キク挿し穂に発生した病害:「キク苗腐敗病」


[要約]
愛知県内でセルトレイで育苗中のキクに生育障害が発生したため、原因を調査したところ、Plectosporium tabacinum が病原菌であることが判明し、本病を「キク苗腐敗病」と命名する。

[キーワード]キク、苗腐敗病、Plectosporium tabacinum、新病害

[担当]花き研・生育開花調節研究チーム
[代表連絡先]電話:029-838-6820
[区分]花き、関東東海北陸農業・関東東海・病害虫(病害)
[分類]研究・参考

[背景・ねらい]
キクの大規模生産では、挿し穂生産は海外で行うなど、国際分業化が進んでいる。この状況下で、2008年9月、愛知県においてセルトレイで育苗中のキク(品種;「神馬2号」)で生育障害が発生した。当該苗は海外産購入苗で挿し穂10日後も全く発根せず、穂の先端が黒変・腐敗していた(図1)。そこで、この苗から病原菌を分離し、分類・同定を行う。

[成果の内容・特徴]
1. 病斑部からは、クリーム色の菌叢で、表面が粘質、生育の比較的遅い菌が高率で分離される(図2)。
2. 本菌分生子懸濁液にキク健全挿し穂(品種:「神馬」)を浸漬した後、育苗用土を詰めたトレイに挿し、7〜14日間育苗したところ、接種区では、しおれが目立ち、挿し穂の切断面が黒変する。多くは発根するが、一部の挿し穂は発根しない。病斑部からは接種菌が回収される。
3. 本菌はジャガイモ煎汁ショ糖寒天培地上で、5〜35℃で生育する。生育適温は25℃である。25℃での菌糸生育速度は3mm/日である。本菌はモノフィアライド(アデロフィアライドもあり)上に分生子を擬頭状に形成する(図3)。分生子は無色、平滑、紡錘形で2細胞が多い(時に単細胞)。分生子の大きさは2細胞のもので13.5×4.4μm、単細胞のもので8.1×2.4μmである(表1)。本菌のrDNA-ITS領域の塩基配列は Plectosporium tabacinum のそれと99%一致する。
4. 以上の培養性質、形態的特徴およびrDNA-ITS領域の塩基配列から、本菌はPlectosporium tabacinumと同定される。キク挿し穂の腐敗症状は記録が無いため、新病害と考えられ、キク苗腐敗病(cutting rot)と呼ぶことを提案する。

[成果の活用面・留意点]
1. 本成果を基に、2009年5月20日、愛知県より平成21年度発生予察特殊報第2号が出されている。
2. 本病は海外産輸入苗に発生したものであるが、海外で既に感染していたのか、日本で感染・発病したのかについては不明である。

[具体的データ]
図1 本病の病徴 図2 分離菌の分生子
図3 擬頭状に形成された分生子およびフィアライド先端の杯状部

表1 キク分離菌と既知Plectosporium属菌との形態および培養性状比較
[その他]
研究課題名:キク等の花き類における新発生病害の発生生態の解明
中課題整理番号:213g
予算区分:実用技術(双方向診断)、交付金
研究期間:2008〜2009年
研究担当者:佐藤 衛、築尾嘉章、松下陽介、住友克彦
発表論文等:Satou M. et al. (2010) J. Gen. Plant Pathol. 76 (印刷中)

目次へ戻る