Fusarium solani f. sp. eumartiiによるトマトフザリウム株腐病(新称)


[要約]
栃木県のトマトで新たに発生した立枯性病害は、Fusarium solani f. sp. eumartii によるトマトフザリウム株腐病(新称)である。

[キーワード]トマト、Fusarium solani f.sp. eumartii、フザリウム株腐病、新病害

[担当]栃木農試・環境技術部・病理昆虫研究室
[代表連絡先]電話:028-665-7149
[区分]関東東海北陸農業・関東東海・病害虫(病害)
[分類]技術・参考

[背景・ねらい]
2004年5〜6月、栃木県宇都宮市及び真岡市の施設栽培トマト(促成長期どり栽培)で原因不明の立枯性病害が発生した。そこで、本症状の原因を明らかにし今後の防除対策の資料とする。

[成果の内容・特徴]
1. 2004年5〜6月に宇都宮市及び真岡市のトマト栽培圃場で、はじめ主根に淡褐色で不整形の病斑が形成され、しだいに拡大し褐変腐敗した大型病斑となり、地際部付近の茎が褐変腐敗する障害が発生した。根及び地際部の褐変腐敗が激しい場合は、株が立枯症状を呈する(図1)。罹病株の病斑部から Fusarium 属菌が高率に分離される。
2. 分離菌の保菌土壌にトマトを移植すると、原病徴が再現され、病斑部から接種菌が再分離される。また、分離菌はジャガイモ茎の基部や塊茎に褐変腐敗を生じさせ、ジャガイモに対する病原性が認められる(データ省略)。
3. 分離菌は、小分生子を擬頭状に形成し、小分生子柄が長く、まばらに分枝することなどの形態的特徴から Fusarium solani の記載とほぼ一致する(図2表1)。また、分離菌はRomberg & Davis(2007)が報告した F. solani f. sp. eumartii と比較すると、TEF1-α遺伝子で100%または99.8%相同、rDNA ITS領域で98.8%〜99.8%相同である。以上から、トマトで発生した土壌病害は、F. solani f. sp. eumartii によるトマトフザリウム株腐病(新称)である。
4. トマト主要栽培品種には、本病に抵抗性のものはなく、特に台木品種は穂木品種に比較して感受性が高い傾向がある(表2)。

[成果の活用面・留意点]
1. トマトにおける類似の病害には、Haematonectria ipomoeae(不完全時代 Fusarium striatum)によるトマト立枯病、Rhizoctonia solaniによるトマト株腐病がある。立枯病では発病株の地際部や露出根部に赤〜橙色の子のう殻を形成する点、株腐病では地際部付近から病斑形成が始まり病原菌が Rhizoctonia 属菌である点から、本病と区別できる。

[具体的データ]
図1 トマトにおける発病状況 図2 分離菌の小分生胞子及び小分生胞子
表1 分離菌の形態

表2 本菌のトマト主要品種に対する病原性
[その他]
研究課題名:トマト立枯症の発生生態の解明及び防除技術の確立
予算区分:県単
研究期間:2007〜2010年度
研究担当者:和氣貴光、中山喜一、森島正二、福田 充
発表論文等:中山喜一、青木孝之(2010)日植病報、76:7-16

目次へ戻る