乳牛における分娩後の繁殖機能回復に影響する栄養要因


[要約]
初回発情日数と血中3-メチルヒスチジン、初回授精日数と血中インスリン様成長因子-1(IGF-1)および体重変動率(WCR)には相関がある。分娩後の体タンパク質過剰動員、エネルギー不足および体重の著しい負の変動は繁殖機能回復を遅延させる。

[キーワード]3-メチルヒスチジン、インスリン様成長因子-1(IGF-1)、体重変動率(WCR)

[担当]静岡畜研・大家畜部
[代表連絡先]電話:0544-52-0146
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(大家畜)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
高泌乳に起因する栄養代謝不全は、乳牛における分娩後の繁殖機能低下の大きな要因であり、酪農経営上の大きな問題となっている。そこで、体タンパク質の過剰動員により血中濃度が上昇する3-メチルヒスチジンと、エネルギー不足により血中濃度が低下するインスリン様成長因子-1に着目し、血液検査と体重変動率による栄養代謝の解析を行い、分娩後の繁殖機能回復との関係を明らかにする。

[成果の内容・特徴]
1. ホルスタイン種経産牛23頭を対象に分娩予定14日前、分娩日および分娩14、30、60日後に血液検査を実施し、血中遊離脂肪酸などの一般生化学検査に加え、3-メチルヒスチジン(3-MH)およびインスリン様成長因子-1(IGF-1)の濃度を測定する。また、体重測定を分娩予定30日前、分娩日および分娩30、60日後に実施し、体重変動率(WCR)を以下の式により算出する。
 WCR=(今月の体重−前月の体重)/ 前月の体重×100
検査結果と分娩後の繁殖成績との関連性について統計処理を行う。
2. 初回発情日数と分娩14、30日後の3-MH値には正の相関が認められる(p <0.05)(表1)。また、初回授精日数と分娩30、60日後のIGF-1値および分娩日〜分娩30日後のWCRには負の相関が認められる(p <0.05)(表2)。一般生化学検査と繁殖成績との間に相関は認められない。
3. 初回発情日数50日以上の発情遅延群(13頭)では、50日未満の発情正常群(10頭)より分娩14、30日後の3-MH値が高い(p<0.05) (図1)。
4. 初回授精日数70日以上の授精遅延群(18頭)では、70日未満の授精正常群(5頭)より分娩30、60日後のIGF-1値が低い(p<0.05) (図2)。
5. 授精遅延群の分娩日〜分娩30日後のWCRは-4.9±6.1で、授精正常群の1.5±6.1より負の変動が大きい(p<0.05)。

[成果の活用面・留意点]
1. 繁殖機能回復のモニタリング指標として活用する。

[具体的データ]
表1 初回発情日数を目的変数とした重回帰分析
表2 初回授精日数を目的変数とした重回帰分析
図1 血中3-MH値(平均±標準偏差) 図2 血中IGF-1値(平均±標準偏差)
[その他]
研究課題名:レプチン、IGF-1を指標とした繁殖性向上技術の検討
予算区分:県単
研究期間:2007〜2009年度
研究担当者:土屋貴幸、赤松裕久、小林幸恵、佐野文彦

目次へ戻る