第72回 発表要旨集 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
タイトル 著者 ページ
〔作物部会〕
(水田作)
高温条件下でも収量、品質の低下が少ない水稲品種「さがびより」の育成 広田雄二 徳田眞二 多々良泉 吉田桂一郎 木下剛仁 松雪セツ子 1
高温登熟性に優れる極良食味水稲品種「元気つくし」の育成 和田卓也 坪根正雄 尾形武文 浜地勇次 松江勇次 井上敬 大里久美 安長知子 川村富輝 2
中山間地における水稲有望品種「さとじまん」の特性 松本和大 牧山繁生 條島真紀子 3
早植えによる高温登熟性に優れた水稲品種の評価 徳田眞二 広田雄二 吉田桂一郎 多々良泉 4
飼料用米品種「モミロマン」の選定 永吉嘉文 薮押睦幸 中原孝博 黒木智 齋藤葵 川口満 5
九州地域における水稲葉いもち圃場抵抗性新基準品種の選定 坂井真 梶亮太 田村克徳 片岡知守 坪根正雄 徳田眞二 壽福和子 北園景一 長谷川航 白石真貴夫 山崎哲 安井利昭 藤井康弘 竹田博文 黒木智 若松謙一 田中明男 小牧有三 大内田真 佐藤光徳 6
飼料用水稲品種の紋枯病抵抗性 大内田真 佐藤光徳 7
高温登熟に優れる水稲系統の育成 −F雑種集団における高温耐性の変異分布− 佐藤光徳 大内田真 小牧有三 8
暖地早期水稲における日照不足が玄米品質に及ぼす影響 田中明男 若松謙一 大内田真 9
水稲登熟期間の時期別高温処理が不完全米の発生に及ぼす影響 若松謙一 田中明男 佐々木修 10
水稲品種「さがびより」の高品質安定栽培法 市丸喜久 浅川将暁 牧山繁生 横尾浩明 11
ポット苗の畑苗代育苗における園芸用不織布が水稲の残根程度に及ぼす影響 和田卓也 坪根正雄 尾形武文 井上敬 12
有機農業における有機質資材を用いた水稲育苗 −有機質資材の施用量と施用位置− 三原実 森則子 信原浩二 13
平坦地水田における高品質水稲および小麦生産のための堆肥施用法 春口真一 坂梨二郎 松森信 上野育夫 14
水稲「ヒノヒカリ」における焼酎粕の利用法 中嶋祐二 金森伸彦 松森信 15
大分県北部平坦地域の水田作経営における水稲品種分散の経営評価 長谷川航 梅本雅 大石亘 16
小麦品種「チクゴイズミ」のタンパク質含有率適正化のための穂揃期追肥診断技術 第1報 穂揃期追肥診断技術 牧山繁生 市丸喜久 横尾浩明 三原実 浅川将暁 17
小麦品種「チクゴイズミ」のタンパク質含有率適正化のための穂揃期追肥診断技術 第2報 携帯式水稲生育量測定装置の活用 伊藤裕子 重富修 牧山繁生 市丸喜久 三原実 長野龍雄 18
ハスモンヨトウ抵抗性を持つ大豆系統の生育特性 石丸知道 渡邉敏朗 岩渕哲也 田中浩平 19
高窒素固定能を示すダイズ変異体選抜の背景 富永晃好 永田真紀 夫津木耕一 山内彩花 内海俊樹 阿部美紀子 九町健一 橋口正嗣 明石良 Ann M.Hirsch 有馬進 鈴木章弘 20
高窒素固定能を示すダイズ変異体の選抜と評価 北淳二 久野祐子 西原芳弘 穴井豊昭 有馬進 鈴木章弘 21
(畑作)
茶園におけるナガチャコガネの効率的防除法 釘本和仁 東島敏彦 山口史子 23
黄色蛍光灯を用いた茎葉利用カンショ‘すいおう’のチョウ目害虫防除 浦田貴子 石橋哲也 中山敏文 富永慧 24
ハトムギの施肥法の違いが生育・収量に及ぼす影響 手塚驪v 松井勝弘 原貴洋 25
早生で秋まき・春まき栽培に適するそば新品種「宮崎早生かおり」 薮押睦幸 川口満 吉岡秀樹 26
バレイショ新品種「らんらんチップ」の暖地における栽培特性 小玉泰生 森清文 福元伸一 27
奄美地域におけるバイオマス用サトウキビ有望系統の生産力と品質評価 藤崎成博 園田純也 西裕之 白澤繁清 28
サトウキビ「Ni23」の耐干性と根数・根域の関係 園田純也 下田代智英 藤崎成博 西裕之 白澤繁清 29
サトウキビ交配用維持液の改良 -グルコース添加の効果- 伊禮信 與那覇至 内藤孝 出花幸之介 寺島義文 境垣内岳雄 寺内方克 杉本明 30
高糖系カンショ「べにはるか」の貯蔵期間と品質変化 木村真美 佐藤郁 田中滝二 31
サツマイモ「べにはるか」の地上部除去時期がヤラピンの発生に及ぼす影響 小山田耕作 福元伸一 32
サツマイモにおける気象変動と収量・でん粉歩留 第2報 シロユタカにおける関係 西原悟 福元伸一 33
ダイコンおよびサツマイモ栽培における防草シート畦間被覆の効果と問題点 新美洋 金岡正樹 34
(作物部会ポスター発表 水田作)
普通期晩生水稲品種「あきほなみ」の特性 田中明男 若松謙一 35
九州に適した酒米「吟のさと」の酒造適性と普及 〜筑後地方を中心にして〜 坂井真 梶亮太 片岡知守 田村克徳 田村泰章 36
近赤外線デジタルカメラを用いた普通期水稲「ひとめぼれ」の穂肥窒素施肥量と玄米タンパク質含有率の推定 安井利昭 清水康弘 佐藤吉昭 全炳徳 金宗煥 37
硬質コムギにおける粒の外観品質の選抜効果 藤田雅也 八田浩一 久保堅司 小田俊介 38
食味官能試験における因子分析によるパネラー分類 八田浩一 藤田雅也 小田俊介 久保堅司 河田尚之 39
水田帰化雑草ウキアゼナに対する各種除草剤の殺草効果 住吉正 40
ムギ類の種子発芽と抗酸化物質の関係 石橋勇志 俵積田智也 鄭紹輝 湯浅高志 井上眞理 41
凝固剤別のタンパク質含有率と豆腐最大破断応力 中澤芳則 松井未来生 42
(作物部会ポスター発表 畑作)
茶園における省力施肥体系「全量元肥2回施肥」が茶の収量・荒茶品質に与える影響 明石真幸 角博 宮崎秀雄 石橋弘道 山口幸蔵 43
夏ソバ品種「なつみ」の熊本県阿蘇地域における播種期および施肥量の検討 林田裕樹 安武智臣 44
焼き栗の殻に含まれる抗酸化成分 沖智之 坂本慎也 佐藤麻紀 白土英樹 工藤康文 須田郁夫 45
焙煎加工が黒大豆種皮のラジカル消去活性におよぼす影響 菅原晃美 西場洋一 沖智之 46
高カロテン、多収で醸造適性に優れるカンショ新品種「タマアカネ」の育成 境哲文 片山健二 甲斐由美 吉永優 47
〔土壌肥料部会〕
久住高原に分布する強酸性の非アロフェン質黒ボク土 久保寺秀夫 増田泰久 小路敦 49
九州内主要土壌タイプでの耕地化に伴う表層土壌の重金属含有率変化 草場敬 久保寺秀夫 新美洋 50
大隅半島の異なるシラス台地畑における施肥窒素の溶脱特性 肥後修一 田中正一 脇門英美 久保田富次郎 松元順 51
二毛作水田における耕盤の近飽和領域透水特性 中野恵子 久保寺秀夫 原嘉隆 52
土壌特性の違いがスイカの果実品質に及ぼす影響 白石由美子 郡司掛則昭 椙山幹司 53
シロイヌナズナ培養細胞を用いたAl誘導性遺伝子発現におけるサリチル酸とアブシジン酸のクロストーク 國廣俊太 平松拓也 河野智謙 54
焼酎用サツマイモおよび春ダイコンに対する焼酎廃液濃縮液の肥効 新美洋 55
施設イチゴにおける土壌および有機質肥料からの窒素供給予測とその肥効 福田敬 田中靖 大塚紀夫 56
石灰窒素入り肥料による窒素溶脱低減および低コスト茶生産のための減肥技術 緒方伸吾 郡司掛則昭 甲木哲哉 57
ハウスニガウリにおける被覆燐硝安加里の植穴施肥栽培 甲斐憲郎 川ア佳栄 赤木康 58
種子島の黒ボク土壌で発生した原料用サツマイモ生育障害の発生要因 森清文 渋川洋 古江広治 西裕之 59
硝酸化成作用阻害による生理障害の発生とアンモニア過剰障害の簡易判定方法の検討 城秀信 60
露地ホウレンソウにおける葉柄汁液の各種成分変化 上田重英 大石朝寛 赤木康 61
抑制および半促成ニガウリ栽培における養分吸収特性 有村恭平 田中義弘 桑代涼子 餅田利之 時村金愛 62
(土壌肥料部会ポスター発表)
透水性や地下水位の違いがアスパラガスの生育に与える影響 陣内宏亮 福田敬 大塚紀夫 63
かん水,増施,密植条件下におけるサトウキビNi17の乾物生産特性 井上健一 後藤英嗣 64
〔畜産部会〕
(家畜)
ストロー内希釈液の違いが発生日齢および発育ステージの異なる超急速ガラス化ウシ体外受精胚の生存性に及ぼす影響 笠正二郎 森美幸 上田修二 65
体細胞クローン後代牛の正常性と食味アンケートによる意識調査 齋藤公治 地内正嗣 住尾善彦 中嶋達彦 66
ウシの乗駕行動を指標とした発情モニタリングシステムの開発 内村誠 松岡恭二 武石秀一 宇都宮茂夫 67
乳牛における歩数計および超音波診断装置を活用した繁殖管理の検討 西村慶子 鶴田清秀 須崎哲也 中原高士 68
飼養管理方法の違いが交雑種牛肉のおいしさに及ぼす影響 宮島恒晴 陣内孝臣 安田みどり 常石英作 69
放牧後の仕上げ肥育期間の違いが牛肉の化学成分に及ぼす影響 常石英作 日下部隆 細川康一 神谷充 中村好徳 清水矩宏 70
乳牛への乾燥オカラ給与試験 河野宏 宮原雅明 永渕成樹 71
離乳子豚の育成率向上を目的としたマンネンタケ培養液給与試験 加地雅也 松窪敬介 家入誠二 谷口智穂 岩原正宜 72
繁殖および産肉能力に優れたランドレース種の系統造成(第3報) 中塩屋正志 堀之内正次郎 岩切正芳 三角久志 中田雄二 73
肥育豚への飼料用米給与試験 堀之内正次郎 中塩屋正志 岩切正芳 74
肥育豚への乾燥焼酎粕給与試験(第1報) 堀之内正次郎 中塩屋正志 岩切正芳 尾花尚明 神坂明茂 入江正和 高橋俊浩 森田哲夫 林國興 75
みやざき地頭鶏における飼料用米給与試験 神坂明茂 安藤忠弘 76
ニューカッスル病ワクチン飲水投与のための適正な絶水時間および給水技術 小島雄次 福原絵里子 中村由佳里 西尾祐介 77
採卵鶏に対するニンニクオイル混合飼料の給与効果 細國一忠 石橋英二 下平秀丸 78
(草地・飼料作)
陶器部材を用いた豚舎汚水からのリン除去・回収技術の開発 −県内養豚農家における農家実証試験− 脇屋裕一郎 坂井隆宏 古田祥知子 関戸正信 河原弘文 下平秀丸 鈴木一好 79
酪農における尿散布時の臭気低減を目指した曝気処理 吉田周司 手島久智 阿部正八郎 80
採光性牛舎の牛床成分と堆肥の特徴 千歳健一 幸野拓矢 高木良弘 桑水郁朗 81
ルジグラス(Brachiaria ruziziensis)4倍体系統の特性 幸喜香織 石垣元気 蝦名真澄 稲福政史 末永一博 権藤崇祐 明石良 82
夏播用極早生エンバク新品種の利用方法 我有満 桂真昭 山下浩 高井智之 83
トウモロコシワラビー萎縮症抵抗性の異なる2品種に由来するF3世代における抵抗性の分離 村木正則 澤井晃 84
早播きトウモロコシの最適播種粒数 東政則 岩見豪士 須崎哲也 中原高士 85
ソルガムの多回刈り条件における総乾物収量の推移 加藤直樹 服部育男 佐藤健次 86
ユズ残さのサイレージ調製技術 立山松男 須崎哲也 東政則 岩見豪士 中原高士 87
水稲品種「にこまる」稲わらの嗜好性評価 溝口泰正 古賀潤弥 大串正明 88
焼酎粕濃縮液を含む発酵TMRの栄養評価 鈴木知之 服部育男 神谷裕子 田中正仁 89
乾物率が飼料用サトウキビ「KRFo 93-1」サイレージの発酵品質に及ぼす影響 服部育男 境垣内岳雄 松岡誠 佐藤健次 加藤直樹 90
ハイブリットライグラス等による永年草地の生産性向上技術の確立 中野英治 金丸英伸 鶴岡克彦 田中伸幸 安高康幸 91
(畜産部会ポスター発表)
近赤外分光分析法によるトウモロコシのDPPHラジカル消去活性とアントシアニン含量の推定 江口研太郎 澤井晃 佐藤哲生 93
糖生産用ソルガム新品種「SIL-05」 我有満 高井智之 山下浩 桂真昭 澤井晃 村木正則 江口研太郎 94
福岡県、熊本県を中心としたキシュウスズメノヒエの遺伝資源収集 山下浩 住吉正 加藤直樹 我有満 高井智之 桂真昭 95
バヒア主体草地への効率的なイタリアンライグラスWOS法の検討 山田明央 中村好徳 林義朗 96
放牧牛肉の硬さに及ぼすコラーゲン線維構築の影響 中村好コ 常石英作 神谷充 平野清 山田明央 中西雄二 97
周年放牧育成牛を用いたトウモロコシサイレージ仕上げ肥育期間中の増体ならびに屠畜成績 中村好コ 常石英作 加藤直樹 神谷充 山田明央 中西雄二 98
堆肥脱臭の入気アンモニア濃度モニタリングに基づいた窒素濃度調整 田中章浩 99
高温培養環境が牛培養卵丘細胞の活性酸素産生ならびに抗酸化関連酵素の発現に及ぼす影響 阪谷美樹 山中賢一 Ahmed Z Balboula 高橋昌志 100
〔農業機械部会〕
異なる稲わら施用条件下での水田土壌の全炭素・全窒素量の比較 河合憲三 猿田恵輔 平井康丸 山川武夫 望月俊宏 首藤大比古 101
沿岸地域の灌漑用水確保技術の開発 乗田貞博 石氷泰夫 102
諫早湾干拓地農業における機械作業性の向上のための条件解明と耕うん特性の解析(第1報)干拓土壌におけるトラクタ走行およびロータリ耕うんによる土壌圧縮の解明 宮嵜朋浩 岡安崇史 山田寧直 川原洋子 小林雅昭 井上英二 103
小明渠浅耕播種機作溝部の耐久性向上に関する研究 深見公一郎 渡辺輝夫 谷尾昌彦 岡安崇史 井上英二 上辻直哉 大庭裕史 104
サツマイモ挿苗機植付同時かん水による活着安定技術 馬門克明 大村幸次 勝野志郎 飛松義博 105
砂丘ラッキョウの機械化植付作業技術 大村幸次 溜池雄志 勝野志郎 島崎浩 106
佐賀県佐城地域の地域営農組織における農業機械の共同化に関する実態 横尾浩明 西岡廣泰 107
SPAD 値を指標とした稲の理想的生育相の検討 平井康丸 横山剛宗 別府佑一郎 内田進 稲葉繁樹 濱上邦彦 108
サトウキビ栽培作業記録装置の開発 鹿内健志 赤地徹 玉城麿 109
農業情報のデータベース化に関する研究 松永寿朗 稲葉繁樹 井上芳男 110
簡易型農地環境モニタリングシステムの開発に関する研究 岡安崇史 平田真理 宮本剛史 山邉信利 安武隼人 光岡宗司 井上英二 平野修 111
施設ハウスの内張空気膜二重フィルムと二層カーテンの燃料消費量比較 西口達郎 石氷泰夫 112
サツマイモ加工残さの乾燥効率の評価と工場廃熱利用時の乾燥能力 杉浦綾 113
20000 気圧2000 ℃超広域蒸気線図(ph 線図)の作図と解説 村田敏 114
Particle size distribution generated by nanomist humidifier  Duong Van Hung  Shengnan Tong  Yusuke Nakano Toshitaka Uchino Fumihiko Tanaka  Daisuke Hamanaka 115
一定風速条件下における籾と藁の飛散シミュレーション 松浦大海 井上英二 光岡宗司 岡安崇史 上加裕子 116
Basic properties and quality changes during storage on rice straw Warachit Phayom Munehiro Tanaka 117
メタン発酵消化液を用いた養液土耕栽培に関する研究 太田美加 田中宗浩 118
(農業機械部会ポスター発表)
INVESTIGATION OF VIBRATION CHARACTERISTICS OF THE HALF-TRACKED TRACTOR CAUSED BY LUG PHASE DIFFERENCE OF RUBBER CRAWLER RABBANI,M.A MITSUOKA,M INOUE,E TSUJIMOTO,T. TAKEOKA,S. OKAYASU,T. 119
水稲ポット栽培によるメタン発酵消化液の施肥窒素利用率の評価 首藤大比古 河合憲三 平井康丸 望月俊宏 山川武夫 120
甘藷由来のデンプン粕を利用した高機能マルチシートの開発 三森惇 岩崎浩一 守田和夫 末吉武志 121
小明渠作溝用サイドディスク設計への有限要素法の適用とその評価 大庭裕史 岡安崇史 深見公一郎 渡辺輝夫 上辻直哉 122
サトイモ栽培における畝形状と収量に関する検討 杉本光穂 大嶺政朗 123
ソバのコンバイン収穫におけるロール式受け網の効果 土屋史紀 原貴洋 田坂幸平 124
製茶機械に付着する加工残さの効率的な乾燥粉砕方法とその含有成分 宮崎秀雄 山口幸蔵 安田みどり 坂井隆宏 脇屋裕一郎 明石真幸 石橋弘道 古川五郎 125
気象モニタリング装置の製作と性能評価 別府佑一郎 平井康丸 濱上邦彦 126
共焦点レーザー顕微鏡を用いた米粒内部の水分移動の観察法 源川拓磨 内野敏剛 田中史彦 濱中大介 127
小水力エネルギー回収装置の開発研究 −低コストのランナ形状に関する実験− 沼田一大 日吉健二 小林太一 槐島芳徳 平栄蔵 宮城弘守 秋吉康弘 128
人力揚水機「踏車」の吐出弁が吐出量に与える影響 嫩建一朗 木下統 御手洗正文 129
微生物のバイオフィルム形成能に関与する要因の検討 濱中大介 渡邊建士 梅崎裕美 田中史彦 内野敏剛 130
水分活性および温度を考慮した微生物増殖挙動予測モデルの開発 山名志郎 内野敏剛 田中史彦 濱中大介 131
マルチエージェントシステムによるバイオフィルム形成過程シミュレーションモデル構築の試み 渡邊建士 濱中大介 田中史彦 内野敏剛 132
〔農業経営部会〕
有機芋焼酎の製造販売と原料生産における現状と課題 金岡正樹 西和盛 133
飼料用稲の2回刈り栽培・専用収穫機利用体系の経済性 吉川好文 中野洋 佐藤健次 服部育男 加藤直樹 134
水田農業大規模生産組織のための米麦大豆輪作体系に水稲直播技術を導入した営農モデルの作成 梅下千香 辻聡宏 市丸喜久 灰塚繁和 135
玉露省力栽培の経営評価と営農モデル 中原秀人 136
産地復興アンケート等からみたびわ産地の現状と課題 清水一也 土井謙児 137
農業生産者と実需メーカーの新品種採用基準と情報ニーズ 後藤一寿 138
農業生産法人を核とした地域ブランド化戦略 大西千絵 139
戦略的提携理論による農業経営の分析アプローチ −経営学における戦略的提携理論のレビュを通じて− 田口善勝 140
中核指導機関による現場支援を前提とした圃場データベース構築と運用方法 −ArcGIS PublisherによるマップパブリッシングとADO接続を利用したExcelからのデータ入力− 西村和志 141
(農業経営部会ポスター発表)
コーンコントラクタにおける圃場集約効果の解明 −GPSロガーを用いたハーベスタの挙動データ収集と解析− 西村和志 143
センター供給型TMRにおける付加オプションの有無が酪農経営の導入行動に及ぼす影響 −実験計画法を用いたアンケート設計とロジットモデルを用いた確率論的アプローチ− 西村和志 144
〔野菜・花き部会〕
(野 菜)
イオンビームを利用した変異誘発による実エンドウの特性改良 向吉裕美子 日高史子 阿部知子 永田茂穂 桑鶴紀充 145
サトイモの親芋副芽の利用による大量増殖 第1報 培養土の種類、親芋の掘り上げ時期および切断が副芽の萌芽に及ぼす影響 池澤和広 福元伸一 146
調理が甘藷と大根の抗酸化能と抗酸化成分に及ぼす影響 大塚紀夫 中山裕介 147
桜島大根集団内変異の形質標準化と判別マーカーの開発 田中義弘 桑鶴紀充 石田正彦 畠山勝徳 松元哲 148
イチゴの抵抗性系統間の交雑による複合病害抵抗性個体の選抜 中島寿亀 木下剛仁 西美由紀 149
中山間地における夏秋どりを目指した「さがほのか」の花芽分化早進化技術 第4報 未分化株定植後の日長時間とクラウン部冷却時間の影響 國枝栄二 中島正明 150
イチゴ「さがほのか」の高設栽培における省エネ型暖房方法 中島正明 國枝栄二 光武美和 浦田丈一 151
果菜類における炭酸ガス施用技術 第3報 イチゴ‘さがほのか’における炭酸ガス施用効果 武田恵理子 野ア克弘 黒木利美 渡司照久 152
気温と日長がイチゴ「熊研い548」の頂花房の花芽分化に及ぼす影響 坂本豊房 田尻一裕 小野誠 153
イチゴ「熊研い548」における短期間低温暗黒処理の効果 田尻一裕 坂本豊房 小野誠 154
イチゴにおける緑色蛍光灯の花芽分化への影響と夜行性蛾類抑制効果 水上宏二 平田祐子 森山友幸 155
イチゴにおけるクラウン部の管理温度の違いが連続出蕾性に及ぼす影響 (第5報)地下水等の地域資源を有効活用した低コスト型クラウン温度管理システム 中原俊二 曽根一純 沖村誠 壇和弘 伏原肇 松園正 156
木質ペレット温風暖房機の効率的利用技術の確立 第2報 制御温度精度向上のための温度変動防止機能と木質ペレット投入量削減の効果 石橋哲也 中山敏文 浦田貴子 富永慧 嘉手納勝 157
ヒートポンプの加温特性とランニングコスト低減効果 徳永敦子 石橋泰之 中山裕介 豆田和浩 松村司 158
廃食油とA重油を混合した油の燃焼特性 木下剛仁 中山裕介 徳永敦子 豆田和浩 石橋泰之 159
夜間の低温がトマトの生育、収量、品質に及ぼす影響 林田慎一 小野誠 160
加工・業務用向けカボチャの安定供給のための省力生産技術 別府誠二 桑鶴紀充 永田茂穂 161
加工・業務用レタス2月取り栽培における小・中・大型トンネルに適した栽植密度 中村剛 下田透 平原哲郎 162
熊本県球磨地域における冷凍加工用春播きホウレンソウの栽植密度 泉拓史 児玉賢幸 森田敏雅 163
夏ニラにおける肥効調節型肥料を用いた省力施肥法 手嶋康人 衛本静枝 164
異なるトマト黄化葉巻病抵抗性因子を持つトマト品種の感染・発病抑制効果と収量 堤泰之 小野誠 行徳裕 江口武志 165
簡易隔離床を利用した高糖度トマト栽培における土壌pF値に基づく自動かん水管理法および適品種 白水武仁 吉田耕起 岩本英伸 山並篤史 166
高品質トマト生産への濃縮深層水の有効利用に関する基礎的研究 −短期施用法の4段栽培への応用とその効果− 日高功太 佐合悠貴 藤原藍 壇和弘 沖村誠 北野雅治 167
バーク堆肥および有機肥料を用いたメロンの連作栽培に関する研究(第2報)  森川充実 田中孝幸 高岡秀昭 168
(野菜・花き部会ポスター発表 野菜)
改植時の湛水・陽熱処理によるアスパラガスの生育阻害物質の除去効果 石橋泰之 後藤有華 八谷和美 中山裕介 久納智子 169
アスパラガス半促成長期どり1,2年生株における施肥窒素吸収量の動態 神崎悠梨 佐藤郁 佐藤正幸 170
アスパラガスのアレロケミカル同定のための無菌的単離システム 渡部泰希 平舘俊太郎 藤井義晴 駒井史訓 171
極早生タマネギにおけるマルチ資材の違いが雑草発生量および収量・品質に及ぼす影響 富永慧 中山敏文 石橋哲也 浦田貴子 172
抑制キュウリにおける退緑黄化病が個葉光合成と収量に与える影響 彌冨道男 小野誠 173
ニガウリにおける交配時の子房長および雌花のステージが果実発育に及ぼす影響 岩本英伸 山並篤史 白水武仁 174
罹病性品種におけるトマト黄化葉巻病の発病時期が生育および収量に及ぼす影響 白水武仁 吉田耕起 岩本英伸 山並篤史 175
根圏分割式培養液管理方法における培養液濃度が夏季の低段密植栽培トマトの生育および収量に及ぼす影響 龍勝利 井手治 小熊光輝 奥幸一郎 176
トマト袋培地栽培における杉皮培地利用が生育・収量および品質に及ぼす影響 藺牟田真作 井野寿俊 中村香奈子 黒木利美 渡司照久 177
夏秋トマト簡易隔離床栽培における硝酸態窒素の施用による尻腐れ果発生抑制 藤谷信二 178
夏秋ピーマンの年2作型による収量向上技術 山下大輔 179
促成ピーマンにおけるつり下げ誘引栽培技術の確立(第2報)主枝の誘引作業が生育および収量に及ぼす影響 力武弘 藺牟田真作 黒木利美 渡司照久 180
(花き)
トルコギキョウ冬春出荷作型における温度管理が生育開花に及ぼす影響 徳永敦子 千綿龍志 川ア孝和 181
トルコギキョウに対する糖の前処理による開花促進と日持ち性向上(糖の種類と濃度) 大塚紀夫 中山裕介 辻聡宏 182
トルコギキョウに対する糖の前処理による開花促進と日持ち性向上(糖の必要吸収量) 大塚紀夫 中山裕介 辻聡宏 183
トルコギキョウの高昼温低夜温管理(第2報) 吉松修治 渡邉英城 184
ユリにおける染色体倍加花粉獲得のための笑気ガス処理技術の確立(第2報)アジアティックハイブリッドユリおよびシンテッポウユリにおける花粉の第一減数分裂中期の笑気ガス処理 高取由佳 宮ア雄太 大藪榮興 岡崎桂一 185
畑カラーの球根肥大に球根掘上時期及び加温温度が及ぼす影響 佐渡旭 山口茂 工藤陽史 山方一範 186
シュスラン属植物の非共生発芽に関する研究 川添良子 田中孝幸 187
モリブデン施用によるシクラメン花弁の青色化とその持続性 渡部由香 三嶋大輔 鹿毛哲郎 188
アルストロメリアの有望新品種 清松慎司 渡邊英城 189
多花性のアジサイ新系統「福花13号」および八重・手まり咲き系統「福花14号」、「福花15号」の育成 巣山拓郎 谷川孝弘 山田明日香 松野孝敏 國武利浩 190
スイートピーの生産者における費用、労働力、品種への意識調査 中村薫 福元孝一 明石良 191
電球型蛍光ランプの輪ギク栽培への利用 渡邉英城 吉松修治 192
ヤマジノギクの半身萎凋症状に対する防除対策の検討 菊池徳宏 甲斐千代 193
(野菜・花き部会ポスター発表 花き)
ユリ・オリエンタルハイブリッドの花粉から単離したプロトプラストの核数同定 森保祐仁 馬場園覚 高取由佳 駒井史訓 195
〔果樹部会〕
中晩生カンキツ品種「不知火」の水管理指標の検討 岩崎光徳 深町浩 佐藤景子 今井篤 野中圭介 197
産地における温州ミカン根域制限栽培技術の確立と普及 (第1報)現地圃場における土壌水分と葉の水ポテンシャル,果実品質との関係 貝原洋平 松元篤史 池田英彰 新堂高広 198
産地における温州ミカン根域制限栽培技術の確立と普及 (第2報)園地実態に応じた水管理の実施による果実品質の均一化 松元篤史 田島丈寛 貝原洋平 池田英彰 199
初秋季の透湿性シート被覆による‘無核紀州’の品質向上 川村秀和 東明弘 松島健一 200
有機物の施用がヒリュウ台‘今村温州’の樹体生育等に及ぼす影響 新堂高広 高取由佳 貝原洋平 201
‘ヒリュウ’台利用によるカンキツ‘清見’の省力化 神山光子 古川珠子 奥田良幸 202
早生ウンシュウ樹上完熟栽培の収穫時期とプロヒドロジャスモンとジベレリンの散布濃度 荒牧貞幸 井手勉 林田誠剛 203
着色開始期からのリン酸・メチオニン含有資材の葉面散布が極早生ウンシュウ‘豊福早生’の果実着色に及ぼす影響 川窪裕二 北園邦弥 藤田賢輔 204
年内出荷に適した早生カンキツ‘大分果研4号’の特性 盛俊介 楢原稔 若月洋 佐藤祥子 小出聖 小田眞男 吉澤栄一 川野信壽 小原誠 205
キンカン新品種‘宮崎夢丸’の特性 佐野真実 竹島久善 児玉良一 黒木重文 山口和典 徳満憲治 荒武貴浩 黒木恒和 木下哲次 平田力也 206
ハウスミカン栽培におけるヒートポンプ加温技術(第2報)複合加温栽培における加温機の効率的運転技術 池田繁成 田中要 新堂高広 207
泡被覆による加温ハウスの省エネ効果 吉田智也 208
カンキツ栽培品種の果肉に含まれるカロテノイドの組成 野中圭介 喜多正幸 藤井浩 大村三男 生駒吉識 209
S対立遺伝子をホモに持つ‘クレメンティン’S1実生群とGOTアイソザイム分析によるS遺伝子型の推定 金貞希 松本渚 若菜章 酒井かおり 210
カンキツにおける幼樹開花を用いた雄性不稔実生の分離の解析 谷本佑 藤原由美子 関谷毅 若菜章 酒井かおり 211
鹿児島県におけるウメ‘南高’の花芽分化時期と花芽の発達 藤川和博 稲森博行 橋元祥一 212
スモモ‘貴陽’における人工受粉やジベレリン処理が結実,果実品質,花芽形成に及ぼす影響 牛島孝策 渡邉辰彦 213
ブドウ加温栽培における電照および環状はく皮処理が新梢生育,果実品質および花穂着生に及ぼす影響 藤島宏之 千々和浩幸 白石美樹夫 214
ブドウ黄緑系品種「ロザリオビアンコ」の根域制限栽培による生産安定 福田浩幸 稲富和弘 加藤恵 215
不織布製のポットを利用したニホンナシの大苗育成方法 加藤恵 稲富和弘 福田浩幸 216
ニホンナシ‘幸水’の加温栽培における発芽不良障害の発生実態 渡邉辰彦 牛島孝策 松田和也 藤島宏之 矢羽田第二郎 217
モモ‘川中島白桃’の果肉異常発生に及ぼす生育期の気温の影響と多発期の予測 岩谷章生 岡田眞治 藤丸治 218
(果樹部会ポスター発表)
早生ウンシュウにおけるジベレリンとジャスモン酸による果皮障害抑制 第2報 薬害を軽減できる処理時期と方法 中島貞彦 岩城雄飛 219
ハウスミカン栽培における排熱回収機等省エネ技術のコスト削減効果 池田繁成 新堂高広 松元篤史 田島丈寛 平野稔邦 池田英彰 220
近年育成された中晩生カンキツ数品種に含まれる糖,酸およびフラボノイド類の組成 林田誠剛 井手勉 徳嶋知則 221
高圧電場処理による香酸カンキツ辺塚ダイダイの品質保持 山下大輔 渡辺由香 222
ニホンナシの海外輸出過程における環境変化の解明と果実の鮮度低下を抑制するパッケージ技術の開発 稲富和弘 羽山裕子 伊東良久 加藤恵 223
黒色ポリエステル製果実袋の袋掛けによるニホンナシ‘幸水’の熟期促進 田中実 松浦正 林田誠剛 224