果樹部会 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
 
タイトル 著者 ページ
〔果樹部会〕
第84回 令和3年12月
カンキツ品種「佐賀果試35号」の露地栽培における長期貯蔵条件と果実品質  池田繁成・石橋 隆・田中義樹 1
加温栽培ヒリュウ台‘肥の豊’の若木期における結果母枝の切返しによる着花抑制効果 川端義実・北園邦弥 2
「おおいた早生」のリレー出荷を可能にする無加温ハウス栽培技術の開発 小野祥子・福田賢二 3
加温栽培キンカンにおけるエスレル液剤散布時の温度が果実の着色の進行に及ぼす影響  楠 聡太・川村秀和 4
宮崎県の暖冬年におけるニホンナシ‘幸水’の発芽不良発生状況 宮廻京平・松浦絵美・松浦祥太・伊藤俊明 5
ナシ‘新高’の記録的暖冬による低温不足が,発芽不良や開花異常及び収穫期の果実品質に及ぼす影響 中村健吾・北村光康・藤丸 治 6
白一重袋を被覆したナシ‘甘太’は収穫後にポリ個装することで日持ち性が向上する 湯田健太・平本 恵・藤丸 治 7
カキ「秋王」の生理落果に及ぼす気象要素の影響 (2)蒸散抑制剤がカキの生理落果抑制に及ぼす効果 姫野周二・北島大奨・永田貴之・面高友洸・北山 淳 8
マルドリ方式によるカンキツ「不知火」の完熟栽培技術 五島遼太郎・野村雄太 9
ウンシュウミカンにおけるリン酸・カリの減肥栽培 (第2報)リン酸・カリの連年無施用が土壌,樹体生育,収量等に及ぼす影響 石本知香・久間祥子・新堂高広・夏秋道俊 10
佐賀県における“ナシさび色胴枯病”の発症状況と発症園地の特徴(第1報) 児玉龍彦・近藤知弥・原口悛輔・加藤 恵・衞藤友紀 11
ビワ遺伝資源における灰斑病接種による果実腐敗に対する感受性の差異 中里一郎・坂口龍之介 12
第83回 令和2年9月
温州ミカン品種交雑判定を可能にするIndelマーカーの開発と応用  野田孝博・大王かおる・三原崇史・永野幸生 1
料理用シークヮーサーの収穫期拡大を可能にする有望2系統の果実特性 光部史将・阿波根直恭・澤岻哲也・與古田尚子・目取眞要・安田慶次  2
カンキツ「大分果研4号」の無加温栽培におけるかん水処理が果実品質及び収量に及ぼす影響 吉澤栄一・松原公明・清末義信
鹿児島県出水地域における2018 年に発生したナツミカンの後期落果 川村秀和・楠 聡太・原口和幸
機能性展着剤を加用したパクロブトラゾール水和剤の低濃度化によるウンシュウミカンの新梢伸長抑制 山名宏美・金丸俊徳・末吉浩二・山口秀一・河瀬憲次
アロメトリーによるハウスミカン垣根仕立ての葉面積指数の推定 矢野 拓・吉澤栄一・清末義信
ハウスミカン栽培における太陽熱を活用した重油ゼロ加温システムの開発(第3報)ヒートポンプと太陽熱温水利用ヒートライマーによる複合加温 松元篤史
奄美地域におけるマンゴー‘アーウイン’の少加温ハウス栽培の有効性 坂上陽美・稲森博行・久米隆志
宮崎市下北方町を中心に散在する葉隠し柿の果実特性とDNAマーカーを利用した同定 鉄村琢哉・安部由人・瀧田隆志・久原佳純・大迫祐太朗・石村修司・圖師一文・本勝千歳・永松 敦
ラズベリーと在来野生種ナワシロイチゴとの種間雑種の総カロテノイド含量とその抗酸化能 日髙桃子・登島早紀・藤井麻里花・平野智也・國武久登 10 
ブドウ‘BKシードレス’の品種特性とジベレリン浸漬処理回数の違いによる果実特性 古賀敬一・松浦 正 11 
ウメ‘露茜’安定生産のための‘南高’徒長枝利用 松浦祥太・城戸皓大・栗野太貴・金丸俊徳・山口秀一 12 
ニホンナシ‘豊里’の流線型仕立大苗育苗における配合土および施肥の検討 佐藤 剛・草地千里・福田賢二 13 
ナシ‛秋麗’の冷温貯蔵による品質保持技術 中村健吾・岩谷章生・藤丸治・北村光康 14 
ナシ,ブドウ,キウイフルーツの湛水処理が生育に及ぼす影響 永松千枝・草地千里 15 
カキ「秋王」の生理落果に及ぼす気象要素の影響(1) 姫野周二 16 
低低温要求性台木「オキナワ」がモモ「さくひめ」の開花に及ぼす影響  松本紀子  17 
SSRマーカーを用いた‘清見’タンゴールとニンポウキンカンとの二倍体間交雑から得られた倍数体雑種におけるゲノム構成の解明  佐藤真衣・森上千聖・八幡昌紀・國武久登・安田喜一  18 
糖エステル資材散布がウンシュウミカン‘させぼ温州’の果実糖度および着色に及ぼす影響  荒牧貞幸・多良宜晃 19 
加工用原料としてのビワ果肉の最適な凍結方法  稗圃直史・富永由紀子  20 
カキわい性台木の挿し木繁殖におけるオーキシンおよび挿し木用土が発根に及ぼす影響  緒方日名子・石村修司・本勝千歳・田中莉依・松本和紀・鉄村琢哉  21 
第82回 令和元年8月 
伊豆半島に自生するタチバナ[Citrus tachibana (Makino) Tanaka]の果皮に含まれる成分について 伊丹悠里・德原尚樹・権藤裕史・中村茂和・古藤田信博 1
レモン‘カリスティニ’の栽培特性と台木の違いによる生育への影響 山名宏美・高森亜矢子・鈴木美里・金丸俊徳・山口秀一 2
土壌の高温がカラタチ苗の根活性と生育に及ぼす影響 田中莉依・松本和紀・四宮 亮 3
カンキツ育種年限短縮のための実生幼苗期の炭酸ガス施用効果  園田真一郎 4
カンキツ双幹形仕立て専用苗木の育成 松本和紀・四宮 亮・田中莉依 5
ハウスミカンの垣根仕立てと開心自然形の垂直プロファイルによる生産構造の比較 矢野 拓・吉澤栄一・清末義信 6
ウンシュウミカンのシートマルチ栽培の効果を高める埋め込み式根域制限栽培法の開発
(第2報)埋め込み方式の違いが土壌水分や樹体生育に及ぼす影響
原田健太郎・高須陽介・田島丈寛・松元篤史・夏秋道俊 7
ウンシュウミカンのシートマルチ栽培の効果を高める埋め込み式根域制限栽培法の開発
(第3報)園地の形状と園内の土壌水分や果実品質
 
田島丈寛・原田健太郎・高須陽介・松元篤史・夏秋道俊 8
9月の多量の水浸入が加温栽培カンキツ‘大将季’の葉の水ポテンシャルと果実品質に及ぼす影響 天野 学・川村秀和 9
加温栽培ヒリュウ台‘肥の豊’における節水開始時期の違いが果実品質に及ぼす影響 藤澤珠子・川端義実・北園邦弥 10
カンキツ‘不知火’における水分管理の違いがこはん症発生に及ぼす影響 中村健吾・相川博志・廣田知己・北園邦弥 11
開花期の異なるキウイフルーツ3品種それぞれに適した受粉樹 藤島宏之・桒原 実・瀨戸山安由美 12
クリ‘筑波’における二次伸長枝の結果特性 城戸皓大・栗野太貴・佐藤吉史・生賴由喜男・山口秀一・金丸俊徳 13
ブドウ「シャインマスカット」の食感改善技術  佐藤洋平・釘宮伸明 14

ニホンナシ‘あきづき’果実におけるコルク状果肉障害の発生実態と樹体管理による軽減技術

平本 恵・加久るみ子・藤丸 治・宮田良二・岩谷章生・北村光康 15
被覆資材を利用した「大分果研4号」の外観・品質向上技術の検討 姫野 悟・桂 奈央・七條由衣 16
カンキツ「あすみ」果実の栽培条件や年次による貯蔵性の差異 吉澤栄一・松原公明・横山公敏・清末義信・根角博久 17
ジベレリン・プロヒドロジャスモン散布と冷温定湿貯蔵庫を利用したウンシュウミカン‘原口早生’の貯蔵技術 法村彩香・早﨑宏靖 18
イソプロチオラン散布がウンシュウミカン‘日南1号’の果皮の着色に及ぼす影響 荒牧貞幸・徳渕菜央 19
ウンシュウミカン由来ジベレリン3酸化酵素遺伝子の機能解析 古藤田信博・坪田倫佳・澤山芽衣・野田孝幸・清水徳朗 20
Phenotypic analysis of transgenic Arabidopsis with 2-Oxoglutarate depende deoxygenase like gene, CuAOP1, isolated from Satsuma mandarin ‘Aoshima’ and HPLCanalysis of glucosinolate. Hasan, N., N. Tokuhara and N. Kotoda 21
カンキツにおけるFTと相互作用するタンパク質の機能解析 徳原尚樹・野田孝幸・HASAN Nazmul・古藤田信博 22
(果樹部会ポスター発表)
イソプロチオラン散布がウンシュウミカン‘岩崎早生’の果皮の着色に及ぼす影響
(第2報)樹体ストレス別の果皮着色への影響
荒牧貞幸・古川 忠・藤山正史 23
イソプロチオラン散布がウンシュウミカン‘岩崎早生’の果皮の着色に及ぼす影響
(第3報)散布濃度および散布時期の果皮着色への影響
荒牧貞幸・古川 忠・藤山正史 24
鹿児島県大隅半島南部の特産香酸カンキツ‘辺塚ダイダイ’の果実特性 桑原佳大・島田温史・渡部由香・梶原和貴・香西直子・山本雅史 25
辺塚ダイダイ果実のクマリン化合物 松原 萌・濱中大介・渡部由香 26
辺塚ダイダイ果実搾汁残渣の抗酸化能と抗菌性 中原健吾・濱中大介・渡部由香 27
沖縄県在来シークヮーサー系統「E-9」果実の成熟に伴うカロテノイドの蓄積 菅原晃美・光部将史・松村まさと 28
第81回 平成30年9月
加温栽培ヒリュウ台‘肥の豊’の成木初期における安定生産のための適正着果量 藤澤珠子・川端義実・北園邦弥 1
ハウスミカン栽培における一体送風型ヒートポンプの効率的な暖房運転技術 松元篤史・池田繁成・夏秋道俊 2
スプリンクラー散水による露地温州ミカン「おおいた早生」の日焼け果軽減 下岡 萌・吉澤栄一 3
福岡県内カンキツ園における微量要素の実態および‘早味かん’の施肥体系の検討 谷川宏行・平井茂昭・藤島宏之・藤冨慎一・鍋谷佳太・豊福ユカリ ・満田幸恵 4
早生カンキツ‘熊本EC12’の特性 三原崇史・北園邦弥・榊 英雄・藤田賢輔・北村光康・坂西 英 5
早生カンキツ‘みはや’の予措・貯蔵程度が果実品質に及ぼす影響 中村健吾・相川博志・北園邦弥 6
施設不知火園における環状剝皮による生産力向上 久間祥子・池田繁成・古賀孝明
土壌水分目視計の水位低下速度に与えるカンキツ‘大将季’の地上部の有無および設置位の影響 川村秀和・熊本 修 8
反射マルチ敷設によるカボスの果皮緑色向上効果 桂 奈央・楢原 稔 9
スモモ‘カラリ’の大玉系統の特性 稲森博行・久米隆志 10
ニホンナシ‘秋麗’における除芽及び摘蕾が着果管理作業時間に及ぼす影響 岩谷章生・藤丸 治 11
(果樹部会ポスター発表)
ブドウ‘ゴルビー’における環状剥皮処理による着色向上対策 城戸皓大・栗野太貴・佐藤吉史・生賴由喜男・山口秀一・金丸俊徳 12
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術
(第10報)ヒートポンプ導入による炭酸ガス排出削減量のJ-クレジット化
池田繁成・古賀孝明・末永達郎・久間祥子 13
普通ウンシュウミカンを長期貯蔵できる冷温定湿貯蔵システムの性能および果実品質への影響 荒牧貞幸・藤山正史・服部國彦 14
香酸カンキツ‘辺塚ダイダイ’の果実に含まれる香気成分 岩部友里・吉﨑由美子・濱中大介・渡部由香 15
香酸カンキツ‘辺塚ダイダイ’の果実に含まれるフラボノイド 木村由華・渡部由香・濱中大介 16
冷凍前の高圧処理による褐変防止剤の浸透がライチ果皮色に及ぼす影響 塩屋百華・藤本佳奈枝・濱中大介・渡部由香 17
沖縄県で栽培されたマンゴーの成熟に伴うカロテノイド含量の変動 菅原晃美・西場洋一・島尻庸平・小林拓也・伊波 聡・松村まさと 18
第80回 平成29年9月
放射線育種を利用した機能性成分高含有カンキツの育成(第3報)
照射育成実生集団における葉中ノビレチン含有量
青山直子・納冨麻子・松尾洋一・岡部春菜・古藤田信博・
長谷純宏・田中義樹
佐賀県唐津市在来の香酸柑橘‘ゲンコウ’に含有される機能性成分について 古藤田信博・田口奈穂子・土井智子・Fatema Tuz Zohra・
冨永祐里・納冨麻子
2
ダイダイにおける3種のリモノイド含量とTGR5リガンド活性との関係 冨永祐里・Fatema Tuz Zohra・田口奈穂子・光武 進・
古藤田信博
3
果汁色によるウンシュウミカン‘北原早生’のβ-クリプトキサンチン濃度の推定法 江嶋亜祐子・浦 広幸・池田浩暢・増本憲考 4
ジベレリンとプロヒドロジャスモン混用処理時期の違いが‘北原早生’の浮皮および果実品質に及ぼす影響 藤島宏之・鍋谷佳太・桒原 実・豊福ユカリ 5
「長崎果研させぼ1号」の結果母枝特性と開花期のジベレリン散布による着果安定 早﨑宏靖 6
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術
(第9報)ガスヒートポンプの加温特性と暖房経費の低減効果
池田繁成・古賀孝明・久間祥子 7
ハウスミカン栽培における太陽熱を活用した重油ゼロ加温システムの開発 (第2報)ヒートポンプ加温栽培における太陽熱利用システムによる暖房経費削減 松元篤史・池田繁成・夏秋道俊 8
果実成長期の夜温,着果量,木部圧ポテンシャルがハウスミカン果実の品質と砂じょう数に及ぼす影響 矢野 拓・松原公明 9
ウンシュウミカンのシートマルチ栽培の効果を高める埋め込み式根域制限栽培法の開発 (第1 報)根域制限内外の土壌水分 田島丈寛・吉田憂美・平野稔邦・夏秋道俊 10
熊本県におけるカンキツ‘不知火’のこはん症発生要因 相川博志・山添純歌・廣田知己・北園邦弥 11
加温栽培カンキツ‘大将季’の糖度上昇技術 久木田等・内野浩二・岩田浩二・熊本 修  12
最先端ゲノム研究が佐賀大学で実施可能です! 永野幸生  13
初着果時のヒリュウ台‘河内晩柑’の着果方法 坂本 節・佐々木雲海・榊 英雄・藤田賢輔  14
開花期の温湿度管理がマンゴーの無胚果発生に及ぼす影響 濱島朗子・熊本 修 15
鹿児島県におけるブドウ‘シャインマスカット’の果皮黄化およびかすり症軽減対策 坂上陽美・川田原智之・木﨑賢哉・松島健一・東 明弘 16
低低温要求性台木がモモ穂品種「日川白鳳」の開花と発根に及ぼす影響 松本紀子 17
ニホンナシ‘新高’のみつ症発生を助長する気象的要因 岩谷章生・藤丸 治 18
カキ果肉部の物性測定による“サクサク感”の評価方法 増本憲考・浦 広幸・江嶋亜祐子・池田浩暢 19
(果樹部会ポスター発表) 
ポンカンにおけるポリメトキシフラボンの蓄積 古藤田信博・藤澤亜衣・山口真奈美・冨永祐里・納冨麻子 20
Accumulation of polymethoxyflavones in plants of the subfamily Aurantioideae including wild citrus Fatema Tuz Zohra・M.Yamaguchi・A.Fujisawa・Y.Itami・A.Noutomi・N.Kotoda 21 
沖縄県在来カンキツに含まれるカロテノイドの品種間差  菅原晃美・西場洋一・目取眞要・松村まさと  22
カンキツにおける氷温庫入出庫時の降昇温馴化処理に伴う果実温度の特性  荒牧貞幸・藤山正史・服部國彦  23
第79回 平成28年8月
ウンシュウミカンの埋め込み式根域制限栽培における土壌水分動態と樹体生育 田島丈寛 夏秋道俊 1
マルチ被覆による少加温栽培’大分果研4号 ’の品質向上 松原公明 矢野 拓 2
カンキツ新品種「大分果研4号」の高品質化技術 姫野悟 信貴竜人 若杉泰嗣 3
カンキツ‘みはや’果実の褪色発生軽減技術 相川博志 北村光康 榊英雄 北園邦弥 4
ジベレリン・プロヒドロジャスモンを散布した‘原口早生’の氷温庫利用よる貯蔵(第2報) 荒牧貞幸 藤山正史  服部國彦 5
加温栽培した‘肥の豊’における夏季の葉の光‐光合成曲線および 葉齢別のSPAD値と光合成速度の関係 川端義実 榊英雄 上野修 6
着果量がカンキツ‘大将季’幼木の果実品質と樹体のデンプン含量に及ぼす影響 脇佳ノ介 久木田等 内野浩二 西裕之 岩田浩二 濱島朗子 熊本修 7
カンキツに対する低濃度ジベレリンとマシン油乳剤および機能性展着剤の混用散布による花芽抑制・新梢発生促進効果(第2報) 阿部健一 生賴由喜男 山口秀一 河瀬憲次 8
ハウスミカン栽培における太陽熱を活用した重油ゼロ加温システムの開発(第1報)ヒートポンプ加温栽培における太陽熱利用システムの補助暖房効果 松元篤史 夏秋道俊 9
簡易型の薪温水ボイラーを併用した燃油の削減効果 松島健一 10
加温栽培カンキツ‘大将季’の開花期までの温度管理が果実品質および重油消費量に及ぼす影響 姫木芳春 久木田等 松島健一 11
加温栽培カンキツ‘大将季’の開花盛期以降の温度管理が果実品質および 重油消費量に及ぼす影響 久木田等 姫木芳春 内野浩二 松島健一 12
天井フルオープン化によるハウスミカンの日中室温低下技術 池田繁成 古賀孝明 山口正洋 貝原洋平 13
奄美地域におけるタンカン栽培に適した台木‘スイングル’シトロメロ 稲森博行 篠原和孝 久米隆志 14
年内出荷に適した早生カンキツ‘KP-2’の特性 中村一英 岩田浩二 坂上陽美  松島健一 後藤忍 熊本修 15
放射線育種を利用した機能性成分高含有カンキツの育成(第2報)実生胚軸上カルスへ重イオンビーム照射後再分化した個体の生育特性 納冨麻子 松尾洋一  長谷純宏 竹下大樹  岡部春菜 田中義樹 16
鹿児島県における2016年1月の寒波による果樹の低温被害 濱島朗子 岩田浩二 内野浩二  久木田等 熊本修 17
2016年1月の低温によるカンキツ苗の被害実態と品種間差異 松本和紀 奥村麗  村本晃司 18
2016年の寒波による被害から見たカンキツ類の耐寒性 山本雅史 川口昭二 福留弘康 廣瀬潤 19
ハウスミカン産地におけるニホンザル被害の軽減対策 古賀孝明 池田繁成  貝原洋平 松元篤史 20
水挿し法を用いたカンキツ穂木のイムノクロマトによるウイルス検定 奥村麗 松本和紀 村本晃司 21
鹿児島県におけるブドウ‘クイーンニーナ’の品種特性を発揮できる着房数 坂上陽美 川田原智之 松島健一 22
ブドウ「シャインマスカット」における400~500g房生産方法の検討 古賀晴香  平野稔邦 福田浩幸 加藤恵 23
果実袋がニホンナシ‘甘太’の果実品質に及ぼす影響 藤丸治 岩谷章生 24
ウメ‘露茜’における早期多収を図るための整枝法の開発 栗野太貴 迫田剛行 伊藤俊明 山口秀一 25
クリ毬果に対するネスジキノカワガ被害の品種間差 重本万穂 26
沖縄県産パインアップルに含まれるカロテノイド含量・組成の品種間差 菅原晃美 西場洋一  竹内誠人 諸見里知絵 正田守幸 玉城聡 27
アテモヤのハウス栽培における品種特性 久木田等 内野浩二 熊本修 松島健一 28
第78回 平成27年8月
ウンシュウミカンのシートマルチ栽培におけるシートの特性および果実品質第1報 シートマルチ栽培用各種シートの特性 川端義実 三原崇史 榊英雄 高原利雄 173
ウンシュウミカンのシートマルチ栽培におけるシートの特性および果実品質 第2報‘青島温州’のシートマルチ栽培における各種シートの特性と果実品質 川端義実 三原崇史 榊英雄 高原利雄 174
カンキツ‘みはや’のシートマルチ処理による品質向上効果 相川博志 北村光康 榊英雄 175
移植した幼木の中間台を利用したカンキツ‘みはや’の早期成園化技術 古川忠 176
獣害防止ネットと垣根仕立てによるハウスミカン枝つり作業の省力化 矢野拓 松原公明 177
タンカン‘垂水1号’の異常落葉,果実品質および樹勢に及ぼす根接ぎの影響 内野浩二 久木田等 川村秀和 松島健一 178
樹勢判断のためのカンキツ用台木の通水速度測定方法 松島健一 179
ウンシュウミカンにおけるリン酸・カリウムの蓄積土壌での施肥削減 久間祥子 夏秋道俊 田島丈寛 石本知香 新堂高広 180
奄美群島在来カンキツ果実のアスコルビン酸含量 山本雅史 西口奈月 181
シークワシャー7系統におけるポリメトキシフラボンの含量について 山口真奈美 古藤田信博 182
国産グレープフルーツ‘さがんルビー’における果皮成分の網羅的解析 苗代麻里 木村祐太 古籐田信博 駒井史訓 183
ウンシュウミカンにおけるTFL1/FT family遺伝子の単離と発現解析 野田孝幸 納富麻子 古藤田信博  184
重イオンビーム照射‘ゆら早生’個体群における優良個体の選抜 田中義樹 松尾洋一 長谷純宏 納冨麻子 竹下大樹  185
放射線育種を利用した機能性成分高含有カンキツの育成 (第1報)ノビレチン高含有香酸カンキツ育成のための重イオンビーム照射条件 納冨麻子 松尾洋一 長谷純宏 竹下大樹 田中義樹  186
極高糖性で果実病害の発生が少ないパインアップル新品種候補沖縄17号 竹内誠人 正田守幸 與那覇至 與那嶺要 諸見里知絵 崎山澄寿 187
ヒートポンプを併用した温湿度管理がマンゴーの果実品質および暖房コストに及ぼす影響 濱島朗子 矢野浩平 松島健一 188
奄美地域における無加温マンゴーの日焼け果とやに果の発生抑制技術の検討 稲森博行 篠原和孝 田丸保夫 189
フジコナカイガラムシ殺虫のための炭酸ガス処理がカキ果実の品質に及ぼす影響 江嶋亜祐子 法村奈保子 馬場紀子 塚﨑守啓 190
温暖化に対応したブドウ黄緑色系品種「シャインマスカット」の栽培技術の確立 (第1報)根域制限栽培における土壌水分管理 高須陽介 児玉龍彦 福田浩幸 加藤恵 191
ナシ「あきづき」の収穫適期の解明 佐藤洋平 福田賢二 192
根域制限栽培された日本ナシ「幸水」の収量および果実品質 前山美和 貝原洋平 児玉龍彦 福田浩幸 加藤恵 高須陽介 稲富和弘 193
植物生長調整剤等を利用したニホンナシのえき花芽りん片基部の未硬化生組織抑制によるナシ黒星病越冬病斑の抑制 川田原智之 坂上陽美 東明弘 194
佐賀県におけるナシ発芽不良の発生要因 加藤 恵 児玉龍彦 福田浩幸 高須陽介 稲富和弘 195
露地栽培におけるニホンナシ発芽不良軽減のための管理技術 藤丸治 岩谷章生 196
マルチ敷設がニホンナシ発芽不良の発生に及ぼす影響 坂上陽美 藤川和博 川田原智之 東明弘 197
(果樹部会ポスター発表)
晩生カンキツ「南津海」の寒害果除去を目的とした指標の選定 富永由紀子 西幸子 山田敦義 199
ジベレリンとプロヒドロジャスモン酸の混用散布時期の違いが「青島4号」の果実品質に及ぼす影響 松尾洋一 山口正洋 200
ジベレリン・プロヒドロジャスモンを散布した‘原口早生’の氷温庫利用による貯蔵(第1報) 荒牧貞幸 藤山正史 服部國彦 201
スダチの塩蔵プロセスにおける前処理と微生物の繁殖との関係 松尾崇史 渡部由香 濱中大介 202
発芽促進剤利用によるナシ発芽不良の軽減効果 加藤恵 児玉龍彦 高須陽介 福田浩幸 稲富和弘 203
沖縄県産パインアップルに含まれるカロテノイドの測定 西場洋一 竹内誠人 諸見里知絵 菅原晃美 正田守幸 玉城聡 204
第77回 平成26年8月
カンキツ早期成園化のための育苗時からの双幹形仕立ての効果  松本和紀 豊福ユカリ 163
ワセウンシュウにおける12月の切り枝水挿しによる着花量予測 豊福ユカリ 松本和紀    164
カンキツに対する低濃度ジベレリンとマシン油乳剤および機能性展着剤の混用散布による花芽抑制・新梢発生促進効果  阿部健一 原ノ後翔 伊藤俊明 山口秀一 河瀬憲次   165
わい性台木ヒリュウを利用した‘させぼ温州’の特性  荒牧貞幸 古川忠 林田誠剛   166
極早生ウンシュウ‘肥のあかり’における年間施肥窒素の削減が樹体および収量・品質に及ぼす影響  峯田絵理 榊英雄 山田一宇   167
寄せ接ぎ法を活用したカンキツ育種年限の短縮と省力化   北村光康 高原利雄 榊英雄   168
微粒子化された炭酸カルシウム水和剤の散布による露地栽培カンキツ‘せとか’の日焼け果軽減法   古川忠   169
ジベレリンの処理方法の違いがブドウ「シャインマスカット」の食感に及ぼす影響 釘宮伸明 福田賢二   170
施設栽培におけるオキナワ台モモ「日川白鳳」の硝安溶液散布による開花促進及び収穫前進化 松本紀子 石本慶一郎   171
露地栽培のニホンナシにおける発芽不良の発生要因 藤丸治 岩谷章生 172
ボルドー液散布処理によって誘発されたニホンナシ‘幸水’の単為結果した果実における品質および糖組成   渡邉辰彦 松本和紀 三井友宏 後藤雅之 松本辰也 平塚伸   173
カキ‘富有’における温度およびエチレン濃度の違いによる果実品質への影響 塚﨑守啓 法村奈保子 馬場紀子 内野敏剛   174
カキ‘富有’の熟度と包装資材が輸出後の果実品質に及ぼす影響  法村奈保子 馬場紀子 塚﨑守啓   175
1-MCP処理がカキ‘富有’および‘太秋’の軟化に及ぼす影響  馬場紀子 塚﨑守啓 法村奈保子   176
近赤外分光法によるイチジク‘とよみつひめ’の成分評価  池田浩暢 塚﨑守啓 河野澄夫   177
(果樹部会ポスター発表)
ヒートポンプ加温ハウスミカン栽培における地中熱交換施設の利用効果 池田繁成 夏秋道俊 新堂高広   179
香酸カンキツ「ゆうこう」の加工品開発 西幸子 中山久之   180
ビワごま色斑点病の発病程度における品種間差異およびその遺伝 稗圃直史 福田伸二 石本慶一郎 中山久之 谷本恵美子   181
カンキツ新品種「大分果研4号」の高品質化技術 姫野悟 信貴竜人 若杉泰嗣   182
第76回 平成25年8月
ポリエチレン大袋包装による加工用カキ果実の簡易貯蔵技術 馬場紀子 法村奈保子 江嶋亜祐子    161
炭酸ガス処理がフジコナカイガラムシの死虫率とカキの果実品質に及ぼす影響 法村奈保子 江嶋亜祐子 塚﨑守啓 馬場紀子 中山孝 田中史彦 内野敏剛   162
カキのポット育成大苗が定植後の生育に及ぼす影響 牛島孝策 村本晃司 草野成夫     163
イチジク品種「とよみつひめ」の栽培条件が降雨後の果実品質と商品性に及ぼす影響 塚﨑守啓 法村奈保子 馬場紀子 江嶋亜祐子    164
1-MCPが「新高」「あきづき」の長期貯蔵に及ぼす影響 佐藤洋平 福田賢二    165
パインアップル主要品種における低温障害の品種系統間差異の解析 諸見里知絵 與那嶺要 竹内誠人 正田守幸 仲里富雄   166
ビワ‘麗月’および‘なつたより’の収穫適期判別のためのカラーチャート開発 谷本恵美子 中山久之 中里一郎 松浦正   167
植え付け時の土壌石灰鎮圧処理によるウンシュウミカン‘させぼ温州’の特性 荒牧貞幸 古川忠 林田誠剛    168
早生カンキツ‘熊本EC10’の特性 北村光康 榊英雄 藤田賢輔 坂西英 福永悠介    169
交雑育種によるノビレチン高含有香酸カンキツの育成 納冨麻子 松尾洋一 竹下大樹 松本亮司   170
ワセウンシュウにおける倍数性育種により作出した台木が生育及び果実品質に及ぼす影響 豊福ユカリ 藤島宏之 松本和紀    171
加温栽培におけるヒリュウ台‘肥の豊’の特性 川端義実 川窪裕二 北園邦弥 榊英雄    172
‘にせ黄斑病’による落葉で加温停止したハウスミカン園の早期収量回復技術 山口正洋 中島貞彦 田中義樹 池本聡美    173
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術(第8報)果実着色促進を目的とした夏季夜間冷房の効率化技術 池田繁成 田中要 新堂高広 夏秋道俊    174
EOD-heatingがハウスミカンにおける蕾の肥大と開花に及ぼす影響 矢野拓 松原公明 荒木卓哉 北野雅治    175
ウンシュウミカン‘日南1号’に対する低濃度ジベレリンとマシン油乳剤および機能性展着剤の混用散布による花芽抑制および新梢発生促進効果 阿部健一 伊藤俊明 山口秀一 佐野真実 高森亜矢子 河瀬憲次    176
(果樹部会ポスター発表)
カンキツ類の塩蔵に関する研究  渡部由香 松尾崇史    177
第75回 平成24年8月
(常緑果樹)
ウンシュウミカンに対するジベレリンの処理時期および品種別着花抑制効果 高森亜矢子 伊藤俊明 山口秀一 佐野真実 無田上重治 河瀬憲次 163
前期節水管理が施設ヒュウガナツの果実品質に及ぼす影響 黒木宏憲 本山宏 無田上重治 164
MA包装資材で個装した‘不知火’果実の長期貯蔵に適した温度 北園邦弥 相川博志 榊 英雄 165
ラボラトリーフィルム利用によるカンキツの接ぎ木法(トップバッティング) 第1報 有効性の検討 北村光康 川端義実 榊英雄 藤田賢輔 高原利雄 松崎耕平 166
ラボラトリーフィルム利用によるカンキツの接ぎ木法(トップバッティング) 第2報 穂部および台部の操作方法 北村光康 川端義実 榊英雄 藤田賢輔 高原利雄 松崎耕平 167
ハウスミカン園における3重被覆が収量および果実品質等へ及ぼす影響と燃料削減効果 山口正洋 中島貞彦 168
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術 (第7報)暖房および冷房利用による総合的導入効果 池田繁成 田中要 新堂高広 169
カンキツ品種「果のしずく」の加工特性 江嶋亜祐子 法村奈保子 馬場紀子 170
ビワ交雑実生における原木と複製樹との果実形質の差異 稗圃直史 福田伸二 寺井理治 中山久之 富永由紀子 根角博久 171
(落葉・熱帯果樹)
ハイブッシュブルーベリー‘Berkeley’の染色体倍加個体における形態的特徴と花粉稔性 津田浩利 大坪早貴 國武久登 172
西南暖地の中山間地におけるブルーベリー栽培品種選定に関する考察 吉野賢一 吉田雅夫 173
カキ「秋王」の高接ぎにおける中間台品種および接ぎ木法の違いが生育に及ぼす影響 村本晃司 牛島孝策 草野成夫 174
熊本県におけるカキ‘太秋’の成熟特性 加久るみ子 大崎伸一 杉谷将洋 175
クリ‘ぽろたん’の受粉樹には‘利平栗’,‘美玖里’が適する 藤丸治 岩谷章生 176
クリ‘ぽろたん’高品質安定生産に適した優良結果母枝の資質と本数 春崎聖一 岩谷章生 中尾郁美 177
ナシ「幸水」の花芽分化に関する調査 (第1報)ナシ「幸水」の露地栽培における短果枝,誘引枝,直立枝の花芽分化の比較 児玉龍彦 加藤 恵 高須陽介 稲富和弘 福田浩幸 178
赤外線・紫外線の併用によるモモ果実の殺菌効果 法村奈保子 濱中大介 塚﨑守啓 馬場紀子 田中史彦 内野敏剛 179
「パインアップル沖縄17号」の後代実生集団を利用した極高糖性パインアップル品種の育成 正田守幸 與那嶺要 長浜隆市 竹内誠人 與那覇至 180
パインアップル有望系統の主要産地における花芽誘導処理による反応性と果実品質の変動 與那覇至 與那嶺要 長浜隆市 正田守幸 竹内誠人 宮平米浩 仲里富雄 島袋功 181
多胚性マンゴー未熟果実からの胚様体誘導および植物体再分化 大西智康 大田哲史 杉田亘 前畑祐喜 長田龍太郎 182
ヒートポンプの除湿機能を利用したマンゴーの品質向上 湯地健一 戸敷正浩 本山宏 183
(果樹部会ポスター発表)
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術(第6報)夏季夜間冷房による果実着色促進効果の現地実証 田中要 田中義樹 池田繁成 新堂高広 185
新たな香酸カンキツ「味美(みよし)」の特性 早﨑宏靖 古川忠 谷本恵美子 186
第74回 平成23年8月
ヒュウガナツにおける効率的な液体花粉培養系の確立 安部秋晴 内田飛香 星野洋一郎 國武久登 167
7月頃の出荷に向けたPプラス個装‘不知火’果実の品質区分 北園邦弥 藤田賢輔 榊英雄 168
断根刃を利用したウンシュウミカンの果実品質向上効果 永田浩久 荒牧貞幸 井手勉 169
2L以上の比率が高い大玉キンカン新品種候補‘宮崎王丸’の特性 佐野真実 竹島久善 児玉良一 黒木重文 山口和典 徳満憲治 荒武貴浩 黒木恒和 木下哲次 平田力也 170
佐賀県上場地域のハウスミカンで問題となる‘にせ黄斑病’の発生を助長する要因解明 山口正洋 中島貞彦 池本聡美 田代暢哉 171
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術 (第5報)夏季夜間冷房による果実着色の向上効果 池田繁成 田中要 新堂高広 172
ジベレリンとプロヘキサジオンカルシウム塩の混合処理が浮皮に及ぼす影響 石本知香 新堂高広 173
鹿児島県におけるブドウ「クイーンニーナ」の品種特性 藤川和博 稲森博行 東明弘 174
(果樹部会ポスター発表)
カンキツ類におけるシンクロトロン光照射の感受性程度把握 松尾洋一 石地耕太郎 竹下大樹 野中美穂子 175
イオンビームおよびシンクロトロン光照射による無刺系ユズ個体のRAPDマーカーによる変異性の確認 竹下大樹 松尾洋一 野中美穂子 176
第72回 平成21年8月
中晩生カンキツ品種「不知火」の水管理指標の検討 岩崎光徳 深町浩 佐藤景子 今井篤 野中圭介 197
産地における温州ミカン根域制限栽培技術の確立と普及 (第1報)現地圃場における土壌水分と葉の水ポテンシャル,果実品質との関係 貝原洋平 松元篤史 池田英彰 新堂高広 198
産地における温州ミカン根域制限栽培技術の確立と普及 (第2報)園地実態に応じた水管理の実施による果実品質の均一化 松元篤史 田島丈寛 貝原洋平 池田英彰 199
初秋季の透湿性シート被覆による‘無核紀州’の品質向上 川村秀和 東明弘 松島健一 200
有機物の施用がヒリュウ台‘今村温州’の樹体生育等に及ぼす影響 新堂高広 高取由佳 貝原洋平 201
‘ヒリュウ’台利用によるカンキツ‘清見’の省力化 神山光子 古川珠子 奥田良幸 202
早生ウンシュウ樹上完熟栽培の収穫時期とプロヒドロジャスモンとジベレリンの散布濃度 荒牧貞幸 井手勉 林田誠剛 203
着色開始期からのリン酸・メチオニン含有資材の葉面散布が極早生ウンシュウ‘豊福早生’の果実着色に及ぼす影響 川窪裕二 北園邦弥 藤田賢輔 204
年内出荷に適した早生カンキツ‘大分果研4号’の特性 髙盛俊介 楢原稔 若月洋 佐藤祥子 小出聖 小田眞男 吉澤栄一 川野信壽 小原誠 205
キンカン新品種‘宮崎夢丸’の特性 佐野真実 竹島久善 児玉良一 黒木重文 山口和典 徳満憲治 荒武貴浩 黒木恒和  木下哲次 平田力也 206
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術(第2報)複合加温栽培における加温機の効率的運転技術 池田繁成 田中要 新堂高広 207
泡被覆による加温ハウスの省エネ効果 吉田智也 208
カンキツ栽培品種の果肉に含まれるカロテノイドの組成 野中圭介 喜多正幸 藤井浩 大村三男 生駒吉識 209
S対立遺伝子をホモに持つ‘クレメンティン’S1実生群とGOTアイソザイム分析によるS遺伝子型の推定 金貞希 松本渚 若菜章 酒井かおり 210
カンキツにおける幼樹開花を用いた雄性不稔実生の分離の解析 谷本佑 藤原由美子 関谷毅 若菜章 酒井かおり 211
鹿児島県におけるウメ‘南高’の花芽分化時期と花芽の発達 藤川和博 稲森博行 橋元祥一 212
スモモ‘貴陽’における人工受粉やジベレリン処理が結実,果実品質,花芽形成に及ぼす影響 牛島孝策 渡邉辰彦 213
ブドウ加温栽培における電照および環状はく皮処理が新梢生育,果実品質および花穂着生に及ぼす影響 藤島宏之 千々和浩幸 白石美樹夫 214
ブドウ黄緑系品種「ロザリオビアンコ」の根域制限栽培による生産安定 福田浩幸 稲富和弘 加藤恵 215
不織布製のポットを利用したニホンナシの大苗育成方法 加藤恵 稲富和弘 福田浩幸 216
ニホンナシ‘幸水’の加温栽培における発芽不良障害の発生実態 渡邉辰彦 牛島孝策 松田和也 藤島宏之 矢羽田第二郎 217
モモ‘川中島白桃’の果肉異常発生に及ぼす生育期の気温の影響と多発期の予測 岩谷章生 岡田眞治 藤丸治 218
(果樹部会ポスター発表)
早生ウンシュウにおけるジベレリンとジャスモン酸による果皮障害抑制 第2報 薬害を軽減できる処理時期と方法 中島貞彦 岩城雄飛 219
ハウスミカン栽培における排熱回収機等省エネ技術のコスト削減効果 池田繁成 新堂高広 松元篤史 田島丈寛 平野稔邦 池田英彰 220
近年育成された中晩生カンキツ数品種に含まれる糖,酸およびフラボノイド類の組成 林田誠剛 井手勉 徳嶋知則 221
高圧電場処理による香酸カンキツ辺塚ダイダイの品質保持 山下大輔 渡辺由香 222
ニホンナシの海外輸出過程における環境変化の解明と果実の鮮度低下を抑制するパッケージ技術の開発 稲富和弘 羽山裕子 伊東良久 加藤恵 223
黒色ポリエステル製果実袋の袋掛けによるニホンナシ‘幸水’の熟期促進 田中実 松浦正 林田誠剛 224
第71回 平成20年8月
極早生ウンシュウ‘肥のあかり’の諸特性からみた収穫適期 北園邦弥 川窪裕二 藤田賢輔 237
肥のあかり’の未結果期の生育特性 上村浩憲 榊英雄 土田通彦 梅宮善章 238
‘陽のかおり’ウイルス・ウイロイドフリー樹の特性 山名宏美 佐野真実 福元博 竹島久善 239
ヒリュウ台利用‘河内晩柑’の特性 神山光子 古川珠子 奥田良幸 240
極早生ウンシュウ‘岩崎早生’の高品質果実生産のための水分ストレス簡易指標 荒牧貞幸 古川忠 林田誠剛 241
根域制限栽培のウンシュウミカン‘上野早生’における水分ストレス程度と果実品質 貝原洋平 新堂高広 242
夜温管理の違いが加温ハウス栽培ウンシュウミカンの生育に及ぼす影響 川村秀和 東明弘 243
早生ウンシュウにおけるジベレリンとジャスモン酸による果皮障害抑制 中島貞彦 岩城雄飛 244
中晩生カンキツにおけるテトロン製果実袋の果実保護効果の品種間差異 林田誠剛 245
イチジク果実の低温保存による腐敗の抑制効果   江嶋亜祐子 堤智博 法村奈保子 馬場紀子 246
フライト輸送における形態、出荷資材がイチジクの果実品質に及ぼす影響   堤智博 法村奈保子 江嶋亜祐子 馬場紀子 247
ニホンナシ品種‘なつしずく’の福岡県における適応性   渡邉辰彦 牛島孝策 松田和也 巣山拓郎 矢羽田第二郎 248
ニホンナシ‘豊里’の収穫適期判定及び貯蔵性について   加来靖英 川田重徳 249
当年花芽接ぎしたニホンナシの果実特性   田中実 林田誠剛 松浦正 250
溶液授粉で用いるチュウゴクナシ「雪花梨」花粉の取り扱い方法 (第2報) 使用前の花粉の温湿度管理   加藤恵 稲富和弘 福田浩幸 251
ニホンスモモ‘りょうぜん早生’‘李王’‘太陽’間の交配親和性   谷本恵美子 松浦正 林田誠剛 田中実 252
ニホングリにおける腐敗果の発生要因と耕種的な方法による発生軽減技術   春崎聖一 253
パッションフルーツの着果部位,葉数が果実品質に及ぼす影響   瀧﨑祥光 254
シイクワシャーの果実特性と機能性成分の系統間比較   住秀和 比嘉淳 金城秀安 255
ドラゴンフルーツの開花特性   松田昇 島袋清香 松村まさと 伊地良太郎 256
(果樹部会ポスター発表)
極早生ウンシュウの品種比較試験におけるサンプルサイズの検討   今井篤 深町浩 野中圭介 高原利雄 257
ウンシュウミカン新品種‘肥のみらい’の特性   坂西英 藤田賢輔 満田実 福永悠介 258
温暖な天草地域におけるワセウンシュウの摘果法を主体とした高品質果実生産   北園邦弥 藤田賢輔 榊英雄 259
ニホンナシ‘幸水’のトンネルハウス栽培における適正な長果枝の資質   中満一晴 岩谷章生 260
ブドウ黄緑系品種「ロザリオビアンコ」の環状はく皮による熟期促進   福田浩幸 稲富和弘 加藤恵 261
沖縄産パインアップルの自然夏実における糖含量および有機酸含量の品種間差異   竹内誠人 正田守幸 262
手もみ式簡易磨砕容器による植物試料の磨砕を効率よく行うための自動磨砕装置の開発   井手洋一 布川竜也 島田滋明 楢原謙次 口木文孝 263
マンゴー‘アーウイン’の幼果期における有胚果と無胚果の判別法   西田学 東明弘 264
第70回 平成19年8月
マンダリン類(Citrus spp.)における葉緑体DNAの多様性 山本雅史 古賀孝徳 松本亮司 國賀武 久保達也 冨永茂人 215
グレープフルーツ実生の幼樹開花に影響を及ぼす要因 関谷毅 若菜章 酒井かおり 福留功 安河内幸一 216
カンキツ各種雑種実生群における幼樹開花実生よび雄性不稔実生の出現頻度 若菜章 関谷毅 酒井かおり 福留功 安河内幸一 217
台木の違いがカンキツ‘はるみ’若齢樹の生育と着花に及ぼす影響 松本和紀 大倉英憲 村本晃司 218
ビワ‘長崎早生’の開花促進に及ぼす遮光の影響 川村秀和 遠竹信行 東明弘 219
溶液授粉で用いるチュウゴクナシ‘雪花梨’花粉の取り扱い方法 加藤恵 稲富和弘 福田浩幸 220
TDR土壌水分計を用いた簡易診断による極早生ウンシュウミカンの高糖度化 村本晃司 大倉英憲 井樋昭宏 牛島孝策 221
極早生ウンシュウ‘豊福早生’の高品質果実生産のための水分ストレス指標 北園邦弥 藤田賢輔 222
隔年交互結実栽培における点滴かん水同時施肥による減肥効果 中島貞彦 岩城雄飛 223
ウンシュウミカンの根域制限栽培における土壌、品種の違いによる水分ストレスと樹体生育 貝原洋平 新堂高広 224
キンカンの垣根仕立てと密植栽培による省力・早期多収技術 野間誠 川村秀和 東明弘 225
カンキツ類における収穫果実の減酸技術の開発 第4報 高温処理技術のためのカラーリング施設の改良 松元篤史 田中要 新堂高広 226
ニホンナシ新品種‘豊里’の特性 加来靖英 中尾茂夫 芝田展幸 山口竜一 廣瀬正純 植山昌人 世古雅一 川田重徳 小出聖 北崎佳範 吉田智也 宮崎英一郎 227
鹿児島県における早生ナシの果実特性 藤川和博 稲森博行 西元直行 228
スモモ‘ソルダム’完熟果の日持ち性 中満一晴 岡田眞治 229
モモのトンネルハウス栽培による収穫の前進化と品質向上 春崎聖一 岩谷章生 岡田眞治 230
鹿児島県におけるカキ‘早秋’の適正な葉果比と果皮色による収穫期の判定 稲森博行 藤川和博 西元直行 231
ハウス栽培ビワ‘長崎早生’の出荷促進に及ぼす遮光及びミスト散水の影響 瀧崎祥光 堺一樹 奥田良幸 232
マンゴーで発生した果実障害の原因究明と対策-土壌水分管理改善とホウ素果面散布の効果比較- 西田学 上之薗茂 東明弘 233
(果樹部会ポスター発表)
ブドウ「巨峰」の高うね根域制限栽培が幼木期の果実品質と生育におよぼす影響 福田浩幸 稲富和弘 加藤恵 235
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術 第1報 加温特性と効率的運転技術 池田繁成 田中要 新堂高広 236
ハウス栽培モモの果実肥大促進のための環状剥皮の方法 田中実 林田誠剛 松浦正 237
近年育成あるいは海外から導入されたビワ品種におけるビワがんしゅ病抵抗性 稗圃直史 福田伸二 寺井理治 238
スモモ‘ハニーローザ’の適正貯蔵温度 岩谷章生 中満一晴 239
加温ハウス内への薪ボイラー導入 矢野拓 川野達生 田中秀幸 240
パインアップル‘ボゴール’の自然夏実における成熟期間中の果実特性変化 竹内誠人 正田守幸 仲宗根副則 池宮秀和 241
カンキツ苗育成のための新接ぎ木方法 野中圭介 高原利雄 深町浩 今井篤 佐藤景子 岩崎光徳 242
重イオンビーム・ガンマ線照射によるカンキツ突然変異個体の作出 深町浩 稗圃直史 阿部知子 今井篤 野中圭介 岩崎光徳 佐藤景子 高原利雄 243
沖縄県内各地域由来の数種のシイクワシャーにおける果実肥大に伴う成分変動の特徴 住秀和 井上裕嗣 比嘉淳 瑞慶山浩 244
鹿児島県における早生ナシの果実特性 藤川和博 稲森博行 西元直行 245
マンゴーで発生した果実障害の原因究明と対策-土壌水分管理改善とホウ素果面散布の効果比較- 西田学 上之薗茂 東明弘 246
第69回 平成18年8月
11月上旬成熟の早生ウンシュウ新品種‘肥のあすか’の特性 坂西英 満田実 藤田賢輔 磯部暁 205
内陸部や標高の高い地域に適応する極早生ウンシュウ新品種‘肥のさやか’の特性 坂西英 磯部暁 満田実 藤田賢輔 福永悠介 206
佐賀県唐津市鎮西町馬渡島の特定地域に分布する香酸カンキツ‘ゲンコウ’ 大薮榮興 松尾洋一 207
ポリメトキシフラボン含量による香酸カンキツ実生の早期選抜法の検討 松尾洋一 坂井(大原)有美子 大薮榮興 松本亮司 208
ウンシュウミカンにおける根城制限栽培の経営評価 第1報 果実品質及び収量について 新堂高広 川崎敦之 209
ウンシュウミカンにおける根城制限栽培の経営評価 第2報 収益性及び省力性について 川崎敦之 新堂高広 210
プラントキャノピーアナライザーを用いたハウスミカンの葉面積指数と吸光係数の推定 矢野拓 川野達生 松原公明 211
根城制限栽培‘上野早生’における水分ストレス付与程度が果実肥大、葉色に及ぼす影響 貝原洋平 長野龍雄 新堂高広 212
葉の水分吸収率を利用した極早生ウンシュウの樹体水分ストレス判定法 福永悠介 宮田良二 北園邦弥 藤田賢輔 213
ハウスミカンにおける1-ナフタレン酢酸ナトリウム(NAA)の結果母枝の着花性に対する影響 佐藤景子 奥田均 杉原巧祐 岩崎光徳 214
‘させぼ温州’における若齢樹の結実安定法 第2報 ジベレリンの散布時期が生理落果に及ぼす影響 古川忠 林田誠剛 215
減酸処理によるカンキツ‘不知火’の品質保持技術 池田浩暢 山下純隆 216
カンキツ類における収穫果実の減酸技術の開発 第3報 コンテナ段積みでの高温処理における庫内の温湿度分布と減酸促進効果 松元篤史 田中要 新堂高広 217
熊本県内の温暖な地域でのウンシュウミカンの特性 榊英雄 北園邦弥 藤田賢輔 宮田良二 218
2005年にカンキツ接ぎ木苗で多発した生育障害 桒原実 草野成夫 219
カボス貯蔵におけるジベレリンの果皮緑色保持効果 山口竜一 220
カボス果実の香気成分の熟度による変化 廣瀬正純 前原美恵子 221
沖縄県北部地域のシイクワシャー主要産地における果実肥大に伴う成分の変動  住秀和 井上裕嗣 比嘉淳 瑞慶山浩 吉元誠 222
ヤエヤマアオキの生育に及ぼす土壌pHとECの影響 伊良波幸和 外間数男 223
ヤエヤマアオキの着果に及ぼす温度の影響 外間数男 伊良波幸和 多宇正裕 224
マンゴー‘アーウィン’の収量および果実品質に及ぼす摘果法の影響 西田学 東明弘 225
パッションフルーツの栽培技術の確立 第2報 電照栽培における側枝の切除程度と時期が開花特性に及ぼす影響 松田昇 島袋清香 松村まさと 226
パッションフルーツの栽培技術の確立 第3報 他家受粉が紫色系パッションフルーツの結実に及ぼす影響 松田昇 島袋清香 松村まさと 227
パッションフルーツの栽培技術の確立 第4報 虫媒受粉が結果率と果実品質に及ぼす影響 島袋清春 松田昇 村松まきと 228
トンネルハウス‘幸水’における適正側杖間隔および予備枝本数 中満一晴 藤丸治 岩谷章生 229
中生モモの平棚仕立て栽培による早期成園化 岡田眞治 中満一晴 岩谷草生 東光明 藤丸治 230
ハウス栽培ブドウ赤色系品種‘安芸クイーン’の環状はく皮と除袋処理による着色促進 福田浩幸 稲富和弘 前山美和 231
(果樹部会ポスター発表)
観賞用パインアップル新品種「ナツヒメ」 正田守幸 池宮秀和 仲宗根福則 高原利雄 金城鉄男 出花孝之介 永富成紀 比嘉ひろの 大城和久 粟国佳史 添盛浩 233
佐賀県内の果樹産地における‘上野早生’マルチ栽培園地の果実品質と土壌化学性の関連 貝原洋平 重富修 新堂高広 234
第68回 平成17年8月
珠心胚のコルヒチン処理によるカンキツ台木用四倍体カラタチの作出 桒原実 草野成夫 233
各種酢ミカン類とその雑種における幼樹開花実生の出現割合 若菜章 藤原由美子 酒井かおり 福留功 安河内幸一 234
重イオンビーム照射によるカンキツ類およびビワの新品種開発 (第1報) 種子および穂木への照射 坂上陽美 立田芳伸 上野敬一郎 阿部知子 235
カラタチおよび‘ヒリュウ’台木によるカンキツ新品種‘はるみ’若齢樹の花芽形成と着花の相違 松本和紀 矢羽田第二郎 大倉英憲 236
‘させぼ温州’における若齢樹の結実安定法 (第1報) 芽かきとジベレリン散布の効果 古川忠 林田誠剛 237
ハウスミカンにおける携帯型非破壊品質測定器による生育時期別果実品質測定(第2報) 川野達生 238
‘肥のあけぼの’の高品質果実安定生産のための施肥法 第2報 露地シートマルチ被覆栽培における施肥時期、施肥割合 土田通彦 上村浩憲 239
‘不知火’における土壌水分が果実品質に与える影響 佐藤祥子 武田有史 川野信壽 240
根域制限栽培における‘上野早生’の水ストレス程度の違いが果実品質に及ぼす影響 貝原洋平 新堂高広 241
隔年交互結実栽培における省力せん定法の開発 (第1報) 高糖系ウンシュウにおける45°せん定が新梢の発生と果実品質に及ぼす影響 中島貞彦 浅川将暁 242
台風18,21号によるカンキツ園の潮風害発生状況の解析 榊英雄 藤田賢輔 北園邦弥 坂西英 坂本等 三原崇史 杉浦直幸 谷上孝志 243
系統の異なるシークヮーサー果汁のノビレチン含量の推移 住秀和 比屋根理恵 井上裕嗣 玻名城晋 宮重俊一 244
カボスのCA貯蔵におけるガス組成と貯蔵性 山口竜一 吉澤栄一 245
カンキツ類における収穫果実の減酸技術の開発 (第1報) カンキツ類減酸装置の開発 田中要 藤崎和夫 松元篤史 新堂高広 246
カンキツ類における収穫果実の減酸技術の開発 (第2報) 高温処理及び酸素付与が‘不知火’の果実品質に及ぼす影響 松元篤史 田中要 新堂高広 247
ビワがんしゅ病抵抗性品種‘シャンパン’の利用による台木養成時のビワがんしゅ病様病害の発病率軽減効果 根角博久 福田伸二 富永由紀子 菅康弘 248
養液・電照栽培によるパッションフルーツの増収技術 後藤忍 中川路光庸 川島俊次 249
養液土耕・電照栽培パッションフルーツの整枝法が収量,果実品質に及ぼす影響 東明弘 野間誠 後藤忍 250
養液土耕栽培パッションフルーツに対する液肥濃度の検討 中川路光庸 川島俊次 後藤忍 251
細霧冷房及び遮光がパッションフルーツの夏季の開花に及ぼす影響 野間誠 東明弘 後藤忍 252
ニホンナシ規格外果実の果汁加工適正 (第2報) ‘幸水’、‘豊水’規格外果実の果汁加工適性 廣瀬正純 小松伸夫 253
ニホンナシ‘新高’の肥効調節型肥料を用いた年1回施肥法 上村浩憲 土田通彦 相川博志 254
ハウスモモの開花期の環状剥皮による果実肥大促進及び品質向上 田中実 林田誠剛 谷本恵美子 255
中晩生モモの果肉褐変症に関する研究 (第3報) 果肉褐変症(みつ症)に及ぼす果実袋の影響 岩谷章生 東光明 藤丸治 岡田眞治 256
カキ‘太秋’の葉果比による果実品質への影響 谷口政弘 岡田眞治 257
クリ‘筑波’の台風により落下した毬果の毬剥きに要する作業時間と果実品質 中満一晴 藤丸治 258
(果樹部会ポスター発表)
2℃の平均気温上昇によるウンシュウミカンの生理落果の増加 佐藤景子 白石一斗 奥田均 259