89
サトイモの芽つぶれ症対策 野々山芳夫 池田健一郎 市来征勝 90
タバコ作における被覆肥料の検討 鶴田繁 竹崎紀美子 91
ジャーガル地域における農地造成に伴う土壌環境の変化およびその後の経年変化がサトウキビの収量に及ぼす影響について 国吉清 亀谷茂 伊良部忠男 92
川野なつだいだいの樹体内無機成分組成の一事例 市來小太郎 内田誠 93
安山岩由来の赤黄色土(諌早市貝津町の例) 川崎弘 井上恒久 中島征志郎 94
作物栄養試験圃場の設定の一例 長谷川功 三尾智秋 飯塚隆治 95
有機性汚泥のコンポスト化過程の解析 蘭道生 96
〔病害虫部会〕
(病害)
福岡県におけるベノミル剤耐性ナシ黒星病の発生状況とその防除 野口保弘 野田政春 97
ナシ黒斑病菌のダイホルタンに対する耐性菌検定方法について 貞松光男 98
灰色かび病の薬剤耐性菌対策に関する試験 第5報 キュウリ灰色かび病のジカルボキシイミド系剤耐性菌に対する防除  三浦猛夫 日高透 川越仁 99
薬剤耐性灰色かび病菌の発現機構と防除に関する研究 第1報 イプロジオン剤またはチオファネートメチル剤添加培地上での耐性菌出現の差異 野村良邦 孫工弥寿雄 100
ビワがんしゅ病抵抗性の遺伝解析(T) 森田昭 一瀬至 浅田謙介 101
ムギ類萎縮病に対する抵抗性の品種間差異 冨来務 佐藤俊次 挟間渉 衛藤靖之 102
イネもみ枯細菌病に対する品種の抵抗性 茂木静夫 対馬誠也 103
サツマイモ立枯病原菌の選択分離培地 工藤和一 喜多孝一 104
施設野菜病害の感染源制御 第1報 トマト青枯病の第一次感染源とその感染能力 孫工弥寿雄 野村良邦 大塚利一郎 105
冬作マルチ栽培ジャガイモに発生した粗皮症状 田代暢哉 角博 松尾良満 106
メロンの癌腫症状について 中山武則 107
九州タバコ産地におけるタバコ黄斑えそ病(PVY−T)の発生 小泉成徳 浜村浩史 浪洋一 西村希志子 久保進 今泉誠子 108
石垣島のサトウキビから分離したサトウキビモザイクウィルスH系統 大津善弘 109
(虫害)
イネミズゾウムシの鹿児島県への侵入とその後の発生経過について 深町三郎 110
コブノメイガ卵の水田における空間分布 和田節 小林正弘 111
ハトムギにおけるメイチュウ類の発生消長 藤吉臨 山中正博 112
半促成スイカにおけるミナミキイロアザミウマに対する防除体系化試験 松野博 中山武則 113
ナスの育苗期におけるミナミキイロアザミウマの防除 西野敏勝 114
フェロモントラップへのコナガの誘引数と気温の関係 河合章 115
異なる蛋白加水分解物で飼育したウリミバエ成虫の産卵の比較 上和田秀美 田中章 116
水田転換畑への土壌線虫伝播経路 古賀成司 小代寛正 117
キュウリ栽培における地温・土壌水分とネコブセンチュウの寄生・繁殖 葭原敏夫 118
クワにおけるカミキリ類の発生と仕立収穫との関係 寺本敏 永井清文 宇部明光 119
ミカンハダニが光合成に与える影響  第1報 調査方法 行徳裕 池川一志 上村道雄 120
マシン油乳剤散布園におけるカンキツ主要害虫の発生消長 橋元祥一 河野通昭 白山久之 121
〔畜産部会〕
(家畜)
乳用雌子牛の季節慣行飼料による実証試験 竹原誠 家守紹光 上野繋 高椋久次郎 森昭治 深江義忠 野見山敬一 122
乳用種去勢牛におけるホールクロップサイレージの肥育効果 大石登志雄 竹原誠 藤島直樹 須永武 上野繁 123
肉用牛における敷料の再使用 山下滋貴 石山英光 田口清実 井上尊尋 124
牛床におけるおがくずともみがら敷料利用量の検討 高椋久次郎 竹原誠 深江義忠 大石登志雄 森昭治 上野繁 125
採卵鶏の体重別管理による生産性改善 第1報 育成期体重調整の効果 徳満茂 福田憲和 上野呈一 126
無窓鶏舎内に発生するガイマイゴミムシダマシに関する研究 第1報 生態調査   上野呈一 徳満茂 福田憲和 南里稜威雄 127
超音波による豚の早期妊娠判定 大和碩哉 古賀康弘 坂井巧 128
乳牛の防暑管理技術確立のための畜舎環境実態調査 稲田司 鳴川成清 広松重弘 129
肉用繁殖雌牛の育成期こおける栄養水準が生産性に及ぼす影響 第1報  堀英臣 住尾善彦 広松重弘 130
褐毛和種の放牧育成とその産肉性 第2報  高野敏則 佐藤敬明 吉村征弥 大滝典雄 131
肉用牛(黒毛和種)の放牧適応性こ関する研究 今吉豊一郎 橋爪義昭 132
ホールクロップサイレージによる黒毛和種去勢牛の肥育試験 伊東克久 堤正廣 133
高水準TDNが無脂乳固形分に及ぼす影響 第2報 濱川清 中島知道 松本智之 134
育成期の栄養条件がその後の肥育成績に及ぼす影響について  頴川秀壱 田村紘吉 徳本清 鈴木祥夫 大塚隆三 135
オガクズ発酵豚舎での肥育試験と経済性について 森弘 宇田津土郎 136
へモフィルス感染症に対する不活化ワクチンの応用 宇田津士郎 佐藤勲 137
種豚の小格育成とその繁殖法に関する研究−母豚の小格化に関する調査−  甲斐勝利 河野高明 江藤祐一郎 工藤幸一 竹下悟 138
豚の小格育成とその繁殖法に関する研究−小格豚の妊娠期飼料給与方法の検討− 花田広 甲斐勝利 河野高明 江藤祐一郎 工藤幸一 竹下悟 139
大麦添加が肉豚の屠体形質と脂肪性状に及ぼす影響 児玉州男 花田広 小畑太郎 山内清 大橋登美男 140
乳牛におけるオオクサキビサイレージの給与が乳量・乳質に及ぼす影響  千葉昭弘 梶山浩 宮薗勉 賞雅哲 141
牛舎屋根上散水が泌乳や牛体に及ぼす影響 梶山浩 千葉昭弘 宮薗勉 賞雅哲 142
産肉形質こ関する鹿児島県内種雄牛の育種価推定  内山正二 川畑孟 田崎道弘 立山昌一 湯ノ口幸一 143
一般肥育出荷牛からみた母牛表現型と息牛(調査牛)の産肉形質について  田之上悠石 鹿島学 内山正二 石神信男 湯ノ口幸一 144
バークシャーの産地別性能調査 松元計士 頴川隆 大田均 杉山昇 横山純夫 145
豚の系統組合せ試験 異系統Lによる二元雑種BL雌の繁殖性および三元雑種BL・Wの産肉性の比較  頴川隆 古賀康弘 大田均 松元計士 横山純夫 146
特殊飼料(キャッサバ, カポック油粕)を肉豚に給与した場合の官能検査(順位法)について 川井田博 福元守衛 湯ノ口幸一 田島真理子 147
養豚における一貫経営の営農確立に関する調査研究 谷口昭二 折田安行 石神信男 湯ノロ幸一 148
種鶏の日齢差がブロイラーの性能に及ぼす影響 山下静馬 古市信夫 田尾演洋 久木元忠延 柏木忍 149
乳牛に対するオオクサキビサイレージの飼料価値−刈取り時期こよる差異− 栗原光規 高橋繁男 久米新一 相井孝允 150
乳量および乳質こ及ぼすオオクサキビサイレージの影響−イタリアンライグラス乾草との比較− 栗原光規 高橋繁男 久米新一 相井孝允 151
霧状散水装置設置牛舎の実態調査  高橋繁男 栗原光規 久米新一 相井孝允 152
暑熱環境が乳牛の生理反応に及ぼす影響  高橋繁男 栗原光規 久米新一 相井孝允 153
育成期の栄養条件が肉用牛の枝肉構成(筋肉, 脂肪, 骨)に及ぼす影響 八木満寿雄 滝沢静雄 美濃貞治郎 154
酸化クロム法と全糞採取法による消化率の比較 滝沢静男 大石登志雄 八木満寿雄 美濃貞治郎 155
カンショの品種・系統による栄養価の差異 古谷修 長野錬太郎 156
(草地・飼料作)
ギニアグラス(B7−1)の採種栽培法の検討 福田誠実 上田允祥 157
ヒエの飼料利用 第2報 播種期と生育・収量 平川孝行 棟加登きみ子 津留崎正信 高木啓輔 158
二条大麦の日長反応 上田允祥 川口俊春 159
二条大麦,えん麦,ライ麦の特性比較 上田允祥 福田誠実 160
暖地における飼料作物の総合的雑草防除 第1報 耕種技術による雑草防除 掃除刈の効果 三好祐二 沢井保久 161
オオクサキビのアンモニア処理 尾方敏仁 家入信義 162
低暖地に有望な草種について 井上尚武 中村進 岸洋 163
飼料用稲(主に青刈り・サイレージ用)の品種選定試験 東政則 田村紘吉 畠山澄雄 164
飼料用稲(主に青刈り・サイレージ用)の栽培法に関する試験 東政則 田村紘吉 畠山澄雄 165
ソルガムに対する除草剤試験 西俊彦 原田満弘 恒吉利彦 黒江秀雄 石神信男 166
早期水稲地帯における転換畑の飼料作物の作付体系 第1報 オオクサキビとイタリアンライグラスの組合せ体系   黒江秀雄 恒吉利彦 原田満弘 西俊彦 石神信男 折田安行 167
イタリアンライグラス,青刈エンバク,大麦とオオクサキビとの同時播き連続栽培  黒江秀雄 恒吉利彦 原田満弘 西俊彦 石神信男 折田安行 168
過湿条件下でのローズグラスの収量性の品種問差異 長谷健 鶴見義朗 土井修 169
我が国に導入された暖地型牧草の種子リストとそのデータベース化 清水炬宏 佐藤博保 中川仁 170
アフリカからの新導入ギニアグラスの特性と遺伝子源としての有望性 清水矩宏 佐藤博保 中川仁 中島皐介 171
全国から収集された野生ヒエ3種の暖地における特性とその変異 清水矩宏 172
本邦在来栽培ヒエ諸系統の暖地における特性とその変異 清水矩宏 中川仁 佐藤博保 173
胚のう分析によるクロリス属生殖様式の解明 中川 仁 清水矩宏 佐藤博保 174
トールフェスクの新品種「ナンリョウ」  佐藤信之助 上山泰史 吉山武敏 中嶋紘一 寺田康道 鶴見義朗 中島皐介 175
サイレージ用トウモロコシの栽培 第2報 播種期 徳永初彦 茨木和典 176
サイレージ用トウモロコシの栽培 第3報 栽植密度 徳永初彦 茨木和典 177
オオクサキビおよびローズグラスの生育に及ぼす温度,日射量の影響 片岡政之 茨木和典 徳永初彦 178
ソルガム用の有望除草剤 茨木和典 徳永初彦 片岡政之 179
自然草地に直播された寒地型牧草10草種の消長 上山泰史 佐藤信之助 中島皐介 吉山武敏 中嶋紘一 鶴見義朗 180
バヒアグラス,ダリスグラス,トールフェスク草地における放牧牛の採食量 沢村浩 名田陽一 181
〔農業機械部会〕
各種耕うん装置の性能特性 第1報 各種ロータリ耕うん装置の砕土,反転性  岡部正昭 上原洋一 増田俊博 坂井純 橋口公一 山中捷一郎 岩崎浩一 金基大 182
簡易耕うん法の研究 高木文男 山内敏雄 芝宏道 今園支和 183
水稲作における代かき作業の簡略化 西田初生 篠崎浩之 佐々木泰弘 184
水稲作溝切機の性能・適応性について 長浜勇 日高昭彦 185
ウィング付液体噴出振動式弾丸暗きょ施工機の開発と利用 佐々木泰弘 篠崎浩之 西田初生 甲斐俊二郎 186
大豆用播種機の試作 馬場崎一俊 坂本五十夫 松尾要 187
湛水土壌中直播機の作業性能−麦稈処理と播種作業性能− 増田俊博 上原洋一 岡部正昭 188
田植機によるハトムギ移植 石氷泰夫 189
茶園の歩行形防除機の開発−クワシロカイガラムシ防除専用機− 松山康甫 長友繁 190
汎用型高架式作業機の開発 宮薗輝夫 191
和泊式刈取機の改良 飛松義博 勝田義満 上薗伝 192
グリーンアスパラガス掘取機の性能・適応性について 長浜勇 日高昭彦 193
農機研式中型ケーンハーベスタの改良 第1報 風選ファンについて 飛松義博 勝田義満 上薗伝 194
ゴボウ掘取機 福崎国隆 河辺愛宏 195
太陽熱エネルギーおよび代替燃料複合によるイグサ乾燥 第2報 乾燥施設の実用性試験 田中光一 村上知之 田島富男 島村武範 石氷泰夫 196
太陽熱利用集熱装置の試作によるファイロンハウスでの牧草乾燥効果  芝宏道 山内敏雄 高木文男 今園支和 197
〔農業経営部会〕
酪農経営の収益性分析 佐々木東一 198
畑地かんがい地域における営農計画モデルの策定 第2報 農家の類型区分 松元幸男 199
地域土地利用計画の方法 川越義夫 200
南九州畑作地帯こおける農地流動化の展開と課題(1) 鵜川通永 201
集団転作の成立条件と地域組織の役割 中原秀人 平川一郎 202
水田土地利用再編について−麦作振興をめぐって− 野見山敏雄 平川一郎 203
水田転作大豆の機械化栽培の経営的検討 藤田幸二 204
乗用茶園作業機導入の茶生産組合における生葉生産の実態 田中敏弘 205
野菜産地の展開過程とその要因 第1報 露地野菜産地の展開事例 宮田忠男 206
〔野菜・花き部会〕
(野菜)
メロンのアブラムシ抵抗性育種に関する研究'PMAR No.5’の素材としての実用性 神山利一 吉田建実 207
抑制メロン栽培技術の確立 第1報 品種と播種期 志茂正人 石田栄一 208
パパイヤメロンの栽培に関する研究 第2報 果実の肥大速度と形質の経時変化 松尾良満 山下修司 八段俊一 209
沖縄こおけるシロウリ在来系統の特性と評価 中村浩 石内伝治 210
“ニュー黒皮’’カポチャの育成について 西本太 北嶋秀臣 河北二人 211
暖地におけるグリーンアスパラガス短期促成栽培の場合の株堀リ上げおよび保温方法 内田好則 高橋英生 杉尾昌嗣 後藤義昭 212
グリーンアスパラガスの雨除け栽培による茎枯病の防除 小林雅昭 新須利則 213
中山間地における雨除けホウレンソウの栽培法 第1報 かん水法の違いが生育と土壌の理化学性に及ぼす影響 田中龍臣 下村忠夫 214
簡易ハウスによる軟弱野菜の周年栽培土壌の理化学性 中嶋靖之 吉武貞敏 田中幸孝 松井正徳 215
野菜の耐塩性の検定 石内伝治 中村浩 216
促成イチゴにおける第2花房の花芽分化・発達に及ぼすN肥料の影響 沖村誠 興津伸二 217
イチゴの品質育種に関する研究 第1報 ペクチン質の品種間差異と硬度 佐藤裕 成河智明 218
促成イチゴ栽培産地の気象特性について−温度,日照条件− 伏原肇 室園正敏 吉武貞敏 219
イチゴの生育ならびに収量に及ぼす光質の影響 第1報 栄養生長について 稲田勝美 佐藤照美 220
イチゴの生育ならびに収量に及ぼす光質の影響 第2報 果実の発育, 収量ならびに品質こついて 佐藤照美 稲田勝美 221
施設園芸における太陽熱利用に関する研究 第2報 試作コレクター方式による集熱効率と節油率こついて 東郷弘之 石田栄一 222
塊茎分割培養によるウイルスフリーサトイモ生産の能率化 長田龍太郎 223
食用カンショのハウス栽培 後藤義昭 杉尾正嗣 内田好則 高橋英生 224
野菜の生育障害に関する研究 第1報 タマネギの黄化症(仮称)と栽培条件 川崎重治 225
野菜の栄養診断と作柄予測に関する研究 第1報 タマネギの栄養生長量と球重量との相関 川崎重治 福田和彦 226
水質汚濁が農作物の生育に及ぼす影響に関する研究 第3報 畑作物の生育に及ぼす汚水の影響   三善重信 大賀康之 平野幸二 松井幹夫 兼子明 森藤信治 227
エンドウの連作障害の軽減 第1報 エンドウの根茎施用による障害の発生 宮下茂樹 常法和廣 228
実エンドウに対する低温とその経過時間が寒害発生に及ぼす影響 木幡正宏 石田栄一 229
(花き)
テッポウユリのりん片による切り花栽培 近藤英和 松川時晴 豆塚茂実 小林泰生 230
ストレリチア・レギネの開花に関する研究 第1報 葉の展開および開花の季節変化について 吉村豊 河崎佳寿夫 武内和俊 231
耐低温性の付与による花き保温施設の簡略化に関する研究 第3報 夏ギクの生育,開花に及ぼす電照,苗冷蔵ならびにジベレリン(GA3)の影響について  豆塚茂実 松川時晴 小林泰生 近藤英和 232
カーネーションの施肥改善に関する研究 第1報 肥料形態の違いと施用量 田中政信 田中誠 下村忠夫 233
ヒラド系ツツジの鉢物化に関する試験 第6報 施肥法に関する試験 吉田俊一 諸富保司 234
花木枝物の紅葉促進に関する試験 第1報 環状はく皮および針金処埋について 吉田俊一 諸富保司 235
〔果樹部会〕
(常緑)
市文早生,宮本早生の特性比較  松崎重雄 岩永秀人 野方俊秀 江原忠彰 中牟田拓史 236
カンキツの組織分化層に関する研究 第1報 早生系甘夏の変異性 磯部暁 藤田賢輔 松田明治 237
カンキツ類の着花に及ぼすジベレリンの影響 高原利雄 広瀬和栄 小野祐幸 238
清見の生産技術体系の確立 第4報 開花時期と果実形質  岩永秀人 松崎重雄 野方俊秀 239
温州ミカン園における有機物施用効果の解析 第2報 オガクズ混入きゅう肥の施用効果の確認 岩本数人 中路正紹 高橋祐子 岡島量男 金川英明 野口法子 240
温州ミカン園における有機物施用効果の解析 第3報 オガクズ混入きゅう肥のチッ素肥効率の査定  岩本数人 中路正紹 高橋祐子 岡島量男 野口法子 241
温州ミカン園における有機物施用効果の解析 第4報 有機物施用と土壌中での無機態Nの発現 岩本数人 中路正紹 高橋祐子 岡島量男 野口法子 242
温州ミカン園における有機物施用効果の解析 第5報 塩基のバランスとカリ施用の合理化  岩本数人 中路正紹 高橋祐子 岡島量男 野口法子 金川英明 243
温州みかん園の中層土改良 第2報 樹皮処理法の相違が樹の生育,収量,果実品質に及ぼす影響 小田眞男 峯浩昭 244
ミカン園における表層および下層土改良 第4報 主成分分析による処理効果の解析 峯浩昭 小田眞男 245
マーコット,アンコールの生産安定および品質向上 第2報 マーコットの摘果試験 財前富一 柴茂 川野信寿 小原誠 246
フィガロン乳剤の摘果効果に及ぼすマシン油乳剤の影響 末次信行 野方俊秀 247
宮内伊予柑の品質向上に関する研究 第4報 成熟期の温度および樹上の光条件と着色  川野信寿 小原誠 柴茂 財前富一 248
川野なつだいだいにおける果実品質と果実内無機成分との関係 内田誠 249
解体法によるウンシュウミカンの養分吸収量の査定 第1報 樹体器官別風乾乾物量の分配と園内でのふれ 岩切徹 松瀬政司 小野忠 250
解体法によるウンシュウミカンの養分吸収量の査定 第2報 樹体別窒素濃度と窒素含量の分配と園内でのふれ 岩切徹 松瀬政司 小野忠 251
十万温州ミカンの隔年結果の防止 第3報 表年樹の側枝の環状剥皮処理について 串間新一 波多野洋 252
温習ミカンの環状剥皮に関する研究 第6報 チッ素施肥量が品質ならびに樹勢に及ぼす影響  時任俊広 桑波田竜沢 藤崎満 土持武男 253
カンキツの高接更新技術の改善に関する研究 第7報 宮内伊予柑のせん定方法と収量,品質  栗山隆明 山下幸雄 吉田守 大庭義材 254
カンキツに対する光合成能の品種間差異に関する研究(予報) 村田広野 奥代直巳 小野祐幸 広瀬和栄 255
雨除け栽培ポンカンの糖度低下防止に関する研究 第1報 品質の実態  長浜正照 徳留秀昭 桑波田竜沢 時任俊広 256
雨除け栽培ポンカンの糖度低下防止に関する研究 第2報 幼果期の高温と果実品質  桑波田竜沢 時任俊広 長浜正照 徳留秀昭 257
夏秋期の降水がポンカンの品質に及ぼす影響 立田芳伸 新沢達郎 四蔵昭夫 258
温州ミカンの予措の程度が呼吸速度に及ぼす影響 小野祐幸 広瀬和栄 高原利雄 259
ハッサクの貯蔵について 佐藤瑞穂 三股正 白石利雄 秋田忠夫 260
パイナップルの冬実生果の品質向上に関する研究 第1報 保温および土壌水分が品質に及ぼす影響  比嘉正和 小那覇安優 宮里勉 高江洲和子 261
(落葉)
ビワ果実品質に及ぼす土壌水分の影響 第1報 果実発育前,後期における乾燥処理効果 佐野憲二 土持武男 262
カキの低樹高化 第1報 樹高切り下げ後の枝葉分布  浜地文雄 姫野周二 森田彰 清水博之 263
イチジクの生産安定技術の碓立 第3報 兼用種の夏果の生理落果防止  正田耕二 金房和已 粟村光男 畠中洋 264
キウイフルーツの摘心方法について 姫野周二 浜地文雄 森田彰 265
キウイフルーツの収穫と貯蔵 第3報 どう窟貯蔵  緒方俊雄 古原剛二 広瀬正純 中村昭二 266
キウイフルーツの収穫と貯蔵 第4報 ヘイワードの収穫時期と追熟後の品質  古原剛二 緒方俊雄 広瀬正純 中村昭二 267