第77回 発表要旨集 目次
機関紙「九州農業研究」総合目次へ
「九州農業試験研究機関協議会」ホームページへ
タイトル著者ページ
〔作物部会〕
(水田作)
佐賀県における水稲の有機栽培技術の検証  第3報 基肥窒素施用量と栽植密度の違いが主要病害虫の発生と収量等に及ぼす影響 森則子 中山敏文 三原実 1
佐賀県における水稲の有機栽培技術の検証  第4報 有機栽培技術の体系化と現地実証 森則子 八田聡 中山敏文 夏秋道俊 三原実 2
湛水直播栽培における鉄およびモリブデン被覆種子を用いた苗立ち安定化技術の開発 秀島好知 原嘉隆 伊勢村浩司 菊池正男 浅川将暁 山口喜久一郎 3
大分県における稲発酵粗飼料用品種「たちすずか」の栽培法 田中啓二郎 菊屋良幸 河野礼紀 森山修志 近乗偉夫 4
「ヒノヒカリ」の全量基肥栽培における生育特性 浦広幸 内川修 緒方大輔 森田茂樹 平田朋也 宮崎真行 5
近赤外線分析計を利用した玄米アミロース含有率選抜の効率化 宮崎真行 山口修 宮原克典 石橋正文 6
全量基肥栽培における「ヒヨクモチ」の品質を向上する肥料の種類と施肥量 大野礼成 佐藤大和 山口修 小田原孝治 7
あきほなみ,元気つくしとヒノヒカリの登熟特性の比較 下田代智英 久保美聡 山神早代 森千秋 畠山雅史 佐々木修 8
宮崎県における普通期水稲「おてんとそだち」の栽培法の確立  第3報  収穫時期が収量・品質に及ぼす影響 三枝大樹 北崎康生 9
心白発現率が高く醸造適性に優れる酒造好適米新品種「南海酒175号」の育成  松浦聡司 三枝大樹 井場良一 北ア康生 永吉嘉文 中原孝博 黒木智 竹田博文 10
飼料イネ「Rayada」の実用化に向けた難脱粒性系統の開発 四宮直子 松尾理華 梶原良徳 山崎敦子 梶原さゆり 篠崎久美香 山城伸哉 望月俊宏  11
宮崎県におけるソバの春まき栽培技術の確立  第1報 品適応性及び播種時期・施肥量の検討   北ア康生 三枝大樹 角朋彦   12
「ラー麦」のタンパク質含有率における年次間の変動要因   佐藤大和 石丸知道 内川修 山口修 大野礼成・小田原孝治   13
ビール大麦新品種「はるみやび」の播種期の違いによる生育特性および麦芽品質   M田美智雄 原口雄飛 田衣子 甲斐浩臣   14
皮性二条オオムギの退色粒発生程度に影響する植物体側の要因解析   原口雄飛 神山紀子 田衣子 M田美智雄 甲斐浩臣   15
小麦における穂揃期追肥による原麦タンパク質含有率向上効果について 森敬亮 三原実 松本和大 吉田桂一郎   16
大麦種子生産における遅発穂多発生時の収穫時期   木下直美 三ツ川昌洋 渡邉美弥子   17
(作物部会ポスター発表 水田作)
米ぬかによるヒメタイヌビエの発芽・伸長抑制メカニズム   Cheon Hwan Park 棚町弘一郎 松尾一宏 Chetphilin Suriyasak 石橋勇志 井上眞理   19
麦播種機を使った水稲乾田直播における播種直後入水法の開発   牧山繁生 秀島好知 市丸喜久 森敬亮    20
オオムギおよびコムギの種子休眠性と活性酸素との関係   Yu Hyeah 青木希 甲斐恭平 小村遥 石橋勇志 井上眞理   21
水稲のトビイロウンカ抵抗性に関する圃場検定法の検討と品種間差   三原実 松本和大 森敬亮 吉田桂一郎   22
オオムギ発芽種子のジベレリン合成系における活性酸素の役割   甲斐恭平 Yu Hyeah 小村遥 石橋勇志 井上眞理   23
イネのアレロパシー活性に対するホソバヒメミソハギとレタスの反応比較   松尾光弘 酒井泰良 盛夏希 川西永恵 湯淺高志   24
暖地の春播きソバ−大豆輪作体系における漏生ソバの発生  住吉正 佐々木豊   25
ダイズの青立ちにおよぼす各器官の水分動態と維管束の発達の影響   糸山晴香 有吉優里 有尾誠介 Andressa C. S. Nakagawa 石橋勇志 井上眞理   26
九州で作出された水稲の高温耐性新品種の特性   棚町弘一郎 Cheon Hwan Park 松尾一宏 Chetphilin Suriyasak 石橋勇志 井上眞理   27
二条大麦新品種「はるか二条」の収量性ならびに品質に関する安定性の解析   塔野岡卓司 荒木均 河田尚之   28
(畑作)  
福岡県における2013年産大豆の収量低下要因 内川修 森田茂樹   29
福岡県の大豆生産圃場における土壌理化学性の実態 石塚明子 小田原孝治 黒蜥シ彦 藤冨慎一 荒木雅登 石橋正文 茨木俊行   30
大豆の早播が豆腐の加工適性に及ぼす影響   緒方大輔 内川修 森田茂樹 浦広幸  31
ブラシノステロイドによるダイズの莢制御機構の解明  有吉優里 糸山晴香 有尾誠介 Andressa C. K. Nakagawa 石橋勇志 井上眞理   32
日長が関与するダイズの莢伸長機構の解明 有尾誠介 有吉優里 糸山晴香 Andressa C.S. Nakagawa 近藤友佳里 富田雄貴 石橋勇志 井上眞理 33
市販にがりによる豆腐でのフィチン酸ナトリウム添加の影響  中澤芳則   34
ナガチャコガネ防除のための簡易トラップの試作   釘本和仁   35
鹿児島県におけるソバ春まき栽培品種「春のいぶき」の栽培法 竹牟禮穣 小山田耕作 福元伸一 加治俊幸  36
ソバスプラウトに含まれるフラボノイド組成の栽培温度による違い 澤井祐典 西場洋一 松井勝弘 北ア一義 渡辺慎一 諸岡譲   37
種子島におけるサトウキビ「NiF8」の収量予測   大内田真 長谷健 上野敬一郎   38
種子島におけるサトウキビ「Ni22」の生育・収量特性と施肥反応 大内田真 長谷健 上野敬一郎  39
サトウキビ畑における茎葉処理型除草剤をもちいたヒイラギヤブガラシの殺草効果   比屋根真一 山城信哉 大工政信 出花幸之介 高江洲賢文   40
沖縄本島南部のジャーガル地域におけるサトウキビ品種別収穫・株出し時期の検討 出花幸之介 比屋根真一 崎間浩 宮城克浩   41
低温糊化性でん粉原料用サツマイモ「こなみずき」の多収栽培法 竹牟禮穣 小山田耕作 西原悟 松田浩 福元伸一 加治俊幸   42
沖縄県の冬春期における被覆資材を用いた茎葉利用カンショの栽培   謝花治 翁長彰子 出花幸之介    43
サツマイモ新系統'関東132号'の佐賀県上場地域における適応性  浦田貴子 石橋哲也 大坪竜太 楢崎耕輔   44
バレイショ春作マルチ栽培における生育・収量特性と気象条件との関係   坂本悠 森一幸 渡邊亘 向島信洋 田宮誠司 草原典夫 中尾敬   45
(作物部会ポスター発表 畑作)
操作性・再現性に優れる国産磁器製の紅茶審査器具の抽出特性   宮崎秀雄 山口幸蔵 明石真幸   47
フクユタカ,サチユタカ,タマホマレから推測する豆腐加工適性 中澤芳則   48
サツマイモ品種「ハイスターチ」のサツマイモネコブセンチュウ抵抗性遺伝子座判別用DNAマーカーの適用範囲  田淵宏朗 中山博貴 田中勝 甲斐由美 高畑康浩   49
サツマイモ品種「べにはるか」の品種判別マーカー開発のためのレトロトランスポゾンRtsp-1挿入箇所のスクリーニング   田中勝 門田有希 田原誠 甲斐由美 岡田吉弘 高畑康浩   50
グリシニンサブユニット組成が豆腐加工特性に与える影響   高橋将一 小松邦彦 河野雄飛 大木信彦 高橋幹   51
サツマイモ葉身カロテノイドの品種・系統間差および繰り返し収穫における変動   西場洋一 甲斐由美   52
〔土壌肥料部会〕
発酵鶏糞を主とした小麦の無化学肥料栽培技術 大塚紀夫 山口史子 福田敬 森則子 陣内宏亮 富永慧   53
鶏ふん堆肥および油粕の新窒素肥効評価法に基づくタマネギの施肥法 井上勝広 大津善雄 里中利正   54
飼料用サトウキビ品種「しまのうしえ」の窒素吸収特性 餅田利之 四藏文夫 小牧有三 橋口健一郎   55
刈草剪定枝葉から分離した窒素固定・セルロース分解細菌群に関する研究 桑山美久 安藤裕一朗 川内智裕 池永誠 境雅夫   56
ダイズ共存細菌の群集構造解析におけるLNA-PCRクランプ技術 池永誠 田淵雅和 日栄作 境雅夫   57
笠野原台地および鹿屋原台地における脱窒活性・脱窒能 山根剛 肥後修一 脇門英美   58
「元気つくし」の肥効調節型肥料の基肥利用における調整肥の効果 荒木雅登 黒蜥シ彦 石橋正文   59
非火山灰土壌の米麦二毛作体系ほ場におけるリン酸・カリ低成分肥料の基肥利用 石橋正文 荒木雅登 黒蜥シ彦 樋口俊輔 荒巻幸一郎   60
竹粉末を用いた育苗が水稲の生育と収量に及ぼす影響   山川武夫 西原清三 山下隆三   61
イチゴ畝連続利用栽培における土壌の断面形態および理化学性の実態   藤冨慎一 下村克己 佐藤公洋 平田祐子 黒蜥シ彦   62
佐賀平坦地域における大豆連作が土壌の理化学性と収量に及ぼす影響   山口史子 大塚紀夫 富永慧 秀島好知 山口喜久一郎 浅川将暁 牧山繁生   63
諫早湾干拓地における施設土壌の管理技術  第2報 諫早湾干拓地土壌における層位ごとの土壌化学性と栽培品目との関係   平山裕介 松岡寛智 山田寧直   64
〔畜産部会〕
梱包方法の違いがギニアグラス「うーまく」ロールベールサイレージの発酵品質に及ぼす影響   服部育男 加藤直樹 小林良次   65
ギニアグラス「うーまく」における1番草乾草の嗜好性   深川聡 丸田俊治 峰靖彦    66
ギニアグラス新品種「パイカジ」および「うーまく」を用いた嗜好性試験   幸喜香織 上間典子 森山高広 島袋宏俊   67
ギニアグラスの放牧における品種間差 丸田俊治 深川聡 峰靖彦   68
新形質ギニアグラス品種「うーまく」の繁殖牛飼料としての評価 竹之内直樹 服部育男 阪谷美樹 神谷充   69
パリセードグラス品種MG5の越冬について   金子真 下副田充志 松野愛子 新牛込純治 紙屋徹士 小林良次    70
ホールクロップ用大麦を飼料イネ刈取前に立毛播種する省力多収技術   東政則 立山松男 小畑寿   71
攪拌発酵式堆肥化施設において攪拌機に設置した細霧装置の脱臭効果 森弘 上野顕 原田晋平   72
熊本県内の家畜排せつ物由来堆肥及び液状きゅう肥の含有肥料成分   大川夏貴 中村寿男 中山統雄 原野幸子 坂本夏美 鶴田克之   73
飼料用米,大麦,製茶加工残さの混合条件における飼料の低蛋白化が冬季の肥育前期豚の増体,窒素排せつ量に及ぼす影響   脇屋裕一郎 大曲秀明 立石千恵 河原弘文 宮崎秀雄 永渕成樹   74
おきなわ山羊と交雑山羊の産肉性の比較   千葉好夫 我那覇紀子 野中克治   75
「おおいた冠地どり」の専用飼料開発試験 人見徹 阿南加治男 川部太一   76
大豆煮汁の乳用牛飼料への利用方法の検討   田中伸幸 岡崎雅記 藤田達男   77
黒毛和種繁殖牛における乳酸発酵芋焼酎粕発酵TMRの利用性   宮谷さゆり 中武真 西村慶子 前田友香 加藤大輝   78
強化哺育・粗飼料多給型育成による黒毛和種素牛の生産技術 小野晴美 浅岡壮平 林武司 森美幸 磯崎良寛 家守紹光 齋藤 昭   79
血統および出荷月齢とモモ肉の脂肪交雑との関係   古川智博 山口正洋   80
褐毛和種におけるEDG1の効果検証   佐田千絵美 稲永敏明 坂本夏美 大倉昭信 山田宣永   81
(畜産部会ポスター発表)
オギから採種して得られた三倍体と推定される個体の出現程度    山下浩 我有満 上床修弘 木村貴志 高井智之 河野道治 齋藤彰 桂真昭 波多野哲也 荒川明   83
野生獣の誘引および福岡県内捕獲獣の肉質   笠正二郎 増本憲考   84
肥育後期飼料へのツバキ油粕の添加割合が肥育豚の嗜好性,産肉性および豚肉の理化学的特性におよぼす影響   本多昭幸 高山裕介 坂東弘光   85
県産食肉ブランド強化に向けた県産果実加工残さの栄養特性 安里直和 砂川隆治 太野垣陽一 翁長桃子 森山高広 島袋宏俊   86
カンショ焼酎粕濃縮液の給与が肥育牛の尿中ミネラル濃度に及ぼす影響   神谷充 神谷裕子 服部育男 林義朗   87
暑熱環境下ホルスタイン種乾乳牛への重曹添加が尿性状および消化率に及ぼす効果   野中最子 神谷裕子 田中正仁   88
ウシ卵子のガラス化保存におけるデバイスの違いが胚発生成績に及ぼす影響   曽我康吏 江副大輔 井上一輝 宮島恒晴   89
〔農業機械部会〕
ローラ鎮圧による暖地乾田直播圃場の漏水防止技術−X線CT画像に基づく鎮圧土壌の構造解析−   深見公一郎 椋木俊文 中野恵子 松尾直樹 岡安崇史 広間達夫 土屋史紀 佐々木豊   91
水田におけるメタン発酵消化液の肥培かんがい効果   高山洸翔 太田美加 田中宗浩   92
水稲の生育指標DBに基づく幼穂形成期の草丈および茎数の推定法   平井康丸 猿田恵輔 井上英二 岡安崇史 光岡宗司   93
内張多層化ハウスにおけるフィルムの結露と透水性有孔フィルムの省エネ性  倉田和馬 田中誠司   94
自脱コンバイン揺動選別現象の3次元個別要素法解析   廣松大樹 井上英二 光岡宗司 岡安崇史 平井康丸   95
MT法を用いた農業機械の異常検出   高田康兵 光岡宗司 井上英二 岡安祟史 平井康丸   96
ANCによる農業機械騒音の低減化に関する基礎研究   日野翔太 梅野覚 井上英二 光岡宗司 岡安崇史 平井康丸   97
搾乳時の作業安全性に関するリスクマネジメント -宮崎大学附属牧場の農業生産工程管理(GAP)をもとに-   真智代 木下統   98
近赤外透過法を用いた安納いも糖度等の迅速測定に関する基礎的研究   松尾美紅 上野敬一郎 宮原照昌 北原兼文 紙谷喜則 河野澄夫   99
NIRを用いた沖縄県産‘アーウィン’マンゴーの食べ頃評価に関する基礎研究 平良英三 上里玄 比屋根理恵 上野正実 菊地香 川満芳信   100
電気処理によるゴーヤの抗酸化活性増強    弘中和憲 名嘉村欣誠   101
ミドリムシによる食中毒細菌の生物的殺菌効果の検証   中村嘉孝 上野夏緑子 石橋松二郎 河野澄夫 紙谷喜則   102
硬質材料表面に形成するバイオフィルムの硬度と膜厚の関係 森本愛子 江口広大 濱中大介 田中史彦 内野敏剛   103
機能水によるタンパク質洗浄効果を検討するための一考察   辻下瑞紀 榎木里真 河野澄夫 紙谷喜則   104
(農業機械部会ポスター発表)
Investigation on vibration characteristic of hand tractor  Phon Sovatna Eiji Inoue Muneshi Mitsuoka Takashi Okayasu Yasumaru Hirai   105
Dimension Effect on Performance of Tractor Driving on Sloping Ground   Zhen Li Muneshi Mitsuoka Eiji Inoue Takashi Okayasu Yasumaru Hirai   106
刈払機のハンドル形状に関する基礎研究 山岸憲幸 花山裕希 川越紅葉 亀崎秋恵 御手洗正文   107
三次元統合解析手法を用いた耕うん作業機性能評価に関する研究   土谷肇太 岡安崇史 福田稔久 深見公一郎 井上英二 平井康丸 光岡宗司   108
コンテナ苗植栽用背負式オーガの試作  槐島芳徳 石田森生 長倉良守 日吉健二 小林太一   109
苗床育苗と養液育苗の組み合わせによるかんしょ小苗の大量生産技術の開発   杉本光穂 溜池雄志 石井孝典 馬門克明   110
月桃エッセンスを利用した土壌線虫防除に関する基礎研究   安里耕 亀崎秋恵 花山裕希 川越紅葉 御手洗正文   111
環境保全型雑草抑制技術の開発 -焼酎廃液による雑草抑制効果および作物への影響-   香月みなみ 岩崎浩一 末吉武志   112
葉菜類生産への簡易圃場環境モニタリングシステムの応用に関する研究  田中大介 岡安崇史 井上英二 平井康丸 光岡宗司 永尾宏臣 坂井佑輔 粟井一勝   113
農業情報提供のためのARインタフェースの開発    石丸俊介 岡安崇史 吉永崇 有田大作 井上英二 平井康丸 光岡宗司   114
キャビン付き農業機械の騒音量の測定    梅野覚 日野翔太 堀江亮汰 井上英二 光岡宗司 岡安崇史 平井康丸   115
Nitrogen balance in the production of rice for whole crop silage Khem Borin Yasumaru Hirai Takeo Yamakawa  Mori Yuki Inoue Eiji Takashi Okayasu Muneshi Misuoka   116
粒度分布を考慮した飼料用砕米の乾燥モデルの構築    田中良奈 田仲亜衣 田中史彦 濱中大介 内野敏剛  117
裸麦の硝子率測定精度の向上に関する研究    西清孝 稲葉繁樹 広間達夫   118
種々の条件における微細気泡混合水を用いたバイオフィルム除去効果の検討    吉田葵 田中那奈 濱中大介 田中史彦 内野敏剛   119
青果物混載輸送のためのエチレン除去システムの最適化   寺野香穂 梅野裕太 田中史彦 内野敏剛 濱中大介   120
培地上のPenicillium 胞子に対する紫外線照射殺菌モデルの検討    名城昂平 TRIVITTAYASIL Vipavee 濱中大介 田中史彦 内野敏剛   121
熱湯浸漬処理が農産物の物理的特性に及ぼす影響    今泉鉄平 佐藤優磨 内野敏剛 田中史彦 濱中大介   122
ニガウリの鮮度保持に関する基礎研究    森美穂乃 川越紅葉 亀崎秋恵 花山裕希 御手洗正文   123
X線CT画像によるカキ果実の内部構造変化の評価    原和伸 田中史彦 赤坂泰輝 内野敏剛 濱中大介   124
〔農業経営部会〕
北九州における田の担い手に関する特徴と動向−農業センサスの個票組み替え集計から−   岡崎泰裕 田口善勝 安武正史   125
佐賀県における有機水稲栽培の特徴と成立条件    八田聡 夏秋道俊 中山敏文 森則子 辻聡宏 牧善弘   126
水田における露地アスパラガスと露地野菜輪作体系の導入条件と経営試算   盛高正史 志賀光里   127
農商工連携の経済的パフォーマンス評価手法の開発   大西千絵 森嶋輝也    128
消費者が求める黒糖ニーズの分析    栄野比美徳 恵飛須則明 後藤一寿   129
沖縄県における「そば」栽培の現状と展開方向  恩田聡 平松紀士 恵飛須則明 栄野比美徳 山城梢 岩本由美   130
南西諸島における豚尿液肥利用モデルの策定   相原貴之 田中章浩   131
〔野菜・花き部会〕
(野 菜)
電照用光源の違いが「あまおう」の促成栽培における生育や花成に及ぼす影響   奥幸一カ 梶原孝樹 小賦幸一 水上宏二   133
北部九州中山間地における四季成り性品種によるイチゴ夏秋栽培   中島正明 江頭淳二   134
温暖地におけるイチゴ四季成り性品種を用いた7月植え促成作型の検討   飛川みのり 森下昌三 沖村誠 曽根一純 藤田敏郎   135
イチゴ野生種における炭疽病抵抗性程度   末吉孝行 片山貴雄   136
年2作型に着目したトマトの周年栽培体系技術の確立   江藤真美子 藤谷信二   137
夏秋カラーピーマンにおける定植苗齢と夜間被覆が生育及び収量に及ぼす影響   篠原陽子 野ア克弘 黒木利美   138
スナップエンドウの深層施肥法による増収技術   満塩和昭 中島純 遠嶋太志 福元伸一   139
実エンドウ新品種‘まめこぞう’の育成   中島純 長友誠 向吉裕美子 日高史子 田中義弘 桑鶴紀充 永田茂穂   140
短節間・高貯蔵性カボチャ‘ジェジェJ’の抑制作型における生産力と貯蔵性   満留克俊 鮫島陽人 杉山慶太 桑鶴紀充 永田茂穂   141
ハクサイの桜島降灰付着量に対する品種間差異と長繊維不織布の被覆効果   福元伸一 上之園健一   142
ダイコンの株間・窒素施用量・品種の違いが空洞症発生に及ぼす影響   別府誠二 園中光範 福元伸一 加治俊幸   143
パリセードグラスとの畑輪作体系によるサトイモ栽培   寺原亮治 中村光彩 安達克樹 上杉謙太 岩堀英晶 重山和文・藤田勝見   144
相対照度によるアスパラガス繁茂度の推定 重富修 福嶋奈緒美 三浦裕子 田川愛 富永慧   145
夏播き冬どりタマネギの収量に及ぼす苗質と生育の影響   石橋哲也 浦田貴子 大坪竜太 楢崎耕輔   146
冬どりタマネギの電照栽培に関する研究 第2報 電照栽培に適した品種の選定   陣内宏亮 國枝栄二   147
球磨地域における年内収穫に適する冷凍加工用ホウレンソウの有望品種と播種期限   本田真也 泉拓史   148
(野菜・花き部会ポスター発表 野菜)
イチゴ高設少量培地栽培における多収要因の解明(その2) 14hr日長条件下での気温の差異が一季成り性品種の花芽分化の安定性に及ぼす影響   曽根一純 飛川みのり 北谷恵美 森下昌三 沖村誠   149
ホウ酸塩肥料の葉面散布時期の違いがイチゴ‘さがほのか’の先絞り果(仮称)発生に及ぼす影響   大坪竜太 石橋哲也 浦田貴子   150
高い抗酸化活性に着目したイチゴ選抜系統および白イチゴ系統の機能性成分の特徴   藤田敏郎 顧炯炎 飛川みのり 森下昌三 曽根一純   151
アスパラガスにおける若茎の出液速度と異常茎の一種「山羊角」発生との関係 岡本章秀 渡辺慎一   152
アスパラガス無菌実生の齢が浸出液中の無機成分含量へ与える影響   本村勇貴 金子祥太郎 畠山茂 原口智和 藤井義晴 駒井史訓 153
(花き)
輪ギク(エコマム)年4作生産方式の実証 −3月出荷作型における温度管理の検討−  甲斐克明 國本忠正 155
光源の種類と波長スペクトルの違いが昆虫の誘引に及ぼす影響   白山竜次 郡山啓作 156
キクさし穂への温湯処理がさし芽育苗後の発根と生育に及ぼす影響   郡山啓作 白山竜次 157
ラナンキュラスのかぎ芽苗の9月定植作型における育苗方法  中村薫 永友佑樹 郡司定雄 158
テッポウユリ‘クリスタルホルン’のブラスチングの発生要因の解明と対策   今給黎征郎 白山竜次 159
ユリ花粉からの直接的な雄原細胞単離に及ぼす蕾生育ステージの影響   本多健作 坂本健一郎 駒井史訓 160
(野菜・花き部会ポスター発表 花き)
糖質の種類と濃度がユリ花粉からの直接的な雄原細胞単離に及ぼす影響   佐藤美樹 本多健作 駒井史訓 161
イオン液体を活用したハナショウブの膨潤花粉のSEM観察   森永健太 栄楽希 冨山章三 桑畑進 駒井史訓 162
〔果樹部会〕
カンキツ早期成園化のための育苗時からの双幹形仕立ての効果  松本和紀 豊福ユカリ 163
ワセウンシュウにおける12月の切り枝水挿しによる着花量予測 豊福ユカリ 松本和紀    164
カンキツに対する低濃度ジベレリンとマシン油乳剤および機能性展着剤の混用散布による花芽抑制・新梢発生促進効果  阿部健一 原ノ後翔 伊藤俊明 山口秀一 河瀬憲次   165
わい性台木ヒリュウを利用した‘させぼ温州’の特性  荒牧貞幸 古川忠 林田誠剛   166
極早生ウンシュウ‘肥のあかり’における年間施肥窒素の削減が樹体および収量・品質に及ぼす影響  峯田絵理 榊英雄 山田一宇   167
寄せ接ぎ法を活用したカンキツ育種年限の短縮と省力化   北村光康 高原利雄 榊英雄   168
微粒子化された炭酸カルシウム水和剤の散布による露地栽培カンキツ‘せとか’の日焼け果軽減法   古川忠   169
ジベレリンの処理方法の違いがブドウ「シャインマスカット」の食感に及ぼす影響 釘宮伸明 福田賢二   170
施設栽培におけるオキナワ台モモ「日川白鳳」の硝安溶液散布による開花促進及び収穫前進化 松本紀子 石本慶一郎   171
露地栽培のニホンナシにおける発芽不良の発生要因 藤丸治 岩谷章生 172
ボルドー液散布処理によって誘発されたニホンナシ‘幸水’の単為結果した果実における品質および糖組成   渡邉辰彦 松本和紀 三井友宏 後藤雅之 松本辰也 平塚伸   173
カキ‘富有’における温度およびエチレン濃度の違いによる果実品質への影響 塚ア守啓 法村奈保子 馬場紀子 内野敏剛   174
カキ‘富有’の熟度と包装資材が輸出後の果実品質に及ぼす影響  法村奈保子 馬場紀子 塚ア守啓   175
1−MCP処理がカキ‘富有’および‘太秋’の軟化に及ぼす影響  馬場紀子 塚ア守啓 法村奈保子   176
近赤外分光法によるイチジク‘とよみつひめ’の成分評価  池田浩暢 塚ア守啓 河野澄夫   177
(果樹部会ポスター発表)
ヒートポンプ加温ハウスミカン栽培における地中熱交換施設の利用効果 池田繁成 夏秋道俊 新堂高広   179
香酸カンキツ「ゆうこう」の加工品開発 西幸子 中山久之   180
ビワごま色斑点病の発病程度における品種間差異およびその遺伝 稗圃直史 福田伸二 石本慶一郎 中山久之 谷本恵美子   181
カンキツ新品種「大分果研4号」の高品質化技術 姫野悟 信貴竜人 若杉泰嗣   182