飼料イネの麦間直播は窒素多用栽培でもイチモンジセセリの発生量が少ない


[要約]
埼玉県の米麦二毛作体系において、飼料イネの麦間直播栽培は、耕畜連携における家畜由来液肥の窒素成分を増収目的で多用した場合でも、イチモンジセセリ(イネツトムシ)第2世代幼虫の発生を抑制できる。

[キーワード]飼料イネ、イチモンジセセリ、耕種的防除、耕畜連携、麦間直播、多肥栽培

[担当]埼玉農総研・水田農業研究所・生産環境担当
[代表連絡先]電話:048-521-5041
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・病害虫(虫害)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
  飼料イネの麦あと移植栽培は、イチモンジセセリが著しく多発する。そのため、低コスト栽培の実現や薬剤の使用制限等の観点から農薬によらない防除対策が求められている。米麦二毛作体系で麦間直播を行うと、一般の麦あと移植と比較してイチモンジセセリの発生が少ない(17年度成果)。しかし、多肥栽培条件での効果は知られていないことから、耕畜連携を前提に家畜由来液肥を用い、多肥栽培条件についてイチモンジセセリの発生程度を明らかにする。

[成果の内容・特徴]
1. 麦間直播は、家畜由来液肥の窒素施用量を2倍及び4倍に増加しても、麦あと移植と比較してイチモンジセセリは多発生しない。葉身の窒素含有量の指標であるSPAD値(葉緑素濃度)も低い(表1図1)。
2. 麦間直播は、同量の窒素量を投入した麦あと移植と比較して乾物収量が低い。窒素施用量を増加すると乾物収量が増加する。多肥栽培条件では麦あと移植と同等の収量が得られる(図2)。

[成果の活用面・留意点]
1. 麦間直播で投入した家畜由来液肥中の窒素分の動態と収量との関係については、圃場からの漏水の問題も含めて、今後さらに検討を要する。
2. 麦間直播の飼料イネは、麦あと移植と比較して、生育段階、葉色、硬さなどが異なるため、イネの生育相とイチモンジセセリの発生との関連を検討する必要がある。


[具体的データ]

表1 米麦二毛作飼料イネにおける麦間直播と麦あと移植の窒素施用量と時期(Nkg/10a)
図1 米麦二毛作飼料イネにおける栽培法の相違とイチモンジセセリの発生量及び葉色値
図2 米麦二毛作飼料イネにおける窒素施用量の相違と乾物収量

[その他]
研究課題名:飼料イネにおける主要害虫の検索とイチモンジセセリ等の対策技術確立
予算区分:関東飼料イネ
研究期間:2004〜2006年度
研究担当者:根岸進、矢ケ崎健冶、新井利行、江村薫

目次へ戻る