高密植栽培に適するリンゴ2年生わい性台木苗木の品質評価基準


[要約]
密植度の高いリンゴのわい化栽培に適する2年生わい性台木苗木(ふじ/M.9ナガノ、シナノスイート/M.9ナガノ)の品質は、主に側枝本数で評価し、長さ5cm以上50cm未満の側枝本数が、概ね10本/苗以上であることを目標とする。

[キーワード]樹形、苗木、側枝、わい化栽培

[担当]長野果樹試・栽培部
[代表連絡先]電話:026-246-2411
[区分]関東東海北陸農業・果樹
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
リンゴのわい化栽培の開園や改植では、側枝の発生した苗木を用いると、初期収量が多い。しかし、側枝付きの苗木であっても、側枝の総量の他、長さ別の構成や苗木の樹形などの特徴(樹冠構造)は、定植後の収量増加、樹形などに影響を及ぼすと考えられ、このような観点でわい化栽培に最適な苗木の特徴は、まだ基準化が試みられていない。そこで、樹冠構造の異なる苗木の定植後の生育、収量などを調査し、わい化栽培向けの2年生苗木の品質評価方法、苗木の育成目標を検討する。

[成果の内容・特徴]
1. ふじ/M.9ナガノ、シナノスイート/M.9ナガノにおいて、苗木の総側枝長が長く側枝本数が多いほど、初期収量が優れる傾向が認められる(図1、一部データ略)。ただし、ふじ/M.9ナガノでは、総側枝長が700cmを超えるような大きな苗木において、植傷みなどの理由により定植後の頂芽数の増加が劣る場合がある(データ略)。
2. 苗木の樹形が細型であれば、定植後の樹形も細型となりやすく(図2、一部データ略)、密植度の高い栽植様式に適合しやすい。
3. 初期収量が優れると同時に密植度の高い栽植様式に適合しやすい苗木、すなわち総側枝長が長くかつ樹形が細型である苗木を効率的に選別できる品質項目を統計分析によって検討した結果、より簡易に現場で使える項目としては、長さ5 cm以上50 cm未満の側枝本数が適切であった。これを主に用いて、表1の基準により等級選別を行う。側枝本数の他、主幹直径、苗木重、苗木長などで評価を補足し、総合的に判定する。長さ5 cm以上50 cm未満の側枝本数が、両品種とも概ね10本以上で、より多いほど、初期収量が優れると共に樹形が細型となり、密植度の高い栽植様式に適合しやすく、生産効率が優れる傾向が認められる(表2)。

[成果の活用面・留意点]
1. 苗木の側枝は、主幹上になるべく偏りなく分布していることが望ましい。また、下段の長めの側枝の地上高は、地表面とのゆとりを確保するため、定植後に概ね70cm以上となる高さが望ましい。
2. 苗木の根系は太根の欠けた痕などがなく、地上部に見合った量であることが望ましい。
3. 苗木の定植後の生育や収量は、苗木の特性だけでなく、側枝管理や着果管理などの栽培条件,気象条件、ほ場環境などの影響を受けて変動する。一般的に、大きめの苗木は植傷みを生じやすいので注意が必要である。
4. 調査期間中の試験樹の整枝は,細型紡錘形を目標に行った。ふじ/M.9ナガノは列間×樹間:4×2 m(125本/10a程度)、シナノスイート/M.9ナガノは同:3.5×1.5 m(190本/10a程度)の条件で調査した。

[具体的データ]
図1 苗木の総側枝長と定植3年後までの累積収量の関係(2008年) 図2 苗木の樹形と定植2年後の樹形(樹幅/樹高)の関係(2008年)
表1 わい性台木を用いたりんご2年生苗木の評価基準(2008年)
表2 表1の基準により等級選別した苗木の定植後の収量と樹形(2009年)
[その他]
研究課題名:リンゴわい化栽培向け優良大苗の生産・規格検定・流通技術の開発
予算区分:実用技術
研究期間:2004年度〜2008年度
研究担当者:小野剛史、玉井浩、臼田彰、山西久夫、島津忠昭、小松正孝、伊藤正、飯島章彦

目次へ戻る