二条大麦「サチホゴールデン」の奨励品種採用


[要約]
「サチホゴールデン」は、早生、多収で、かつオオムギ縞萎縮病T・U・V型ウイルス、うどんこ病に抵抗性を有し栽培特性に優れるため奨励品種として採用した。

[キーワード]二条大麦、ビール大麦、早生、多収、オオムギ縞萎縮病

[担当]群馬農技セ・環境作物部・普通作物第一係
[代表連絡先]電話:027-269-9125
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・水田作畑作
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
群馬県では、平成5年に奨励品種に採用した「ミカモゴールデン」が主力品種として作付けされている。「ミカモゴールデン」は、オオムギ縞萎縮病V型ウイルスに抵抗性がなく、うどんこ病に弱い等の栽培特性に問題があり、さらに整粒歩合が低いことから収量の年次間差が大きく、生産安定が課題である。
 そこで、早生、多収でオオムギ縞萎縮病T・U・V型の抵抗性等を有し、大規模醸造試験において醸造に適した品種であるとの評価を得た「サチホゴールデン」を採用することによりビ−ル大麦の安定生産を図る。

[成果の内容・特徴]
「ミカモゴールデン」と比較して次の特徴がある。
1. 出穂期は4日程度早く、成熟期は同程度(表1)。
2. 稈長は6cm程度低く、穂長はやや大きい(表1)。
3. 穂数はやや少ない(表1)。
4. 耐倒伏性は同程度(表1)。
5. 収量性は優れ、多収である(表1)。
6. 外観品質はやや優れる(表1)。
7. 千粒重は3g程度大きく、容積重は同程度である(表1)。
8. うどんこ病抵抗性は優れ「極強」である(表3)。
9. 縞萎縮病抵抗性は「極強」である(表3)。
10. 麦芽品質は優れる(表2)。

[成果の活用面・留意点]
1. 普及地帯は平坦部の二毛作地帯で、普及見込み面積は500ha程度である。
2. 側面裂皮粒が発生しやすいので、極端な早播は避け、適正な生育を確保する。
3. 殻皮が薄く剥皮しやすいので、収穫・乾燥・調製作業には注意する。

[具体的データ]
表1 奨励品種決定調査結果(2002〜2007年播の平均値)

表2 奨励品種決定調査における麦芽品質成績(2005〜2007年播の平均値)

表3 育成地における特性概要
[その他]
研究課題名:麦類奨励品種決定調査
予算区分:県単
研究期間:2002〜2009年度
研究担当者:菅谷隆幸、高橋利和、大澤実、斎藤幸雄、斎藤穂高

目次へ戻る