ルーメン微生物の増殖効率を高める低蛋白TMRで優れた泌乳成績が得られる


[要約]
泌乳最盛期に給与する混合飼料中の粗蛋白質含量を14%程度する場合、ルーメン非分解性蛋白質の割合を高めるよりも、ルーメン微生物の増殖効率を高める飼料構成にすることで、優れた泌乳成績が得られる。

[キーワード]乳用牛、粗蛋白質、TMR、ルーメン、微生物

[担当]新潟畜産研・酪農肉牛科、長野畜試・酪農部、群馬畜試・大家畜研究グループ、千葉畜総研・乳牛研究室、東京農総研・生産技術科、山梨酪試・乳肉用牛科、栃木酪試・酪農技術部、愛知農総試・畜産研究部、畜産草地研・生理栄養部
[代表連絡先]電話:0256-46-3103
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(大家畜)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  泌乳最盛期牛に給与する混合飼料(TMR)中の粗蛋白質(CP)含量を低く抑え、生産性を維持しつつ、窒素排せつ量の低減を目指し、大豆粕およびトウモロコシの加工処理法の違いを検討することで、粗蛋白質および炭水化物のルーメン内での分解を同調をはかったが、乳生産に顕著な違いがないとこが確認された。
  そこで、今回は、飼料由来で蛋白質の供給量を高めた場合とルーメン微生物由来で蛋白質の供給量を高めた低蛋白TMRについて、日本飼養標準で示される粗蛋白質に関する推奨値を含むTMRと対比しながら、乳生産および窒素出納への影響を検討する。

[成果の内容・特徴]
1. 公立8試験場の2産以上の46頭の乳牛に試験飼料をTMRで給与する分娩後15週間の飼養試験を実施するとともに、飼養試験終了前後で連続3日間の出納試験を実施した。試験区は、設計として粗蛋白質(CP)を14%、非分解性蛋白質(CPu)割合を高め、非繊維性炭水化物(NFC)の主な給源としてトウモロコシを用いるコーン区、CPを14%、非分解性蛋白質割合を低くし、トウモロコシの半分を大麦に代替することでルーメン微生物の増殖効率を高めることを目指す大麦区、大麦区のCPおよびCPdを日本飼養標準で推奨される値に高めたJFS区の3区とした(表1)。
2. 乾物摂取量、乳量、乳成分率には有意な差はないものの、4%脂肪補正乳ではコーン区が他の2区に比べ低い傾向が伺われ、乳中尿素態窒素濃度はJFS区が他の2区に比べ高い傾向にある(表2)。
3. ルーメン液中のVFA濃度および組成は、区間に有意な差はみられないものの、アンモニア態窒素濃度は、JFS区が他の2区に比べて高い傾向にある。血液中の尿素態窒素濃度は、JFS区が他の2区より高いが、その他の項目で差はみられない(表3)。
4. 出納試験の結果、ルーメン内の微生物体蛋白質合成量は大麦区がJFS区と同等で、コーン区は両者に比べて低い傾向にある。また、ふん中に排泄される窒素の割合は大麦区が他の2区に比べて小さい(表4)。

[成果の活用面・留意点]
1. 泌乳最盛期において、生産性を維持しながら窒素排せつ量を低減する給与技術として利用できる。
2. 本技術を活用する場合は、給与飼料の成分把握が不可欠である。
3. 蛋白質要求量の高い初産牛については、別途検討が必要である。


[具体的データ]

表1 試験飼料の構成と成分組成 表2 飼料摂取量および乳生産
表3 ルーメン液および血液性状
表4 摂取窒素の分配率およびルーメン微生物体蛋白質合成量

[その他]
研究課題名:動物質飼料に依存しない高泌乳牛の飼養管理技術の確立
予算区分:高度化
研究期間:2004〜2006年度
研究担当者: 関誠(新潟畜産研)、浅井貴之(長野畜試)、都丸友久(群馬畜試)、渡邉晴生、村上洋美(千葉畜総研)、田村哲生(東京農総研)、横山紅子(山梨酪試)、高山未来(栃木酪試)、佐藤清(愛知農総試)、梶川博、田鎖直澄(畜産草地研)

目次へ戻る