除草剤の畦間処理による帰化アサガオ類防除とダイズの収量改善


[要約]
乗用管理機を利用した除草剤の畦間処理により帰化アサガオ類を防除することで、ダイズ子実重は大幅に増加する。さらに、帰化アサガオ類による押し倒しが軽減されることにより、コンバイン収穫における収穫損失の一因となるダイズ倒伏も軽微となる。

[キーワード]ダイズ、帰化アサガオ類、畦間処理、収量、倒伏

[担当]愛知県農業総合試験場・作物研究部・作物グループ、同・水田利用グループ
[代表連絡先]電話:0561-62-0085
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・水田作畑作
[分類]技術・普及

[背景・ねらい]
愛知県では、西三河地域を中心にダイズほ場における帰化アサガオ類(以下アサガオ類)の発生が問題となっている。愛知農総試は、アサガオ類除草技術として乗用管理機による除草剤の畦間処理(以下畦間除草)を検討し、ダイズ6葉期以降の処理で除草効果が高く、作業能率も高いことを既に報告している(関東東海北陸研究成果情報2006年)。本情報では、畦間除草によるアサガオ類防除がダイズの生育や収量に及ぼす改善効果について検証する。

[成果の内容・特徴]
1. ダイズ収量は、アサガオ類の残草量が増加するほど減少し(図1)、ダイズ成熟期のアサガオ類残草量が150g/m2を超えるような多発状態になると、ほとんど発生しない状態に比べおよそ半減する。
2. 畦間除草によるダイズの生育改善効果は、分枝数の増加、収量構成要素である莢数と百粒重の増加である(図2)。
3. ダイズ子実重は、畦間除草により無除草と比較して大幅に増加し(図2)、アサガオ類の発生がほとんど無い状態と同程度となる(図1)。このことは、ダイズの生育期間を通して生育改善が図られるためと考えられる。
4. コンバイン収穫における収穫損失の原因となるダイズの倒伏は、畦間除草によりアサガオ類の巻き付きや被覆による押し倒しが軽減されるため軽微となる(図3)。

[成果の活用面・留意点]
1. 本情報は、愛知県の「フクユタカ」栽培ほ場での現地試験の結果により得られたものである。
2. 試験ほ場にて発生を確認したアサガオ類草種は、主にホシアサガオ(Ipomoea triloba L.)及びマルバアメリカアサガオ(Ipomoea.hederacea Jacq. var. integriuscula A.Gray)である。
3. ダイズ3〜8葉期に、乗用管理機にM社散布ノズルまたはH社散布バーを装着し、ビアラホス液剤またはグルホシネート液剤を登録基準の最大薬量500ml/10a(散布液量100L/10a)で畦間処理した。なお、本剤のダイズに対する畦間処理の登録基準は、薬量300〜500ml/10a(散布液量100〜150L/10a)である。
4. 畦間除草に当たっては、ダイズへの薬液飛散防止のためドリフト低減ノズルを使用し、カバーを装着する。

[具体的データ]
図1 アサガオ類残草量とダイズ収量 図3 畦間除草によるダイズ倒伏の軽減効果
図2 畦間除草によるダイズ生育・収量の改善効果
[その他]
研究課題名:大豆・小麦の高品質化技術の確立、温暖地湿田の浅耕栽培を基軸とするイネ・ムギ・ダイズ水田輪作省力増収技術の確立と実証
予算区分:県単、委託プロ(担い手)
研究期間:2005〜2008年度
研究担当者:遠藤征馬、平岩確、谷俊男、林元樹、杉浦和彦、田中雄一、野村有美

目次へ戻る