Navigation>>九州沖縄農業研究センター >> 研究成果情報 >> 平成17年度目次

豚凍結精液におけるカフェイン添加希釈液を用いた繁殖成績向上技術


[要約]
カフェインなどを添加したBCC液を用いて、凍結精液を希釈すると、モデナ液を用いた場合に比べて、人工授精後の繁殖成績が向上する。

[キーワード]
豚凍結精液、人工授精、深部注入器、精液希釈液

[担当]
福岡農総試・家畜部・養豚チーム

[代表連絡先]電話092-925-5232	
[区分]九州沖縄農業・畜産草地(豚・鶏・畜産環境)	
[分類]科学・参考	

[背景・ねらい]
従来の豚凍結精液を用いた人工授精(AI)では、1発情あたりのAIに100億(注入精子数50億×2回)の注入精子が必要であるため、効率よく精液を活用することが困難である。
近年、カフェインなどを添加した精液希釈液(BCC液)を用いて、液状精液による人工授精を行うと、子宮内において精子損耗率が抑えられることが明らかとなっている。そこで、BCC液により凍結精液を希釈してAIするととともに、最近、注入精子数を削減できることが報告されている深部注入器とを組み合わせて、従来の半分程度の注入精子数でも受胎可能な手法を確立する。

[成果の内容・特徴]
  1. AIに用いた凍結精液融解後の精子活力は、融解直後および60分後では、モデナ液区および修正BTS液(Na2EDTAを規定量の半分に修正)に1.15mMカフェイン、3mM塩化カルシウムを添加した希釈液(BCC液)区の間に差は、認められないが、融解30分後は、BCC液区の方が優れる(図1)。

  2. 精液希釈液をモデナ液およびBCC液を用いて、2回の人工授精(注入精子数25億、子宮体部注入カテーテルを使用)を行ったところ、受胎率はモデナ液区の40%に対してBCC液区は60%となり、BCC液区の方が優れる傾向にある(表1)。

[成果の活用面・留意点]
  1. 凍結精液融解後は、速やかに人工授精を行う。

[具体的データ]

図1 凍結精液の経時的活力


表1 希釈液の違いによる凍結精液AI後の繁殖成績

[その他]
研究課題名:超少量注入法による豚凍結精液実用化技術の確立
予算区分 :法人等受託(伊藤記念財団)
研究期間 :2004〜2006年度


目次へ戻る