黒毛和種母牛へのビタミンCの給与が母子の血中、乳中動態に与える影響


[要約]
自然ほ育下の黒毛和種繁殖牛(母牛)において、バイパス性ビタミンC(VC)製剤を分娩時に給与すると、子牛の血中VC濃度や罹患率に差は見られないが、母牛の血中VC濃度や母乳中VC濃度に影響が見られ、子牛の罹患後の回復に差が認められる。

[キーワード]黒毛和種、子牛、ビタミンC、ほ育育成

[担当]栃木畜試・畜産技術部・肉牛研究室
[代表連絡先]電話:028-677-0302
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(大家畜)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
黒毛和種育成牛において、出生直後から1ヶ月程度の間の感染症や下痢などの発症は致命的であったり、その後の発育に多大な傷害を与えたりする。このため、子牛の罹患率低下を図る技術の開発が求められている。一方、VCの免疫力増強作用やストレス低減の作用が報告されており、授乳期にVCを利用することにより疾患予防効果が期待される。本研究では、自然ほ育を主とする黒毛和種繁殖経営を想定し、母牛に対し分娩後一定期間バイパス性VC製剤を給与した際の血中および乳中のVC動態を把握するとともに、母乳から子牛へのVC移行量の増加促進の有無を検討し、特に子牛が疾病に罹りやすい出生初期おける事故率を低減させるための技術開発を目的とする。

[成果の内容・特徴]
1. 栃木県畜産試験場繋養の供試妊娠牛(n=19)におけるVC製剤給与前の平均血中VC濃度は、従来の報告における繁殖雌牛の血中VC濃度よりも高い5.5mg/Lである。
2. 分娩時の母牛の血中VC濃度は、分娩前と比較して一時的に低下する傾向が認められる(図1)。
3. 分娩直後から80mg/体重/日のVC製剤(ルーメンバイパス性VC製剤30%濃度を使用)を給与した場合、VC給与区(n=6)と無給与区(n=6)との間で母牛の血中VC濃度に顕著な差は見られない(図1)。
4. 初乳中のVC濃度は著しく高く、分娩後3日目には乳中VC濃度は一旦低下するが、その後上昇し、その上昇の割合はVC給与区の方が高い傾向を示す(図1)。
5. 母牛の乳中VC濃度の上昇と子牛の血中VC濃度との関係は見られず、VC製剤の給与により子牛の血中VC濃度を上昇させることは出来ない(図1)。
6. 分娩開始前よりVC製剤を給与した場合、VC給与区(n=4)と無給与区(n=3)において母牛、子牛の血中VC濃度に有意な差は見られない。しかし、VC給与区の母牛の血中VC濃度は、分娩時における一時的な低下が見られず、高値で推移する(図2)。
7. VC製剤を給与した区と無給与区における子牛の罹患率は差が無く、VC給与区でも下痢等の発症は認められる。しかし、VC給与区の子牛は無給与区に比較して回復に要する日数が短い傾向が認められる(表1)。

[成果の活用面・留意点]
1. 本研究の成果を子牛の生産性向上に活用できる。
2. ビタミンC製剤の効力を発揮させるためには、的確に当該牛にVC剤を摂取させる必要があり、製剤の投与量および投与期間については、さらに検討する必要がある。
3. 子牛の疾病予防に関しては、疫学、免疫学的に詳細な検討をさらにする必要がある。

[具体的データ]
第1回試験 分娩直後からのVC給与(2007年度実施)
・供試牛 黒毛和種妊娠牛及びその産子(VC給与区6頭;無給与区6頭)
・試験区に母牛体重1kgあたり80mgのVCを給与
・VC給与期間 分娩直後〜分娩後2週間
図1 分娩直後より母牛へVC製剤給与した場合の血漿中及び乳中VC濃度の変化

第2回試験 分娩前からのVC給与(2008年度実施)
・ 供試牛 黒毛和種妊娠牛及びその産子(VC給与区4頭:無給与区3頭)
・ 試験区に母牛体重1kgあたり80mgのVCを給与
・ VC給与期間 分娩予定日1週間前〜分娩後2週間
図2 分娩予定日1週間前より母牛へVC製剤給与した場合の血漿中及び乳中VC濃度の変化

表1 母牛に対するVC製剤給与の有無と子牛の罹患状況の比較


[その他]
研究課題名:微量栄養素の機能性利用による黒毛和種子牛のほ育育 技術の開発
予算区分:県単
研究期間:2006〜2008年度
研究担当者:白井幸路、堀井美那、川田智弘

目次へ戻る