Navigation>>九州沖縄農業研究センター >> 研究成果情報 >> 平成17年度目次

肥育中期の飼料効率は枝肉の脂肪蓄積量と正の相関がある


[要約]
黒毛和種去勢肥育牛において肥育中期の可消化養分総量摂取水準を同一条件とすると、この期間の増体量が多く飼料効率が優れる個体では枝肉の脂肪蓄積量が多い。

[キーワード]
ウシ、肉用牛、肥育中期、可消化養分総量、飼料効率、脂肪蓄積量

[担当]
鹿児島畜試・肉用牛部

[代表連絡先]電話0995-48-2185	
[区分]九州沖縄農業・畜産草地(大家畜)	
[分類]技術・参考	

[背景・ねらい]
これまでの黒毛和種去勢肥育牛の枝肉解体調査結果から14〜20ヵ月齢時における枝肉脂肪の増加量が多いことに注目し、肥育中期の可消化養分総量(TDN)摂取量を日増体量(DG)0.70kgに必要なTDN量に制限し、枝肉の脂肪蓄積量を減少させる飼養技術を開発している(2004)。今回は、二代祖まで同一血統(忠茂-金徳)の黒毛和種去勢肥育牛12頭を用い6〜24ヵ月齢の18ヵ月間肥育において肥育中期(15.6〜19.7ヵ月齢)のDGが0.70kgとなるようにTDN摂取量を調整し、他の期間は飽食とする肥育試験を行い、肥育中期にTDN摂取量を制限した肥育牛の日増体量(DG)と枝肉の脂肪蓄積量の関係を明らかにする。

[成果の内容・特徴]
肥育中期(15.6〜19.7ヵ月齢)のDGにより供試牛をA区(DG>0.8kg、5頭)、B区(0.7kg≦DG≦0.8kg、3頭)およびC区(DG<0.7kg、4頭)の3区に分け、発育、枝肉格付成績および枝肉構成を比較する。

  1. 肥育中期のDGは、A区0.89kg、B区0.75kgおよびC区0.65kgとなっている。肥育中期のTDN摂取量には差がなく、飼料効率はA区>B区>C区となりC区と比べA区で有意に優れる(表1)。

  2. 枝肉重量はA区>B区>C区の順に優れる値となる。しかし、A区ではC区と比べ枝肉の脂肪割合が有意に多くなる。また、A区ではB区およびC区と比べ皮下脂肪割合が有意に多くなる(表2表3)。

  3. 供試牛の肥育中期DGと脂肪割合,皮下脂肪割合の間には有意な正の相関がみられる。また,肥育中期の飼料効率と脂肪割合および皮下脂肪割合の間にも有意な正の相関がある(表4)。

    以上のことから、TDN制限給与条件下にある肥育中期の増体量が多く飼料効率の優れる個体では、枝肉の脂肪蓄積量が多くなる。

[成果の活用面・留意点]
  1. 枝肉の歩留改善を目的とする飼養技術開発の参考となる。

[具体的データ]

表1 体重、日増体量、可消化養分摂取量および飼料効率


表2 枝肉の格付成績


表3 枝肉の構成割合(左半丸)


表4 肥育中期のDG、飼料効率およびTDN摂取量と枝肉脂肪割合の相関関係(n=12)

[その他]
研究課題名:低コスト・高品質牛肉生産のための飼養技術の確立
予算区分 :県単
研究期間 :2001年〜2005年度


目次へ戻る