飼料用米(玄米)は国産肉用鶏種「はりま」の給与飼料のトウモロコシを全量代替できる


[要約]
飼料用米でトウモロコシを全量代替した後期・仕上げ用飼料を国産肉用鶏種(はりま)に給与しても生産性には影響はないが、肉、皮膚、脂肪の色が白くなり、脂肪酸組成ではオレイン酸が増加し、食味も向上する。

[キーワード]肉用鶏、飼料原料、飼料用米、肉質、オレイン酸

[担当]群馬畜試・中小家畜係
[代表連絡先]電話:027-288-2222
[区分]関東東海北陸農業・畜産草地(中小家畜)
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
飼料の自給率向上に向け飼料用米の増産が推進されているが、この飼料用米を肉用鶏飼料に活用するため、国産肉用鶏種「はりま」に対し、飼料用米で後期・仕上げ用の配合飼料中の2/3程度を占めるトウモロコシを代替した(100%及び50%)飼料を給与し、生産性及び鶏肉品質への影響について調査する。

[成果の内容・特徴]
1. 飼料用米(無粉砕)で肉用鶏飼料のトウモロコシを全量代替し、後期・仕上げ飼料として29〜60日齢に給与ても、飼料要求率には差はなく生産性には影響がない(図1)。
2. 飼料用米の配合割合が増えるとともに、皮膚、肉、脂肪の色が白くなり、b*値が低下する(図2)。これは、米を使うことで色素キサントフィルが減少するためと思われる。
3. 飼料用米を給与すると、鶏肉(もも肉)の脂肪酸組成が変化し、オレイン酸が増加する(表1)。これは、米に含まれるオレイン酸が移行したものと思われる。
4. 飼料用米を給与した鶏肉は、肉の食味(もも肉、蒸し焼き)の評価が有意に向上する(図3)。これは、脂肪酸組成の変化が高評価に結びついたものと思われる。

[成果の活用面・留意点]
1. 飼料用米はトウモロコシを代替することで肉用鶏後期・仕上げ用飼料に活用できる。
なお、品種や栽培条件により栄養成分が異なるので、必要に応じて他の飼料原料で配合飼料成分の過不足を調製する。
2. 飼料用米を給与した鶏から生産された肉は、肉の色や脂肪酸組成及び食味がトウモロコシを主体とした飼料と異なることから、鶏肉の差別化・高付加価値化が可能になる。
3. 飼料用米は品種や栽培条件により栄養成分が異なるので、必要に応じて他の飼料原料で微調整し、成分(CP、ME、Ca、P等)を同等とする。

[具体的データ]
図1 飼料要求率
図2 肉色(b*値)
図3 モモ肉(蒸し焼き)の官能検査
[その他]
研究課題名:飼料用米をトウモロコシの代替とした肉用鶏飼料の開発
予算区分:県単
研究期間:2009年度
研究担当者:後藤美津夫

目次へ戻る