栽培しやすく餅の味が良い水稲糯新品種「ふさのもち」


[要約]
「ココノエモチ」を母、「白山もち」を父として育成した「ふさのもち」は、熟期が中生で、耐倒伏性、耐冷性、いもち病抵抗性等の栽培特性に優れる。また、玄米は大きく外観品質が良好で、餅の色や食味も良好である。

[キーワード]水稲糯、ふさのもち、早期栽培、中生、良食味

[担当]千葉農林総研・育種研究所・水稲育種研究室
[代表連絡先]電話:0478-56-0002
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・水田作畑作
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
千葉県における主要な水稲糯の品種は、早生の「ヒメノモチ」と晩生の「ツキミモチ」であるが、「ヒメノモチ」は穂発芽しやすく、「ツキミモチ」は倒伏しやすいという栽培上の欠点があり、品質低下の要因になっている。
 そこで、耐倒伏性に優れ、穂発芽しにくく、餅の食味が良好な水稲糯品種を育成する。

[成果の内容・特徴]
1. 「ココノエモチ」を母、「白山もち」を父として「ふさのもち」を育成した。
2. 「ふさのもち」の特性は以下のとおりである(表1)。
 (1)成熟期は「ツキミモチ」に比べて4日早く、早晩性は中生である。
 (2)短稈で倒伏しにくい。
 (3)耐冷性、いもち病抵抗性が強く、穂発芽性が「やや難」である。
 (4)玄米千粒重が大きく、玄米外観品質が良好である。
 (5)餅は白く、のびがよく、こしがあって、良食味である(表2)。
3. 玄米、精米や加工品について、生産者の評価が高い(表3)。

[成果の活用面・留意点]
多肥栽培では登熟が不良となりやすいので、栽培指針に従い、適正な管理に努める。

[具体的データ]
表1 「ふさのもち」の特性

表2  「ふさのもち」の餅質(水稲育種研究室 2003〜2005年)

表3 「ふさのもち」の原料米と加工品についての生産者の評価
[その他]
研究課題名:水稲の新品種育成
予算区分:県単
研究期間:1994〜2006年度
研究担当者:林玲子、長島正、西川康之、和田潔志、齋藤幸一、小山豊、渡部富男
発表論文等:2007年3月品種登録出願 稲「ふさのもち」

目次へ戻る