九州農業研究 第54号 平成4年8月 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル著者ページ
1991年九州地域の気象概況・農作概況・病害虫の発生概況
気象概況 1
農作概況 5
病害虫の発生概況 14
総合発表会基調講演要旨「遺伝子農学を考える」 18
シンポジウムの概要 20
〔作物部会〕
(水田作)
葯培養における最近の水稲品種・系統とFのカルス形成率及び植物体再分化率古野久美 浜地勇次 今林惣一郎 西山壽1
水稲品種「佐賀1号」の栽培特性について 第1報 作期と施肥執行敏子 横尾浩明 田中俊朗 広田雄二 野中和弘2
水稲品種「佐賀1号」の栽培特性について 第2報 作期と栽植密度広田雄二 松雪セツ子 横尾浩明 執行敏子3
酒米「山田錦」の安定栽培技術 第1報 中山間地における栽培技術村山寿夫 上野育夫4
酒米「山田錦」の安定栽培技術 第2報 登熟期の気温較差と酒米品質,収量及び現地再栽培での収量,品質村山寿夫 上野育夫5
中山間地における水稲の作期について 第2報 作期移動が生育,収量に及ぼす影響天本真登 御厨初子 金山拡6
高冷山間地における無農薬米生産技術 第1報 無農薬米栽培の現状と改善点上野育夫 村山寿夫7
高冷地域における「乳苗」の側条施肥技術体系の確立 第1報 「乳苗」についての田植機の適応性志賀鑑昭 鍛冶原俊夫 松本てつ士 上野育夫8
早期水稲における健苗育苗のためのハウス管理法福島裕助 大隈光善 田中浩平 松本幸子9
早期水稲における不稔の発生について若松謙一 後藤英嗣 安庭誠 神門達也 上妻道紀10
水稲散播直播における無人ヘリコプターの作業性能三原実 雪竹照信 中村大四郎 福田敬11
水稲の早刈が食味とタンパク質,アミロース含有率に及ぼす影響松江勇次 古野久美 小田原孝治12
ピラフ好適米の栽培特性と冷凍ピラフ適性横尾浩明 執行敏子 広田雄二 野中和弘 松雪セツ子13
福岡県における平成3年産小麦の長雨による品質低下 第1報 品質低下の実態尾形武文 水田一枝 川村富輝 原田皓二14
福岡県における平成3年産小麦の長雨による品質低下 第2報 品質低下要因と栽培法改善大隈光善 田中浩平 福島裕助15
揺動選別機を用いた麦類種子被害粒の選別尾形武文 川村富輝 原田皓二16
鹿児島県における小麦枯れ熟れ症の発生実態について(予報)吉田典夫 和泉勝一 池田健一郎17
ビール大麦における凸腹粒・側面裂皮粒発生の品種,及び栽培条件による差異吉野稔 吉川亮 水田一枝18
1991年産ビール大麦の栽培法と品質との関係松江勇次 比良松道一 小田原孝治19
組織培養によるいぐさ属遺伝資源の評価 第1報 カルス誘導・増殖と植物体再分化新倉克己 松岡秀道 加藤清正 中村泰郎20
(畑作)
エレクトロポレーションによるサツマイモプロトプラストへの遺伝子導入―形質転換カルスの形成―上原泰樹 小巻克己 西口正通21
サツマイモ腋芽の生長抑制による in vitro 保存法 第1報 生育抑制要因の検討下西恵 軽部稔 久木村久22
バレイショ貯蔵花粉の利用による採種技術の改良小村国則 田渕尚一 茶谷正孝23
穀実用アマランサス育成系統の特性 第1報 育成系統AH−6−1の形態的特性松岡秀道 中村泰郎 新倉克己 加藤清正24
葉菜用アマランサス育成系統の特性 第1報 育成系統AD−1,AD−3,AD−7の形態的特性中村泰郎 松岡秀道 加藤清正 新倉克己25
セスバニア・ロストラータ根粒菌の土壌定着と種子消毒加藤清正 松岡秀道 中村泰郎 新倉克己26
さとうきび新品種「NiF8」の特性最上邦章 岡三徳 園田忠弘 勝田義満 水本文洋27
さとうきび新品種「NiF8」の早熟高糖性園田忠弘 勝田義満 岡三徳28
さとうきびの歴史的基幹品種の生育及び登熟特性岡三徳 勝田義満 水本文洋29
さとうきび根腐れ症状に起因する生産阻害防止技術 第1報 根腐れ症の薬剤防除法安庭誠 町田道正 和泉勝一 上妻道紀 神門達也30
さとうきび根腐れ症状に起因する生産阻害防止技術 第2報 耐病性の品種間差安庭誠 上妻道紀 神門達也31
さとうきび「NiF8」の刈り置き放置による品質劣化上妻道紀 神門達也32
サトウキビの品質評価基準に関する研究 第1報 圃場試験における品質指標の比較出花幸之介33
一番茶期のチャもち病の効果的防除法杉山喜直 中村晋一郎 久保田朗34
茶園での節水型スプリンクラを利用した省力防除法杉山喜直 中村晋一郎 久保田朗35
二番茶摘採後の剪枝程度が収量・品質に及ぼす影響釘本和仁 山崎慎司36
茶原葉の物性及び化学成分とかまいり茶品質との関係解析宮崎秀雄 田中信之37
定植前茶園の根圏環境の改善 第1報 幼木期の土壌の物理性とチャの生育佐知志保 広瀬真一 稲垣智之 小野忠 矢野輝人38
茶樹の着蕾・開花に及ぼす生育調節剤の効果武田善行 和田光正 根角厚司39
チャ・アッサム種のおける葉形質の変異武弓利雄 高柳博次 山下正隆40
西南暖地におけるダイズの生育抑制技術 第1報 ダイズの追肥効果橋本昭彦 工藤康文41
落花生の登熟期における茎葉切除が収量に及ぼす影響三苫功吉 野口敏治 宝満利行42
生莢用(中熟莢塩ゆで)落花生の栽培法 第2報 早穫り栽培における栽植様式と品種露重美義 加治屋伸章 宮下茂樹43
生莢用(中熟莢塩ゆで)落花生の栽培法 第3報 早穫り栽培における収穫時期露重美義 加治屋伸章 宮下茂樹44
高アントシアンかんしょ系統の選抜小巻克己 山川理 日高操45
カンショ「コガネセンガン」の早堀栽培技術富山一男 横山英二 轟篤 川上求46
日本一早い青果用さつまいもの栽培技術矢神純孝 下西恵47
カンショ塊根中のポリフェノールと品質劣化に関する2,3の知見小巻克己 山川理 日高操 熊谷享48
かんしょ蒸しいもにおけるBrixの測定法吉永優 山川理49
南九州地域における畑地高度利用のための補完作物の導入法 第1報 秋作ジャガイモの早・晩植限界東孝行 宮下茂樹 松崎正義50
南九州地域における畑地高度利用のための補完作物の導入法 第2報 秋大豆の晩播栽培における栽植密度と収量性松崎正義 東孝行51
南九州地域における畑地高度利用のための補完作物の導入法 第3報 数種の作物同時植による各作物への影響町田道正 露重美義 宮下茂樹 松崎正義 加治屋伸章52
南九州地域における畑地高度利用のための補完作物の導入法 第4報 飼料作物と野菜・普通作物の組合せ体系加治屋伸章 町田道正 宮下茂樹53
〔土壌肥料部会〕
有機栽培下における主要畑作物の生育,収量と地力の変化森清文 森田重則 鳩野哲也 山下純一54
暗赤色土における各種有機物の施用効果 第1報 サトウキビの生育収量及び養分吸収永田茂穂 古江広治 森田重則 林政人55
黒糖焼酎廃液の耕地還元技術の確立 第2報 廃液の窒素無機化速度およびサトウキビの収量・品質古江広治 永田茂穂 林政人56
黒ボク土壌における窒素施用量と食用カンショの品質 第1報 蒸しいもの糖濃度について小野忠 矢野輝人57
土壌の違いと甘しょの品質(形状)脇門英美 上村幸廣 鳩野哲也58
稲わら施用が甘しょの品質・収量に及ぼす効果鳩野哲也 上村幸廣 脇門英美59
ナバナ後作水田における中干し程度が極早生早期水稲の生育・収量に及ぼす影響小田原孝治 松江勇次 溝口一彦 矢野雅彦60
水稲コシヒカリの生態系活用型栽培田中茂雄 國枝栄二61
水稲品種ヒノヒカリの窒素吸収パターンの解析 第1報 稲体の窒素吸収が水稲の生育・収量に及ぼす影響角重和浩 山本富三 井上恵子 末信真二62
水稲品種ヒノヒカリの窒素吸収パターンの解析 第2報 葉色診断による水稲の窒素吸収量の推定角重和浩 山本富三 田中浩平63
数種のマメ科作物の生育に及ぼす土壌pHの影響大脇良成 芝野和夫64
夏秋ホウレンソウの生育障害対策藤谷信二 野地良久 加藤徳弘 上野通宏65
土壌のアルギナーゼ活性の検出早野恒一66
キャベツ根こぶ病発生に関与する土壌要因久保研一 岩下勝則 江頭和彦67
レタス生育に対するマルチ資材の地温上昇効果久保研一68
イチゴの夏期低温処理栽培における,苗の大きさと窒素濃度が花芽分化に及ぼす影響井上恵子 伏原肇 林三徳 柴戸靖志 山本富三69
リン酸ストレス下における作物の生育反応 第3報 P過多による作物体のK濃度の低下現象飯塚隆治 増田泰三 三尾智秋70
台木の種類がイヨカンの収量及び樹体栄養に及ぼす影響高辻豊二 緒方達志 松村昇 犬塚和男71
宮崎県内に分布する砂丘未熟土壌の特性野中仙三郎 有簾隆男72
pFの異なる土壌溶液の化学性樗木直也 池田健一郎 田布尾尚子73
暗渠機能を利用した施設土壌の除塩法 第1報 急速除塩法兼子健男 豊田勇 小財伸 身次幸二郎74
暗渠機能を利用した施設土壌の除塩法 第2報 除塩が土壌及びメロンの生育に及ぼす影響小財伸 身次幸二郎 兼子健男75
阿蘇高原の黒ボク傾斜畑における土壌侵食発生要因と防止対策 第1報 現地における土壌侵食の実態小財伸 村上義勝76
飼料作物の周年栽培下における耕種的窒素溶脱低減法新美洋 小林義之77
南九州畑作台地及びその周辺における浅井戸の硝酸態窒素濃度長谷川功 大場和彦 桃木徳博 小林義之 雁野勝宣78
〔病害虫部会〕
(病害)
早期水稲ナツヒカリにおけるイネ紋枯病の発病程度と被害横山威 奥原國英79
ヒヨクモチの穂枯れ症に対する薬剤防除効果とそれから分離される糸状菌松崎正文 上滝孝幸 山口純一郎 稲田稔80
1991年育苗時のイネごま葉枯病多発生要因山口純一郎 松崎正文 稲田稔81
トリフルミゾール低感受性イネばか苗病菌における最小発育阻止濃度の変動稲田稔 山口純一郎 松崎正文82
ばれいしょマイクロチューバーにおけるそうか病の発生後藤孝雄 小村国則 中村吉秀 大西昇83
メッシュ気候図利用によるジャガイモ青枯病の防除対策後藤孝雄 片山克己 東一洋84
ナス青枯病抵抗性検定法の実用化について久保康児 永安義浩 後藤孝雄 片山克己85
デルフィニウムに発生した茎腐症状吉松英明 挾間渉86
キウイフルーツの樹液が花腐細菌病菌の増殖に与える影響森田昭87
ブドウ苦腐病菌 Crieeneria uvicola (Syn.Melanconium fuligineumによる施設栽培ブドウ(巨峰)の枝枯症状田代暢哉88
福岡県に初発生したイチジク株枯病について梶谷裕二 堤隆文 山田健一89
カンキツウイルス病に関する研究 第9報 タターリーフウイルスの圃場における機械的伝搬の可能性磯田隆晴 西尾健 川合昭 行徳裕90
リンゴステムグルービングウイルスの抗血清を用いたF(ab’)2間接ELISAによるカンキツタタリーフウイルスの検出大津善弘 柳瀬春夫91
熱処理及び茎頂接ぎ木併用によるカンキツのウイルスフリー化平島敬太 野口保弘92
キュウリモザイクウイルスによるトルコギキョウえそモザイク病(新称)松尾和敏 太田孝彦93
鹿児島県のトウガンに発生したトマト黄化えそウイルス(TSWV)の安定性と寄生範囲鳥越博明 亀谷満朗94
サツマイモ斑紋モザイクウイルス普通系統(SPFMV−0)の3’端末領域の塩基配列森昌樹 宇杉富雄 林隆治 西口正通95
促成栽培カボチャに発生したシルバーリーフ症について三浦猛夫 野中耕次 櫛間義幸 黒木修一 川越仁96
イチゴから分離された Colletotrichum acutatum に類似する炭そ病菌(予報)築尾嘉章 小林紀彦97
キュウリの褐斑病菌の種子伝染挾間渉 加藤徳弘 森田鈴美98
ニラの乾腐病類似症状から分離した Fusarium 属菌森田鈴美 挾間渉 加藤徳弘99
トルコギキョウの茎枯れ症について黒木一美 櫛間義幸 三浦猛夫100
(虫害)
カンキツ園におけるミドリヒメヨコバイ類の発生消長橋元祥一101
秋大豆カメムシ類の寄生密度と被害清田洋次 奥原國英102
晩生稲レイホウにおけるトビイロウンカの発生とその被害査定菖蒲信一郎 山口純一郎103
イネウンカ個体群の吸汁によるイネからの乾物収奪動態のモデル化寒川一成104
エトフェンプロックスあるいはカルボスルファンで淘汰したヒメトビウンカの薬剤感受性の変化遠藤正造 風野光 田中幸一 鶴町昌市105
バショウツヤオサゾウムシに対するMEP乳剤の防除効果と幼虫密度の推移上門隆洋106
果樹アブラムシ類の薬剤抵抗性 第1報 合成ピレスロイド剤抵抗性ワタアブラムシに対する有効薬剤早田栄一郎 大久保宣雄107
合成ピレスロイド剤とアセフェート剤の混用がミカンハダニ及びケシハネカクシ類成虫に与える影響行徳裕 柏尾具俊 磯田隆晴108
カンキツのワタアブラムシに対する薬剤の防除効果村岡実 中村宏子109
エビガラスズメの休眠誘起に及ぼす日長の影響上和田秀美 大矢慎吾110
コナガの性フェロモン剤の小面積利用の検討(V)田中章 堀切正俊 竹村薫 松元堅111
性フェロモン剤の大規模と中規模処理によるコナガの防除田中章 堀切正俊 牧野晋 西岡稔彦 竹村薫112
市販飼料作物の線虫密度抑制に要する栽培期間の検討荒城雅昭 須藤允 井上恒久113
イッポンセスジスズメの卵に寄生する Trichogramma spp.の1卵当たり羽化虫数と性比田中章 井上栄明 松比良邦彦 石丸知道114
昆虫病原糸状菌 Beauveria brongniartii のブドウトラカミキリに対する病原性堤隆文 山田健一115
昆虫寄生性線虫,Steinernema carpocapsae のアリモドキゾウムシに対する殺虫性井上栄明 上門隆洋116
〔畜産部会〕
(家畜)
鶏卵・鶏肉に関する消費動向調査新小田修一 松岡尚二 井上正典 久木元忠延117
薩摩鶏を利用したブロイラーの造成松岡尚二 古市信夫 井上正典 久木元忠延118
つしま地鶏肉用コマーシャルの造成について(第2報)真鳥清 本村高一119
系統豚ニューサツマの系統造成千歳健一 杉山昇 町田克郎 井上清規120
系統豚の組合せ試験 第3報 サツマとニューサツマの組合せ杉山昇 頴川隆 鶴田良輔 福島俊八郎121
大ヨークシャー種系統豚の組合せ検定 第2報 三元雑種(WL・D)肉豚の産肉性及び肉質投野和彦 大和碩哉 古賀康弘122
系統豚「ヒゴサカエ301」の造成家入誠二 村上忠勝123
豚胚の体外培養における発育ステージと培養液の影響坂東弘光 山口俊彦124
肥育豚に対する低蛋白質飼料へのリジンの添加効果大和硯哉 投野和彦 古賀康弘125
複合ラグーン式豚舎排水処理施設の調査浅田研一 徳満茂 高椋久次郎126
豚糞尿に由来する悪臭(アンモニア)の微生物脱臭法について 第2報 各種材料の脱臭能力福永智明 川井田博 田中博 福森功127
植物を利用した畜舎排水の蒸散処理―汚水耐性植物の選定と蒸散能力―柿原孝彦 浅田研一 福田誠実128
九州地域における畜産と環境保全―市町村別のふん尿産出量と耕地面積の関係―薬師堂謙一129
冷気送風による防暑技術 第1報 効果的な送風時間帯の検討川藤定治 稲田司 木場俊太郎130
飼料給与回数が泌乳性に及ぼす影響城内仁 家守紹光 磯崎良寛131
黄粉と魚粉の給与が搾乳牛の泌乳性に及ぼす影響橋口峰雄 永住浩治 津曲博之132
Acid Detergent Lignin の Indicatorとしての性能 第3報 alfalfa乾草でのADL回収率竹澤武春 滝澤静雄 宮重俊一133
乳用牛を用いた黒毛和種受精卵移植産子の哺育育成技術吉留忍 吉屋尭美 森浩一郎 田中和宏134
各種高蛋白質飼料の子牛の下部消化管における消失率滝澤静雄 宮重俊一 竹澤武春135
給与飼料が胚回収成績に及ぼす影響について 第1報 生草給与による胚回収成績の検討窪田力 大田均 渡邊洋一郎 加治佐修 堤知子 田原孝二136
黒毛和種繁殖雌牛への焼酎粕給与試験堤知子 窪園順一郎 西川光博 前原俊浩137
降灰付着牧草と酸性水の給与が肉用繁殖牛(妊娠牛)へ及ぼす影響高橋繁一郎 堀英臣 荒牧美喜雄 野尻建二 本田敏裕138
肥育前期におけるホールクロップサイレージ多給時の大豆粕添加の影響山形雅宏 崎田昭三 末次哲男139
褐毛和種×ホルスタイン種交雑牛(F)の一産後の肥育成績住尾善彦 濱清輝 猪野敬一郎 木場俊太郎140
交雑種去勢牛の放牧肥育試験緒方倫夫 堀英臣141
交雑牛(黒毛和種×ホルスタイン種)の肉質評価寺田隆慶 大石登志雄142
去勢和牛の理化学的特性と新格付梅北信二郎 横山喜世志 竹迫良和 内山正二143
(草地・飼料作)
アルファルファサイレージの品質向上池田利徳 加治屋達 黒江秀雄 町田豊 樋渡隆144
焼酎粕を主体とした粕類混合サイレージの栄養価町田豊 加治屋達 池田利徳 岡村友幸 黒江秀雄 樋渡隆 恒吉利彦145
暖地型イネ科牧草の消化率の時間的推移新田孝子 長崎祐二146
九州地域の協定品種連絡試験におけるソルガム茎葉の成分比較小川増弘 松崎正敏147
飼料作物の硝酸態窒素含量について馬場元司 福田晴美 中村勇148
イタリアンライグラスの刈取りステージと栄養成分との関係梅田剛利 棟加登きみ子149
ギニアグラスの刈取り頻度と収量及び飼料成分の関係真田康治 佐藤博保 小川増弘150
飼料用トウモロコシの生育ステージ予測波多江弘 石原健 中畠吉直 吉村征弥151
長大作物の混作による省力多収栽培柿原孝彦 馬場武志 福田誠実152
低緯度産トウモロコシの開花特性と採種性伊藤栄作 池谷文夫 濃沼圭一153
桜島火山灰によるトウモロコシの葉枯れ程度にみられた自殖系統間差異濃沼圭一 池谷文夫 伊藤栄作154
トウモロコシの耐湿性幼苗検定法池谷文夫 伊藤栄作 濃沼圭一 野崎国彦 藤田勝見155
ギニアグラスの耐踏圧性の系統間差異眞田康治 佐藤博保156
ギニアグラスの幼穂培養による植物体再分化の品種間差異松岡秀道 新倉克己 加藤清正 中村泰郎157
Digitaria 属植物の幼穂培養による植物体再分化松岡秀道 新倉克己 加藤清正 中村泰郎158
バヒアグラスの新品種「ナンオウ」小松敏憲 山方誠 白山竜次 土井修 上野敬一郎 長谷健 持留信雄 露重美義 鶴見義朗 宝満正治 新屋明159
国内で収集したシバの特性佐藤博保 荒木誠士160
トールフェスク経年草地における Lespedeza 属草種の導入上山泰史 佐藤信之助161
クヌギ林内に生育するネザサの光合成小山信明 小川恭男162
アルファルファ牧草地における除草法有馬典男 押川晶 緒方良治163
放牧による肥育もと牛の低コスト育成技術の確立(第1報)藤田和男 太田正樹 野々下雅彦 吉川淳二 高野太志 伊東克久 石黒潔 多田文典164
南九州における軽種馬用放牧草地の現状寺田康道 浜崎和雄165
ランドサットTMデータによる阿蘇高原草地への野菜作導入の実態解析井上恒久 須藤允 内田信166
園芸用ビニールハウスに導入した飼料作物の生育特性 第2報 飼料作物の生育時期と根系分布内田信 井上恒久167
園芸用ビニールハウス内での飼料作物の機械化栽培・収穫技術 第4報 サイレージ調製を対象とした歩行用コーンハーベスタの作業性能須藤允 内田信 井上恒久168
〔農業機械部会〕
循環方式による低平地水田地帯の用排水対策技術兼子健男 清原幸一169
中型トラクタ用麦不耕起施肥播種機の開発原英雄 小島勝次郎 入口義春170
粉粒兼用施肥機の特性亀井雅浩 伊藤茂昭 甲斐俊二郎171
汎用播種機(畦立・播種・マルチ−工程作業機)の作業性能と適応性飛松義博 仲川政市172
甘しょの機械化マルチ畦内消毒法吉冨浩 上薗傳 仲川政市 西原一孝 森浩一郎173
形状記憶合金を用いたトンネル自動開閉装置の開発(第1報)大村幸次 仲川政市 上薗傳 濱田廣幸 児玉健一174
汎用コンバイン収穫がビール大麦の発芽力に及ぼす影響小野正則 金丸隆 藤井秀明175
自脱型コンバインの改造によるハトムギ収穫安部勇徹 近乗偉夫176
ミニドラム脱葉機のロールの利用法と耐久力福崎国隆 西原一孝 勝田義満 飛松義博177
いぐさの効率的乾燥技術の開発田島富男178
全自動かまいり茶製茶ラインの性能検定稲垣智之 広瀬真一 佐知志保179
金山坑道跡の有効利用 第1報 坑道跡の環境と農作物の貯蔵入口義春 小島勝次郎 原英雄180
金山坑道跡の有効利用 第2報 野菜花き苗の低温処理効果入口義春 小島勝次郎 原英雄 岡野剛健 北村信弘181
もみがらを培地とした養液栽培装置の開発(第2報)近乗偉夫 安部勇徹 宝満利行182
作物・土壌中窒素制御のための作物生体反応計測技術の開発―作物葉色と窒素量―細川寿 星野盛二 薬師堂謙一183
〔農業経営部会〕
基盤整備事業が農地の流動化に与える影響 第1報 都城市高木地区をその例として浜砂京次184
土地利用型農業経営の実態と課題鳥居謙吾185
水田作を対象とした集団的土地利用による低コスト生産の実態と展開方向―大分県清川村字田枝集落の事例から―坂西英二186
いぐさ産地の形成と経営展開の方向(第2報)内堀弘治187
いちごの産地間競争と産地組織の機能高尾雅晴 黒川幸彦188
露地野菜地帯における土地利用調整方式と営農モデルの策定野見山敏雄 横山利幸 真鍋尚義189
高原野菜(大根)産地における問題点と展開方向永井典昭190
中山間地域における山間地作物の産地形成条件 第1報 ミョウガ産地の現状と課題横山利幸 野見山敏雄191
中山間地農業の作目選択寺島正彦192
生産費調査からみたでんぷん原料用甘藷作の特徴久保田哲史193
大規模畑作経営における「省力」技術の経営的評価川上秀和194
南九州における芝生産の実態と問題点尾島一史195
〔野菜・花き部会〕
(野菜)
サトイモにおける効率的なカルス培養系の確立 第1報 塊茎からのカルス形成と再分化軽部稔 下西恵 久木村久196
側芽培養によるアスパラガスの増殖上曽山茂197
ソラマメの子実培養による腋芽誘導土井修 上野敬一郎 久木村久198
イチゴ野生種Fragaria vescaの果色及びランナー発生の遺伝森下昌三 望月龍也 山川理199
イチゴの育苗期におけるウニコナゾール―P処理が生育・収量に及ぼす影響伏原肇 柴戸靖志 林三徳200
イチゴの夜冷短日処理による第2花房の花成誘導森下昌三 井手和浩 望月龍也 野口裕司201
イチゴの作期拡大技術 第2報 保温開始期,マルチング時期が出らいの連続性,収量に及ぼす影響佐藤如 丸山竹男202
イチゴ‘とよのか’の熱交換機利用による昼冷短日処理法森田敏雅 石田豊明 青木和年 東隆夫203
イチゴ‘とよのか’の異なる低温処理法による花芽分化及び収量森田敏雅 小佐井幸一 石田豊明 青木和年204
隔離床による高品質トマト生産豆塚茂実 小野剛士 山本幸彦205
夏秋ミニトマトの収量と果実品質豆田和浩 松尾良満206
キヌサヤエンドウの新品種‘さつま白花’‘さつまひかり’の育成池澤和広 軽部稔207
ジュース加工用ホウレンソウの品種選定馬場紀子 山下純隆 小野剛士 豆塚茂実208
中国より導入されたレンコンの早出し品種特性尾崎行生 森欣也 松尾要209
アスパラガス促成栽培における生育及び収量の品種間差平山俊一 野口敏治210
ソラマメの摘莢による収量及び品質向上効果大江正和211
サトイモ“檳榔芯”の栽培法に関する研究 第1報 マルチ,栽植密度及び培土回数の差異が生育,収量に及ぼす影響江口洋 相星勝美212
早出しレンコンにおける施肥量と肥大茎形成との関係尾崎行生 森欣也 松尾要213
冷水が地温に与える影響上村法光 青木和年214
暖地における根深ネギの春・夏どり栽培に関する研究 第1報 品種と抽台性及び脱春化処理の効果田畑耕作 常法和廣 相星勝美215
ミョウガの促成栽培における休眠打破処理の効果鮫島國親 和田文男 福元伸一216
中山間地におけるニンニクの栽培に関する研究 第1報 植え付け時期と生育経過松尾良満 豆田和浩217
レタスの切口褐変防止に関する研究 第2報 低温及びAITC処理がレタスの切口褐変に及ぼす影響茨木俊行 平野稔彦 鶴暁子218
晩生サトイモのやけ症(仮称)に関する研究 第1報 症状高橋英生 釘宮勝幸 細山田芳博 三浦猛夫 白木己歳219
晩生サトイモのやけ症(仮称)に関する研究 第2報 やけ症発生と病害との関係高橋英生 釘宮勝幸 細山田芳博 三浦猛夫220
カボチャの果皮障害果の発生要因の解明 第1報 果皮障害の症状と発生の実態加藤善啓 志茂正人221
宮崎県の高台・中山間地帯における特産野菜の生産技術 第2報 夏秋期キュウリ雨よけ栽培の室内噴霧による室温制御郡司定雄 富山一男 横山英二222
(花き)
トルコギキョウのセル成型育苗における用土藤原博文223
ストックの直播栽培に関する研究森園寛治 桑原宏司224
スプレイカーネーションの生育,開花に及ぼす摘心,仕立て方法の影響國本忠正225
施設ギクに対するCO2の施用効果に関する研究 第2報 キクの光合成に及ぼすCO2濃度,光及び気温の影響谷川孝弘 小林泰生226
ヤマジノギク‘TOYOロマン’,‘TOYOスマイル’の育成について松成茂 村山亢治 吉田俊一227
アリウム“丹頂”(Allium sphaerocephalum)の促成栽培 第1報 球根冷蔵期間及び栽培温度が開花に及ぼす影響金子英一 大島唯由 上田恭子228
アリウム“丹頂”(Allium sphaerocephalum)の促成栽培 第2報 長日処理時期が開花に及ぼす影響金子英一 大島唯由 上田恭子229
デンファレの生育,開花に及ぼす高温の影響関塚史朗 平良朝正 須藤憲一230
〔果樹部会〕
温州ミカンプロトプラストの電気融合条件東明弘 桑波田竜沢231
極早生温州の珠心胚実生に関する研究清末義信 小原誠 川野信寿232
ネパールにおけるスイートオレンジ・ジュナールの実生群の果実特性と優良個体の選抜山田彬雄 富安裕一 Suresh Kumar VERMA233
カンキツ苗木生産における好適接ぎ木条件の解明 第1報 生育不良苗‘パラリ’の発生状況と原因草野成夫 堀江裕一郎 平島敬太234
カンキツ穂木の貯蔵条件と接ぎ木活着及び生育堀江裕一郎 草野成夫235
カンキツ台木の挿し木繁殖法の検討緒方達志 高辻豊二 村松昇236
台木による温州ミカンの樹勢制御について 第1報 幼木時の地上部と地下部の生育磯部暁 藤田賢輔 重岡開237
極早生温州の着花,新梢生長及び樹体栄養戸敷正浩 串間新一 佐藤吉史238
カンキツ品種「しらぬひ」の導入と栽培技術確立 第1報 品種の特性藤田賢輔 平山秀文 重岡開239
カンキツ品種「しらぬひ」の導入と栽培技術確立 第2報 果実の品質推移平山秀文 藤田賢輔 重岡開240
清見の簡易被覆栽培に関する研究 第1報 秋〜冬期の土壌水分,保温管理による果実品質榊英雄 重岡開 平山秀文241
水分ストレスがカンキツの葉中ポリアミン及びアミノ酸含量に及ぼす影響村松昇 高辻豊二 緒方達志242
各種カンキツ品種の糖含量と組成の時期別変化池宮秀和 松本亮司 山本雅史 山田彬雄243
清見の果皮障害に関する研究 第3報 低温処理及び果皮への付傷が果皮障害の発生に及ぼす影響田中秀幸 佐藤隆 峯浩昭244
カンキツ雑種における果皮障害“油胞黒変症”について大薮榮興 野方俊秀 柴田萬245
ハウス栽培早生温州ミカンのホウ素過剰事例立田芳伸 佐野憲二 松下加奈恵246
グリーンカボスの低温貯蔵法の改善佐藤隆 田中秀幸 峯浩昭247
キンカン珠心カルスからのプロトプラスト単離と植物体再生長田龍太郎 菓子野利浩 轟篤248
3倍体を利用した無核キンカンの作出 第1報 交雑における種子形成と胚培養における植物ホルモンの影響山口和典 串間新一 波多野洋249
ビワのわい性台木の探索 第1報 生育・収量・果実品質中尾敬 寺井理治 橋本基之 一瀬至 浅田謙介 松下由紀子 吉田俊雄250
室温貯蔵におけるビワ‘茂木’果実品質の変化内野浩二 佐野憲二 立田芳伸251
多量要素の施肥量がビワの生育及び果実品質に及ぼす影響佐野憲二 松下加奈恵 立田芳伸252
ビワのひび果(仮称)発生防止技術 第1報 ひび果発生の要因熊本修 時任俊廣 田丸保夫253
胚珠−胚培養による三倍体ブドウ育成比良松道一 若菜章 白石眞一254
ブドウ‘由布’のジベレリン処理による無核化小関洋介 平山好見 吉田智也 芝田展幸255
ブドウ‘ドーンシードレス’及び‘センテニアルシードレス’のジベレリン処理による果粒肥大西元直行 有薗重美256
イチジクの育種法 第1報 カプリ種の夏果の生育特性と受粉最適果実判定粟村光男 正田耕二257
カキの杯状形Y字仕立てが収量・品質に及ぼす影響姫野周二 吉永文浩 鶴丈和 恒遠正彦258
キウイフルーツの樹体内成分と花腐細菌病の発生森田昭259
ナシ果実の糖組成について 第1報 高速液クロによる迅速分析法柴田萬 太田政隆 稲富和弘260
ナシ果実の糖組成について 第2報 ナシ果実の貯蔵中の糖組成の変化稲富和弘 太田政隆 廣田隆一郎261