Navigation>>九州沖縄農業研究センター >> 研究成果情報 >> 平成17年度目次

茎伸長が優れ多収なサトウキビ新品種「Ni23」


[要約]
サトウキビ「Ni23」は、発芽、萌芽が良く、茎伸長が優れ、春植え、夏植え、株出しともに多収である。夏季に干ばつが発生した年でも既存品種より収量が多い。干ばつが発生しやすい地域に普及させることで、サトウキビの生産性向上が期待できる。
[キーワード]
サトウキビ、株出し多収、干ばつ、初期伸長、奄美地域

[担当]
九州沖縄農研・作物機能開発部・さとうきび育種研究室

[代表連絡先]電話0997-25-0100	
[区分]九州沖縄農業・畑作、作物・夏畑作物	
[分類]技術・普及	

[背景・ねらい]
鹿児島県奄美地域のサトウキビ栽培は、5つの島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)で行われており、鹿児島県の全生産量557,666tの約70%(2003/2004年期)を占めている。同地域の主要品種は「NiF8」(61%)、「F177」(26%)であるが、「NiF8」や「F177」は干ばつ条件下で少収になりやすいという欠点がある。2003年から萌芽性が良好で、風折抵抗性に優れる「Ni17」の普及を進めているが、この品種も干ばつ条件下では少収になりやすい。そこで、夏季に干ばつに見まわれた年でも収量が多い品種を育成し、同地域におけるサトウキビ生産性の向上を図る。

[成果の内容・特徴]
  1. 「Ni23」は、早期高糖性で多収の「NiF8」を種子親に、萌芽性、分げつ性に優れる多収の「Ni9」を花粉親にして1994年に交配を行い、1996年に実生選抜を実施して以降、株出し萌芽性と高糖性を重視して選抜した系統である。

  2. 発芽、萌芽、茎伸長が優れ、奄美地域において春植え、夏植え、株出しのいずれの作型でも、「F177」よりも原料茎重が多い(表1)。

  3. 奄美地域における甘蔗糖度は春植え、夏植え、株出しのいずれの作型でも「F177」より高く、可製糖量も多い(表1)。

  4. 7、8月に干ばつが発生した年でも生育が良く「NiF8」、「F177」、「Ni17」より原料茎重が重く、可製糖量が多い(表2)。

[成果の活用面・留意点]
  1. 鹿児島県が奄美地域を対象に奨励品種として採用を予定している。干ばつが発生しやすい地域での「F177」の代替として、1000haの普及を見込んでいる。

  2. 黒穂病抵抗性は弱である。発生した場合には速やかに抜き取る。

  3. 強風時に茎の折損が発生しやすいので、風折被害を受けやすい圃場での栽培は控える。

[具体的データ]

表1 サトウキビ新品種候補系統「Ni23」の特性概要


表2 奄美地域における干ばつ年の成績


図1 「Ni23」の立毛状況(2005年10月、九州沖縄農研、春植え)

[その他]
研究課題名:南西諸島の低収量地域でも株出し多収性を発現するさとうきび品種の育成
課題ID:07-03-05-01-06-05
予算区分 :交付金
研究期間 :1996〜2005年度


目次へ戻る